HARD BLOW !

前日計量は否か?

ウチ猫さんが前日計量について触れられたので、自分も別の視点として意見発信したいと思います。
コメント欄で書いたのですが、長文過ぎてはじかれてしまって記事投稿になりました。ブログ管理者の一人としての特権であります、お許しください(笑

先のIBF、WBA統一戦におけるソリスの大失態、大晦日の宮崎選手減量失敗によるショッキングな報道と続いて、ここのところボクサーの減量や前日計量について巷でも疑問視する声が聞かれますので、自分なりに考えてみました。

先ず、当日から前日計量に変更された背景には欧米でのボクシング廃止論があったと自分は認識してます。
安全管理の名目ではWBCのラウンド数変更が先にありましたね。
世界戦において長きにわたり15回戦制が確立していた訳ですが、そう忘れもしないWBAライト級戦での悲劇です。
マンシーニとの壮絶な打撃戦の末敗れた金得九の悲劇がボクシングの安全管理について大きな問題提起となったのは間違いない。
これは後に映画にもなりましたが、金選手の肉親やこの試合を捌いたレフェリーまで自殺するというショッキングなニュースは英国を中心にした90年代後半のボクシング廃止論(以前からあったがこれを機に一気に再燃)に繋がる訳です。
はじめに問題視したのはWBCで世界戦におけるラウンド数の変更にWBAが追随。
さらにグローブ重量の変更、計量時間の変更と繋がって行くわけですが、ボクシングがスポーツとして生き残る為に競うように両団体でルール見直しがあった。
これを境にボクシングという競技そのものが大きく変わったとも感じています。
安全管理の根拠を元にというより世論に過敏になっていた、世論に対するアピールの時代だったと思います。
この歴史認識に間違いがあったならゴメンナサイですけど。

余談ですが、昔の(ルール変更前の)ボクサーと今のボクサーとどちらが強い?というファンにとっては楽しいテーマがありますが、それぞれのルールにアジャストしたスタイル、戦法戦略があった訳でこれを勘案しないと想像に過ぎないにしても、これだ!という答えは中々出て来ない。

さて今ではラウンド数もグローブ重量の変更にもその根拠について懐疑的な声はありますが当時、前日計量については専門誌か何かで「選手の体力回復がリング禍防止に繋がる」と読んだ記憶がありましたが、「あくまでも実験的にと言う事でそれが立証されるのはこれから」という内容だったと思います。しかし、変更後に事故が増えたことは事実として周知されてますね。
前日計量で選手の体力が大幅に回復するというのは容易に想像出来ましたが・・。
試行錯誤の歴史は無駄ではないと思いますが、良い結果が出無いのであれば原点に戻る勇気も必要と自分も思います。

しかしその反面、大幅に体重を戻してリングに上がる選手が大半で、そもそもの階級制スポーツとして疑念が湧くと言う事についてですが、良く良く考えれば当日計量の時代でも同じ事は言えたと思います。
昔のボクサーは比べるとやはり体が頑健だったのか、20kg近いといわれた減量の代表?ファイティング原田さん、ガッツ石松さんなどは計量後の僅か6時間後には半分くらい体重を戻したとどこかで聞いた記憶があります。
世界チャンピオン故大場政夫さんもフライ級(50.8kg)でありながら試合ではフェザー級(55kg超)くらいあったんじゃないでしょうか?
しかし、増量の中身はほとんどが水分。「乾いたスポンジに水が浸み入るよう」という表現がありましたが、過酷な減量で削ぎ落された筋肉が瞬間で戻る訳じゃないですね。

これも余談ですが考えてみると、今のボクサーと比べると昔のボクサーはリングインの時には既にたっぷりと汗をかいてました。これをもって最近は汗をかかないでリングに上がる選手が多いなと感じてましたが、以前のボクサーのそれはウォームアップだけで急激に摂取した余分な水分が流れ出た結果なのかも知れませんね。
だとすると必要なミネラル分まで失われていた可能性もある。
これは激しいスポーツをある程度やってた人なら経験上でも危険な事だと解っているはずです。

減量の目的は一般的に体格の利とも言われますが、それは本末転倒で本来は通常時の余分な脂肪と水分を抜いて戦える体を作る事。
自分の時は「ボクサーはサラブレッドと同じ」と教えられて来ました。
確かに減量を行う事により集中力も研ぎ澄まされ、体のスピードやキレも増します。
階級制の一番の要点はその階級に適した斤量=筋量であるかだと思います。
前日計量後の24時間で適正階級以上の筋量が増量されるかといえばそれも考えにくい事から、前日計量が階級制の否定には直ちにはつながらないのではないか?
こうして考えてみるとボクシングの階級制の本来の意味やまた前日計量の体力の回復という目的のメリットも見えてくる気がします。
ただ、これまでの過去の過酷な減量信仰は蔓延していて、間違った常識として伝わった可能性は大いにあると思います。
それだけでなく、ジムの戦略やテレビを含むメディアにも絡んで、選手に過酷な減量を強いる現象が起きてしまった。

