HARD BLOW !

BoxRecを見て思う。

今夜、韓国のチェジュ国際コンベンションセンターでWBAバンタム級タイトルマッチ12回戦が行われる。
この韓国の試合は2ヶ月ほど前に既に情報としてあったが、書いておけばスクープにでもなったのだろうか?(笑)
特に気にも止めていなかったが、テレビのコマーシャルを見て思い出して何気なくBoxRecをめくって見た。

王者は三階級制覇で今回が早くも八度目の防衛戦になるKouki Kameda (Jpn)
実績が数値化されたレーティングを元に格付けされるBoxRecだが王者は世界ランク9位に位置する。
現在、タイトルの有無や戦績、対戦相手の質そして試合内容や結果など総合的に評価するとかなり実態に近いランキングがここでは展開されているのではないだろうか。
もちろん実績の誤認や戦績の洩れ、名前表記の誤りなども見受けられるが概ね参考に出来るものと思う。
さて、このBoxRecのバンタム級レーティングを見渡すと11月19日現在この様になっている。
http://boxrec.com/ratings.php?sex=M&division=Bantamweight&pageID=1

1位にはWBC王者山中慎介、2位にWBAスーパー王者でパナマのアンセル・モレノ、
3位がWBO王者となったTomoki Kamedaが何故かランクされるが、これは実力と言うよりもこれまでローカルタイトル戦を数々こなしてきた事が大きいか。
試合内容よりも独自の戦略がランキングを推し上げたと言って良いだろう。
しかし、今後実力でランキングを上げて来た選手と対戦しながら試合内容でも結果を出さなければランクは確実に落ちて来る。たとえ世界王者の称号を持とうとも。
それは下位ランクを見れば明らかだ。

4位にはKamedaより強いと噂される日本の岩佐、以下ウーゴ・ルイスと続き・・
下位の9位にKoukiの名前がやっと見られる。
本人からすれば納得は出来ないだろうが、これまでの実績を冷静に評価すれば妥当だ。
いかに繕うとも内容の評価されない試合が続けばこうなる。
世界王者、一番強いのはあくまでも唯一人。
強者の系譜でなければならないのだ。

さて、今夜の世界バンタム級戦、Kamedaの相手は孫 正悟Jung-Oh Son (韓国)
WBAランキングは14位となっているが、BoxRecのレーティングではなんと145位の無名選手だ。
ここ最近の試合を追っても昨年に韓国王者に再びなったが実績として目立ったものではない。
BoxRec バンタム級126位~150位
http://boxrec.com/ratings.php?sex=M&division=Bantamweight&pageID=6

日本人の海外遠征試合はそれなりに評価すべきだし、同じ日本人としても海外防衛戦は賞賛したいところだが。
しかしこの試合に世界タイトルの意味や価値があるのだろうか?
ある訳が無い。
また、ここに金を出すテレビ局もボクシングファンの自分としてはまったく理解ができない。

