HARD BLOW !

裁判大好き?もはやヤケクソ乱訴でワッショイ

 詩人・劇作家・映画監督という沢山の顔を持ち、競馬エッセイの名手としても知られた寺山修司は「馬券の収支はトータルで儲かっているのですか?それとも損していますか?」と言う質問をされると決まって「まだ途中ですから収支は出ていません」と答えていたそうです。なんとも粋なアンサーじゃありませんか。

 そう、人は皆旅の途中。それぞれの旅の収支は旅が終わる時=死の瞬間にしか分からない。逆に言えばギャンブラーの生き方とはその収支決算をいかに引き伸ばすかに懸かっているのやも知れません。

 だれもが憧れてやまないギャンブラーのような生き方...そんなライフスタイルを実践している財団法人があることを皆さんご存知でしょうか?そう我が栄光の日本ボクシングコミッション、東京都労働委員会に不当労働行為の認定を受け、のみならず「解雇の理由は勤怠や背任行為でなく内部抗争の結果だよ」と言われてしまったあのJBCです。

 なんと彼らは解雇した職員から提起されている複数の地位保全訴訟の結果を待たずに、安河内剛氏と谷川俊規氏を相手にそれぞれウン百万円の損害賠償を求めて堂々訴えて出たのです。来年には結審&判決を迎えることが予想される被告としての裁判の終了に備えて、新たな相場を張るとはさすがギャンブラー。こうしておけば「まだ裁判してるから我々は負けてない!」と言い張る事が可能です。収支決算の時を徒に引き伸ばして、カミカゼが吹くのを待つ作戦を取るとは!JBCサイドにはかなり優秀な軍師がいるようです。

 え訴訟費用が嵩むんじゃないかって?もう忘れたんですか?JBCには一般会計に繰り入れた健保金という強ーい味方があるじゃないですか!アレに手をつこっめば弁護士費用なんかドンと来いですよ。なーに勝つまでやりゃいいんですよ。そうやってダラダラ裁判やってたらそのうち村田とか井上がスターになってボクシングブーム来て、JBCに一兆円くらい入ってきますって。

***************

 しかしボクサーが積み立てた血の出るような金を吸ってる弁護士の先生って何考えてるんでしょうか?自分がもうかりゃいいのかと一ファンとして思います。

 弁護士の先生に良いように食われてなけりゃいいけどと心配してる(旧徳山と長谷川が好きです)

 

Comment

ウチ猫 says... ""
相変わらず旧徳さんが引き合いに出す話は私の琴線に触れまくりなわけですが(笑)、「ギャンブラーの収支は死ぬまでわからない」というのは、負けてる者の強がりというだけでなく、いくら今まで勝ちを積み上げていても、明日には一瞬にして身ぐるみ剥がれて敗者に転落するかもしれない…という、勝者の驕りを戒める金言でもあります。
私の好きなマンガのとある登場人物は、晴れて生涯収支プラスのまま勝負の世界から引退することになった時、ホッとひと安心するとともに一抹の寂しさも感じるんですが…おっと、また脱線してしまいました。

いずれにせよ、皆さん人生の収支を少しでもプラスにしようと日々頑張っておられるわけですが、たとえそれがどんなに無駄なことに見えようとも、「収支のプラス」を目的にしている以上は、それなりに意味はあると思います。
ですからJBCの今回のご乱心も、本気でカミカゼに一縷の望みを託しているのならば(非常に愚かながらも)まだマシですが、おそらく彼ら自身、カミカゼなど吹かないことをわかってやってるんじゃないかと私は思っています。ですからその分、非常に悪質であるとも思います。

「競馬の最終レースで、その日の負けを一発で取り返すべく、配当だけを見て馬券を買う」「麻雀のオーラスで、一九字牌が三枚あったら国士無双を狙う」というのは、勝負としては一応の理はある行為です(そういう時でも常にスタイルを崩さない人間の方が強いんですがね)。
しかし今回のJBCの新たな提訴は、パチンコ屋で散々ヤラれた末に、10時半からまた現金投資をするようなものでしょう。