2009年の日本ミニマム級王座決定戦の悲劇も記憶に新しい所ですが、それを受けてかその年7月に発行されたJBCセコンドマニュアルには啓蒙のその大半が選手の健康管理にあり、減量の危険性や正しい取り組み方について事細かく書かれてありました。
読んで感じた事は選手とボクシングを守るという理念が常に根底に流れていること。
現在はそれが生かされていないと心を痛めます。

ここに至って、当日か前日かよりも減量の本来の目的を浸透させること、その正しい方法を探るところに階級制スポーツとしての正統性と、何より選手を守る為に必要な議論があるのではないか?と思えて来ました。


選手をあんな状態でリングに上げる感覚が信じられない B.B

Comment

やわらか says... ""
今回の宮崎の件は色々とショックでした。

あんな顔色した選手が計量してるの漫画の世界しかみたことないですよ。

試合は案の定宮崎選手全く身体が動いてませんでした。ファーランJr.が思いの外いい選手でしたので、試合は序盤で勝負ありでしたね。

井岡パパのコメントはいただけませんね。監督不行き届けを棚にあげてるだけです。

2014.01.03 18:49 | URL | #- [edit]
ウチ猫 says... ""
「安全面を考えて当日から前日にした」「当日計量の頃も大きくリバウンドする選手が多かった」とのことですが、やっぱりそれでも「それって歪な減量をするからでしょ?」と思ってしまうんですよ。
全選手に聞いたわけじゃないですが、一番充実した練習をして、スピード・パワー・スタミナともに最高潮なのって、試合の一ヶ月とか二ヶ月前の、まだ本格的な減量に入る前なんじゃないでしょうか。だったらそこを適性体重として主戦場にすればいいのに、と。

オフに怠けてしまう選手の場合は、当然ブヨブヨの体から絞る必要があるのはわかりますが、最もキレる体にするのが減量の目的なら、当日計量であれ前日計量であれ、そこからリバウンドする必要はないはずですよね。そうしたら重くなっちゃうわけですから。
大場さんが試合前にフェザー級くらいあったというのであれば、バンタムあたりを主戦場にしておけば純粋に練習のみに打ちこめて、ハナから減量などという「無駄な」努力をせずに済んだんじゃないの?と思っちゃうんですよ。

>階級制の一番の要点はその階級に適した斤量=筋量であるかだと思います。

これは私の思いつかなかった視点で、メシや水分でたくさん増量しても大して意味はないということは確かにあるかもしれません。
しかしそうなると、身長や体脂肪率等色々な要素を考慮しないと「競技上の同体格」ということを厳密には定義できなくなりそうですから、やはり体重で階級を分けてる以上、「前日に同じ体重だったなら、当日どれだけ差があっても同体格」というのは無理がある気がします。

「計量からの体力の回復」ということについても、元々が無理な減量をするから「回復」の必要が生じるわけですよね。
ネット上を色々見てた時「いやいや他のスポーツも、たとえば陸上選手も減量してますよ」というようなことを書いてる人がいましたが、本番に向けて、目一杯追い込んだ「練習」からの疲労を抜いたり、適正な体重に「調整」することはあっても、「減量によるダメージ」からの「回復」をすることはないと思います。適正な体重にする必要はあっても、「減量それ自体」は目的ではないですから。

じゃあなぜボクシング(というより階級制のスポーツ)の場合は、「練習」「調整」以外に「減量」という項目があるの?というと、それは一番動ける体にする必要があるからで、でもそれなら計量後にリバウンドする理由がないじゃん、それはいったい…というループから抜け出せないでおります(笑)。
「階級制にしているのは、公平に同じくらいの体格同士で争わせる為」というのは非常にわかりやすい理屈ですが、では自分の戦う階級を選ぶという時に、「通常自分が最も動ける体重より、さらに減量した体重」を選ぶ、というのが不可解なんですよね。

当日計量の頃も、朝計量をしてたということは「減量は皆大変だから、計量後にいっぱいメシ食って回復する」ことが前提だったと思います。大場さんがフライ級で戦っていたのも、実質的に同じ体格の選手がいるのがフライ級だったからじゃないかと想像するんですが、そのように「そこそこ締まった体からさらに無理して絞ったところを主戦場にする」というのがいつ、どこで常識として定着したのか。そこが一番知りたいことろです。
柔道やレスリングでも同じく減量という問題がありますから、これはボクシングに限った話ではないんだろうなぁと思うんですが。

つまるところ、BBさんの最後の文章の、

>減量の本来の目的を浸透させること、その正しい方法を探るところに階級制スポーツとしての正統性と、何より選手を守る為に必要な議論があるのではないか?