しかし、それを観たいというボクシングファンもまた現実にいるのだ。
申し訳ない言い方だが、同じボクシングファンながらまったく別のスポーツを見ているようだ。

B.B

Comment

シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
興毅の試合としては珍しく打ち合いになったんでついフルラウンド見ちゃいましたよ~。「韓国で自主興行やれば経費もそないかからんし、時差ないから中継もOK。JBCおらんからオヤジもセコンドつけるで~!亀田応援ツアー組んだら取り巻きも喜ぶがな。安全な選手選んで派手にKOして、海外防衛や」なんて絵を描いてたんでしょうね。で蓋を開けてみたら興毅に余りにもパンチがなくグズグズになったうえに、相手が一世一代のチャンスに気合が入ってたもんで打撃戦で押されたりなんかして、まぶた切ってダウンまでとられて。何回も効かされてるのに鬼塚が「いやダメージはないです」と援護射撃。判定結果の読み上げまで長-い間があって結局スプリットで亀田。TBSも興毅も亀田ファミリーも2006年から一切の進歩がなかったですね。むしろ退化してる?まあ孫さんラスト2R失速したのは甘さですが。でも降ってわいたチャンスに気合が入ってたのであろうことは伝わって来ました。最後負けるところも「ロッキー」みたいですね。
2013.11.20 00:09 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
記事を書きながら中継を見てないなんて、無責任と言われそうですが22時に就寝、午前1時に起床というライフスタイルを崩してまで観る価値があるとは思えなかったもんでスミマセン。
旧徳さんのコメントでおおよその展開がわかりました、ありがとうございます!
しかし、ダウンを奪われての辛勝とは驚きました。
ウ-ゴ・ルイス戦を見てある程度のところまで来たと思ってましたが、もう勝負はかけられない状態なんでしょうか。
このまま終わるなら選手として少し可哀想な気もしますが、それも自分で選んだ道ならば仕方ない。
引き換えに得た実業家としての道で頑張って頂きたい。
しかし、弟達にはそれをトレースして欲しくないですね。
自分の人生なんだから。
2013.11.20 03:39 | URL | #bH1htKmU [edit]
どぶ猫 says... ""
あ~あ 見てないけど今回もやってしまったらしいですね
BoxRecのランキングについて岩佐なんか日本では実力があると認知されてるけど日本以外だとなんで地域タイトルもないのにこんなに上位にいるんだ?と思っているはず。
メキシコのレイ・バルガスなんて実力もあるのにランキングだと上位でなくもう少し上位にいても良いのになと思っています
西岡なんてVSドネア戦にはランキングに無かったりしてなんだか不思議なランキングですがまぁ戦歴みれるのでよしてしましょう。
2013.11.20 12:44 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
マージョン・ヤップに倒されそうになったりと、岩佐は安定を欠く時がありますね。
試合後のヤップは「惜しかった。しかしやっぱり強かった」と岩佐の実力を認めていたようですが。

マイナー団体のIBOランキング見ると確かに面白い。
見にくいけど肩書きもメモしてあって親切ですね。
岩佐選手は5位っすね。
で、世界タイトル保持者は別枠になってますが、ここでも現役王者のKouki Kamedaは1位ながら普通のランカー扱いですね。
WBAのスーパーを認めず、世界王者としてモレノが別枠に掲載されるのは当然として、ランキングもなるほど一貫性を感じますね。
http://www.iboboxing.com/rankings/118.html

だめだ目が痛くなって来た(苦笑


2013.11.20 17:09 | URL | #bH1htKmU [edit]
ホシイモ says... "大阪では大スポ新聞より"
金平会長が東スポで以前の亀田なら2~3ラウンドでKOできたとコメントされてまつ


〃 ∩_/亀田ヽ_
⊂⌒(○`д´○)
 \_っ⌒/⌒c
    ⌒ ⌒


引退前の内藤しゃん状態でつ
2013.11.20 19:56 | URL | #bGf9qjkw [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
前からあんなんじゃん
2013.11.21 00:15 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
旧徳さん、そんな(笑

ホシイモさん、そんな事ないですよ(笑
Youtubeで所々見ましたが、たしかに足に衰えを感じますね。
本人は打ち合いを望んだと言うかも知れませんが、ビンチにも逃げ切れなくなってる。
それにいいボディ入れてると見えましたが、今まではあれで相手も失速してくれましたが・・
いや、ヤッバリ今までが何だったんだ?
2013.11.21 02:49 | URL | #bH1htKmU [edit]
B.B says... ""
映像見直しました。
今回の試合はオフィシャル0.5ポイントの差を付けてましたが、解り難いので1ポイント刻みに直すと自分の採点は5ポイント差で明白な孫選手の勝ちになりました。

孫選手の良かった点は何より精神力。
正面からの攻撃に自信があるのか、常に正対するポジションを心掛け続けた事。
そうしてサイドに逃げたい相手にプレッシャーをかけ続け、精神的にも追い詰めた事でガードに専念する余裕すら与えなかった。
序盤以降、亀田選手は打ち合いを望んだのではなくて打ち合わざるを得なかった。
彼の持ち味は「立ってさえいれば勝ち」と揶揄されるほどの固いガードと逃げ足。
やはり足の衰えは感じていたのではないでしょうか?
孫選手のスタミナも素晴らしかったが、亀田選手に怖いパンチが無かった事で精神的にも優位に立っていたと思いました。