もしそこから当たったところで、閉店まで10分ちょいしかないんだから、負け分を取り戻すことなど絶対に無理な状況なのに金を突っ込む…これは、「いくらかでも負け分を減らせる見込みがある」という理性的な判断ではなく、もはや打つこと自体(JBCのケースでは、「とにかく安河内が悪いんだ!」「谷川は酷いヤツだ!」と騒ぐこと)が目的になっているドランカー状態=末期症状だと思いますよ。
ファンの間ではジェントルマンの代表のように思われてるあの人とかが、どんなヒステリックな暴言・放言を繰り返しているか…何度も言いますが、ホントに皆さん一度、訴訟記録を読まれたらいいですよ。

そういう「騒ぎたいだけ」の人たちと、お金がもらえさえすれば嬉しい弁護士の方々の利害が、歪な形で一致してしまっているというのが、今の最悪な状況だと思います。
そこで浪費されているお金はどこから出ているか、今さら説明の必要はないでしょう。
選手の治療費目的に積み立てたお金がジャブジャブ使われていることに怒っているファンがあまりに少なくてゲッソリしてるんですが、私たちファンの財布からチケット代として出たお金も同じように使われていることも意識してないんでしょうか?

まあ今のところは、「その程度」の問題よりもはるかに重要な亀田問題についてJBCを応援するのが先だ!ってことなんでしょうかね。本当に暗澹たる気持ちになりますな。
2013.12.30 02:26 | URL | #nZcYMxmY [edit]
B.B says... "世の中には"
懲りない面々と言われる人たちがいるそうですが、まさにそれだと思いますね。
世の関心が薄いから生きてられるんです。
僕はボクシングは好きなんで関心のない人たちにも訴えて行きます。
何が正しいのか。
2013.12.30 02:55 | URL | #bH1htKmU [edit]
やわらか says... ""
JBCもそこまでするか?って感じ受けました。プライドが変に高くて体裁保ちたいだけのようなきがします。

あまりにも村社会すぎてJBCの記事をみるとイライラしてきます。

どんどんhard browさんで取り上げて1人でも多くの人に実情知ってもらいたいです
2013.12.31 06:30 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
じつは記事中のお二人以外にも損害賠償を請求されている方がいます。負けて元々勝てればラッキーと言う感じで手当たり次第に告訴してるんでしょうか?ブラック企業も労働裁判に対してはよく損害賠償で反訴しますが、JBCも同じ手法ですね。弁護士さんにとってはおなじみの手法なのかな?

しかし損害賠償は勝訴してからでも遅くないと思うんだけど自信がないのかなあ
2013.12.31 14:03 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
民事の後、刑事まで見えてきたのがやっと理解出来たからじゃないですか?
防衛に必死でしょう。

和解の話しがあっても不思議じゃないし。
それが損害賠償って・・そもそもから言えば筋の通らない話でしょう。
自分たちで勝手に2千万も赤字作っておいて、あいつらのせいだ!って事にしたいんでしょうか?
業界世論がそんなんで動きますかねぇ・・。

一連の問題も独善というか独裁が見え隠れしますよ。
2013.12.31 16:33 | URL | #bH1htKmU [edit]
ねこ says... ""
弁護士ってある意味「ヤクザ」ですよ。
心ある弁護士なら、乱訴なんぞ引き受けない。
でも、今や弁護士不況、

>しかしボクサーが積み立てた血の出るような金を吸ってる弁護士の先生って何考えてるんでしょうか?自分がもうかりゃいいのかと一ファンとして思います。

認知症高齢者や障害者の金むしりとる後見制度の後見人で飯食ってる
野蛮なセンセも多いですからね~。
でもって、訴訟もバンバンやりますよ。

もちろん、金目当て。本人なんか見ちゃいません。

よいように喰われちゃいますよ、気をつけないと。
2017.01.11 20:30 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
JBCの弁護士は株式会社東京ドームの顧問弁護士ですからね
2017.01.13 19:09 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/258-dc317a91