というところに尽きると思います。
どんな理由であれ、「無理して減量する」ということに正当性がないのなら、私はこの常識は破棄して、選手の自主性に任せるのではなく、制度の方からこれを変えていくべきだと思っています。

ホントにこの「無理して減量」の謎の答えを知ってる方がいたら是非教えて欲しいと思います。その為に、後で大恥かくのを承知で(いや、むしろ期待して)このように怒られそうな挑発的な文章を書いてますので。
2014.01.03 18:52 | URL | #nZcYMxmY [edit]
B.B says... ""
減量の目的についてですが、あくまでもベストパフォーマンスが発揮出来て尚且つそれが維持出来る体を作る為の物ですね。
それもガッツさんとか極端な例ですが、普段から太りやすい体質か食生活の影響か解りませんが個人差はかなりあるでしょうね。
以前テレビ番組でガッツさんと原田さんがプロ意識を強調してのオンとオフの切り替えの話しが、いつしか減量自慢になってしまって、横にいたジローさんが冷めた目で「自分は5、6kgでしたよ、普段から節制してましたから」と言ったら二人とも黙ってしまった(笑
お二人とも減量で苦しみましたから、本当はその限界を充分に知ってらっしゃる筈が、根性論のその部分だけが強調されてしまったんでしょう。
まぁ、当時の日本人から見たら筋骨隆々で肉喰ってるからケタ外れのパワーに違いない外国人を相手にしてた時代ですから、少しでも削って体負けしないように・・と考えても不思議じゃないですね(笑
しかし、今でも体格の利を生かす為の減量に主眼が置かれているとしたら大間違いだと言う事は常識だと思います。

ボクサーの適正階級については斤量=筋量と書きましたが骨格を意味する骨量と体脂肪も加えないといけませんね。
競技にもよりますが、アスリートとして出来あがった体躯では体脂肪率は5%前後と聞いた事がありますけど、プロボクサーも平均してこんなもんでしょうか。
昔は体脂肪率を測る器械なんてありませんでしたから、選手のわき腹の少し後ろをトレーナーが親指と人差し指でつまんで、「まだ落とせるだろう」手の甲の皮を摘まんで「このくらいに仕上げてみろ!」とかやられてました(笑
そのくらいになると間違いなく5%は切ってたでしょうね。
これが経験上解っていたと。

さて長くなりましたが、ずっとボクシングを見て来て厳密に言えば公平ではないと言う疑念を持ちますが、どこかで階級制のスポーツとして維持させるには線引きをしなければならない、それを試行錯誤した上でこうなったと自分は考えてます。
もっと言えばボクシングはふたつの拳で殴り合うという非常にシンプルなスポーツ。
体格だけで言えば身長145cm(以下だったという説も)しかなかった天竜数典さんは当時のjrフライ級で、スパイダー根本さんは155cmフェザー級で長く防衛されました。タイガー道上さんも同じくらいの身長でしたがjrライト級今のスパーフェザーでタイトル奪取。
道上さんの試合は圧巻で、自分より身長やリーチ20cm差という誰が見てもハンデだろうという試合でバッタバッタと相手をなぎ倒してきました。
フライ級で170cm以上あった穂積秀一さんを吹っ飛ばしたサントス・ラシアルもこのくらいだったかな。
身長差だけから見た骨格や体躯はそれほど関係ないですね。
というか、こうした試合を見ていると多少の差には目をつぶりたくなる(笑

体重で言えばIBFルールは当日10ポンド以下でしたっけ?この線引きが妥当かどうかは判りませんが現行ルールに拘るなら、これが最低限の線引きかな?と。
僕はこうしたルールの変遷の中で戦って来たボクサーとボクシング界の長年の経験と蓄積というものにも敬意を表したい。
記事にも書きましたが、時としてルールの大幅な変更は競技そのものが変わってしまう可能性がありますから。
また宮崎選手の報道を教えてくれた方も元ボクサーで「最近の選手は本当にプロ意識が足りない」と宮崎選手についても嘆いておられたような様子でした。
プロ意識との狭間で素朴なファンの疑念に答えられる人は少ないでしょう。

しかし、自分も思考停止に陥ってはいないかと考えさせられました。
2014.01.03 21:12 | URL | #bH1htKmU [edit]
間桐桜 says... "「試合後」にも計量を"
 私は、前日かよいか当日がよいか、という事はあまり気にしていません。

 「計量は『試合前』と『試合後』の2回」行うべき、というのが私の考えです。


 競馬のジョッキーはレース後、検量室で秤に乗って、斤量が正しいかどうかをチェックしますが、
これと同じことです。

 こうすれば選手は皆、普段の体重で試合をせざるを得ないので、事故防止や、競技レベルの向上につながるのではないかと。


 勝った選手が、試合後の計量でオーバーした場合は、もちろん失格負けです。

2014.01.06 12:10 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
アマチュアは毎日計量するわけでしょ?あれすごいですよね
2014.01.06 20:13 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/262-b7b3ba80