亀田選手の良かった点を強いて上げればクリーンファイトをした事。
逃げ切れずに打ち合う場面が多かった事で一見して熱戦を演出した事。

再戦すれば自信を持った孫選手が後半までにはストップ勝ちすると思いますが、その必要はもう無いと思います。
日本に来れば日本のボクシングファンからも賞賛の拍手で迎えられるでしょうが、わざわざ予測不能の危ない橋を渡る事も無い。

冷徹に見ればレーティング145位の評価の選手が、若くして伸びしろを失い27歳にしてそのまま衰えてしまった9位の選手に打ち勝った、ただそれだけなんですから。
孫選手が現役を続けるなら次を目指して欲しい。
2013.11.21 06:34 | URL | #bH1htKmU [edit]
ホシイモ says... "拳論にはこないのでつか"
 _/△△ヽ_
〔○`д´○〕
  ( つ旦0
  と_)_)

ホシイモも毎回判定泣かせのわかりにくいボクシングをする亀田しゃんが一番悪いと思いまつが
判定を操作とか主催者ができるものかと毎回おもってまつ

タイとか絶対勝てないとか業界の人らは毎回いいまつが

言い訳なのか本当なのか迷いまつ

操作できるのでつか?

わかりまてんね

ブラックボックスでつ
2013.11.21 19:38 | URL | #bGf9qjkw [edit]
B.B says... ""
ホシイモさん、判定の操作が出来るものなのか?とまでファンに考えさせること自体が問題ですよね。
また、この疑問にはいろんな問題を孕んでいるので議論したいところですね。

さて、ファンがあれは八百長だろう!と言うのも、その人がそう感じればそれも仕方ない。
過去を振り返っても実際からかけ離れた判定はこれまで数えきれないほどあったと思います。
昔から地元判定とか逆ホームタウンデジションとか言われますが、それは厳然とあると実際に関係者さん達も言います。
おそらくホシイモさんも実際に聞いた事があるでしょう。
先日僕の娘が日本選手権の取材に行きましたけど、アマチュアボクシングにおいてさえ「○○判定」とか囁かれていたと言います。
プロでは亀田さんところが殊更取り上げられますが、それは他の大手ジムにもあると元選手らは言います。
しかし、それが即買収行為があったとか不正工作だとかに結びつけるのはどうか?と今は思います。

ある中堅ジムの選手がトーナメント決勝で連続KOで勝ち上がって来た選手と対戦した時のことでした。
「相手の大応援団も凄かったですけど、リング上でのリングコールを聞いてビックリした。自分が普通にコールされたあと、相手の選手は確かにホープに違いないけど色んな言葉で飾られて、次期スターはこっちだと言わんばかり。なんか勝ったらまずいんじゃないかって思いました。この試合意地でも負けまいと頑張りました。効かせたパンチもあって明確に勝ったと思いましたが結果はドロー。あまり言いたくないけど、後から振り返ってもやっぱり自分が勝っていた。あの試合は興行主さんの意向が反映されたような空気が確かにあったと思います」

力のあるプロモーターさんとかの興行は連続性というか、こうしたらもっと次回は盛り上がるだろうといった構想はあるでしょう。その意を汲んだような空気というのは会場全体に蔓延して、ジャッジにも伝わっていると思います。

この空気と言うのが実は曲者だと思っています。

興行は何をどう言っても商売です。
興行主さんがその構想実現のために例に挙げたような空気を演出するのも、(逆の空気を作る事もある)これまた興行主さんの仕事。
良く観てるファンはそれを知っていて、だからこそ、それに反して番狂わせが起きた時に熱狂する訳です。「俺たちはこの真剣勝負を観に来たんだ!」と。
興行主さんやマッチメーカーさんも思い通りにならないからこそ、病みつきになる。
これもまたボクシングの醍醐味と自分は考えています。

しかし興行の反面、選手は競技者として真剣に戦うわけで、ファンもまた興行の空気を読む為に会場に足を運ぶわけじゃない。
ボクシングをスポーツとして存続させる為にジャッジやレフェリーがいる訳ですから、この人たちまで空気を読む必要は全くないんです。
それが実際に観客が観ておかしいと感じられるならば、ファンの批判は先ずジャッジに向けられるべきです。
そうしなければ、いつまで経ってもこの疑惑の判定は解決しない。

もっと言いたい事はあるんですが、次回に。
2013.11.21 21:27 | URL | #bH1htKmU [edit]
ウチ猫 says... ""
空気といえば、BBさんの例と似てますが、村田×柴田戦について、ある人がこんなことを言ってましたね。
曰く「あそこまで”村田の勝ち以外はありえない”という空気が出来あがってしまっていては柴田が可哀そう。間違っても自分が勝ってはいけない、という気分になっちゃいますよ」と。

勿論、柴田選手は買収されたわけではないでしょうから、どうであれ実力で村田選手を倒せなかった以上言い訳はできませんが(実際本人も言い訳はしてませんしね)、確かにその「空気」というのには頷ける部分があります。
茶番劇まがいの「プロテスト生中継」を経て「特例のA級ライセンス」まで出したんだから、どうせ柴田選手とやるなら「特例のデビュー戦タイトルマッチ」にでもすればよかったんですよね。そうなれば柴田選手のモチベーションも俄然高くなるでしょう。

しかし試合は、日本・東洋二冠王者が相手なのにノンタイトルの上、無理やりA級ライセンスを取らせたのになぜか6回戦。ウェイトも村田選手にとってはいつものウェイトながら、柴田選手にとってはやや重め。
加えて、モンスター井上の日本タイトルマッチとの二元中継でゴールデンのメインとなれば「負けた時にこっちの不利益が少ないようにこういう条件にしてくれたのかなぁ」なんていう風に、後ろ向きの思考に柴田選手側が陥ってしまっても仕方ないかもしれません。
だとするとこのマッチメイク、「白熱の好試合を生む為」というよりは「いかに村田選手のデビューを華々しく飾るか」ということに主眼が置かれ、その点においては大成功といえるんでしょう。
救いなのは、BBさんの例と違い、この試合は結果的に村田選手の完勝で終わったことで、変な後腐れが残らないことですかね。

こちらは興行主さんの苦労など知ったこっちゃない気楽なファンの立場ゆえに好き勝手言ってしまうのですが、やはり私たちの希望としては、色々な背景やサイドストーリー等を使ったりするのはいいとして、最終的にその試合の勝敗がどうなるか?というところに最大の盛り上がりポイントがくる空気作りをしていただきたい。
勝っても(平仲戦等)負けても(畑山戦等)、いつも最高に素晴らしい勝負を見せてくれたコウジ有沢さんの試合みたいに「これこれこういう因縁の両者が今宵対決!果たして勝つのは?」というのが楽しみなのであり、「これこれこうで、こちらの選手がついに悲願を達成しますよ(多分)」みたいなとこまでセッティングされてしまう(ように見えてしまう)、しかも本当にその通りに予定調和で終わってしまうのは正直興ざめであります。

その「興ざめの権化」ともいえる某プロモーション社長の試合、私も動画サイトで見てみましたが、普通に社長の負けですね。
私も、社長が三階級目を取りそうという頃までは盛んに文句言ってましたが、もうここ数年はめっきりそんなこともなくなりまして、たまに見る時も他の世界戦とは別物として見ています。

喩えるなら、本物の総選挙とAKBの総選挙みたいな感じでしょうか(笑)。
本物の世界戦と総選挙は、自ら観戦したり投票したり、そこに至るまでの過程や、その結果を受けての今後の展望など、色々なことに興味を持って見ています。
が、社長の世界戦とAKBの総選挙は、基本的に「いつやるか」とかもよく知らないし、本人達は結果によって泣いたり笑ったりして真剣なんでしょうが、興味のないこちらとしては失礼ながら滑稽に見えてしまったりして(どうせ茶番だろ、という先入観もあるんでしょう)、評論家みたいな人が大真面目に考察したりしてるのを見ると、「他にやることないんですか?」と、ちょっと不安になってしまいます。

まあ社長はもう現役は終わりでいいんじゃないかと思いますけどねぇ。
ここまで一貫して同じような試合内容・結果を続けて、私のように「文句を言うのも疲れた」というところまで徹底するというのは凄いことだと思いますが、最近はメディアの論調もまた厳しくなりつつありますし。
それでも、若いうちしかできない仕事ではありますから、稼げる見込みがあるのなら頑張って続けるのもいいでしょう。
2013.11.22 00:36 | URL | #nZcYMxmY [edit]
ホシイモ says... ""
(○`3´○)

次男主演の映画来年1月やるみたいでつ

ヒットマン~明日への銃声

楽しみでつね

渡嘉敷チャンピオンもでるみたいでつよ

団塊世代に凄く好かれている亀田兄弟

団塊ジュニアにはものすごく嫌われてる亀田兄弟

ヒマをもてあますアメブログ系の専業主婦や女学生にブログネタで好かれている亀田兄弟

インターネット時代なのでボクシングの亀田の内情を知られて
ボクシングファンに99パーセント嫌われてるいる亀田兄弟

こんなとこでつかね
亀田兄弟のファンは

2013.11.23 12:30 | URL | #bGf9qjkw [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
ヒットマン~明日への銃声

http://www.youtube.com/watch?v=unyUFcRcn48

これですね。壮絶な棒読み...。
このご時世にテキヤでヤクザと言う役やるというのもええ根性してますね
団塊世代は亀田好きって何の根拠があって言ってるのでしょうか?
年代は関係なく嫌われてると思いますが...。正直彼らのファンと言う人に会った事がないのですが。今度初めて高山選手の試合で会場に行くので彼らのファンを見てこようと思います
2013.11.23 18:19 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
自分は団塊世代と団塊ジュニアのちょうど中間くらいですかね(笑

それと僕は亀田ファンに会った事ありますよ~実際に。
とても貴重な体験をさせて頂きました(笑
感じた事はボクシングがやっぱり好きなんだろうなぁ・・というのは何となくわかりました。
そこで僕はアンチ亀田を勿論表明する訳ですけど、別に口論とかにはなりませんね。
彼らも亀田の手法に全面的に賛成してる訳でもないですし、むしろ厳しく見てる面もあったかなと思います。
けっこうちゃんと解ってるというか、押さえるところは押さえてると言うか。
少数派である認識があって、だからこそ俺らが応援しなくっちゃ!って感じでしょうか。

アンチ○拳から派生した人とか、ほんとに亀田見てボクシングを観るようになった人とか色々。
まぁ、ホシイモさんが言われる団塊世代が好きそうな親子愛物語りから?その年代の支持があるってのは、あくまでもイメージであってどうかなと思いますが。

ところで大毅くんの映画デビューいいじゃないですか。
セカンドキャリアが役者って悪くない。
Vシネとか自分もきらいじゃないですし。
渡嘉敷さん「千年の松」に出てたのはビックリしたけど(笑
いい感じで演じてましたよ。
http://d.hatena.ne.jp/mash1966/20090123/p2

だけど、やるならちゃんと役者の勉強しないとね。
本物しか認められないんだから。
2013.11.23 19:55 | URL | #bH1htKmU [edit]
ウチ猫 says... ""
私も大毅君のキャラクターは好きでしてね。これでボクシングさえしなければ文句ないです。
確かに壮絶な棒読みですが(笑)、映画や演劇に拘りのない私なんかは、愛嬌があるからいいんじゃないの、なんて思います。吉高某とかいう女優なんかより全然マシですよ。

私は清水選手がカサレスに勝った時に見に行ってますが、武道館の二階席には、試合展開に一喜一憂しながら応援するようなファンはいませんでしたね。買い物途中にちょっと立ち止まって、サンシャインの噴水広場のイベントを眺めてる…みたいな、まったりしてる人が多かったです。
内容がまた、それに輪をかけてまったりしてますしね。
2013.11.23 23:21 | URL | #nZcYMxmY [edit]
B.B says... ""
ウチ猫さん、吉高は映画女優ですよ。テレビじゃ彼女の良さは解りませんぜ。
プライベートは知らんけど、力あります。
関根恵子だって初めはあんなもんでしたよ。
僕が大毅くんを買うのは一生懸命やってるなてっのを感じさせてくれるところ。
最近の試合は彼らしくないけど。
不器用だなぁ、ってのが彼の魅力じゃないですか?
小僧が背伸びしてるのを大人が許容出来るのもハタチ過ぎぐらいまでですけど、等身大なら許すってのが世間じゃないですかね。
史郎さんは解ってない。
2013.11.24 04:55 | URL | #bH1htKmU [edit]
ホシイモ says... ""
〃 ∩_/TTヽ
⊂⌒(○`3´○)
 \_っ⌒/⌒c
    ⌒ ⌒

亀田大毅と大和武士の顔がにてまつ
日本ミドル級チャンピオンだったそうでつ大和武士しゃん
Vシネマの帝王目指せまつ

今は売れるのかはわかりまてんが汗
2013.11.24 09:35 | URL | #bGf9qjkw [edit]
ウチ猫 says... ""
私が吉高ちゃんを見たのは「カイジ2」という作品なんですが、これがかなり酷くてですね(汗)。
原作が大好きであるということ、映画はその原作とけっこう設定を変えていること、香川さんが出てくる度にエキサイトマッチと間違えそうになること(笑)等の理由で、映画の世界に入り込む為にかなりの努力をしていたのですが、彼女がしゃべる度に「ああ、これは俳優という職業の人たちが演じている嘘の世界なんだ」と、現実に引き戻されちゃいまして。興ざめすること夥しかったです。
TSUTAYAの「旧作・一週間100円」だから良かったですが、劇場ならちょっと怒ってましたね。

彼女の力量ではなく演出の悪さなのかもしれませんが、ド素人の製作者の娘かなにかが我儘言って無理やり主役級の役に居座っているんじゃないか、というほど浮いてまして、一体何を狙ってこういうキャスティング・演技をしてるのか、まったくわかりませんでした。

まあ彼女を見たのはその一本だけで、もっといい作品もあるんでしょうが、個人的にはけっこうなマイナス評価がついてしまいました。
ある作家が「作品によりどうしても出来・不出来はあるが、初めて自分の本を読んだ人が、たまたまその不出来の作品を選んでしまったら、二度と自分の本は読んでくれないだろう。だからどんな仕事にも手は抜けない」ということを言っていますが、私はまさに彼女の「不出来」に当たっちゃったということかもしれないですね。もっとも「だからあいつの出てる作品は見ない!」なんてことはないですが。ホントに何の拘りもないので。

ボクサーなら「初めて見た試合」、ミュージシャンなら「初めて聴いた曲」で受けた第一印象ってすごく大きいですからね。人気商売の人たちは大変だと思います。
2013.11.24 13:30 | URL | #nZcYMxmY [edit]
B.B says... ""
ファーストコンタクトがいかに重要かってのは、ホントその通りですね。
その後の価値観にまで影響して来る。

僕が初めてボクシングというものに触れたのは、門田新一さんの東洋ライト級タイトルマッチ。
リングから照明から、なにより拳ひとつで殴り合う男たちが眩しくて眩しくて。
リングインの時と控室でも握手して頂いて大感激。
前座に輪島公一(当時)さんが出てました。
その後しばらく門田さんがウルトラマンに変わる僕のヒーローで、いつかこんな強い男になりたいとずっと思ってました。
門田さんはガッツ石松さんをKOしたり、ロス遠征でも連戦連勝の好成績を収めてましたから世界王者に絶対なるものと子供心に信じてました。
それにこの頃の東洋王座はまだ価値がありましたし。
ところが、世界初挑戦で一階級上の王者アントニオ・セルバンテスという名選手に何度もリングに転がされて世界は遠いと思い知らされました。
この時のショックは大きくて、逆に世界タイトルの価値権威が僕のボクシング観のひとつに決定付けられたと思っています。
真の世界王者はただ一人、そのクラスで一番強い人。

当たり前の事をあたりまえに身を持って教えてくれた門田選手には今でも感謝しています。
ファーストコンタクトで本物のファイターに出逢えた事がボクシングファンとしての僕の幸運と思っています。
2013.11.24 17:12 | URL | #bH1htKmU [edit]
B.B says... ""
それと吉高ちゃん、ですけど・・(笑

たしかに今の彼女は揺れ動いてるかも知れませんね。
初めて見たのが「紀子の食卓」で園子温監督作品、結構話題になったんじゃないかな?
次が「蛇にピアス」でこれは衝撃的な作品でしたが、久々にアイドルじゃない線の太い女優が生まれたと感じました。
その後の「重力ピエロ」も原作に負ける事が無かったと思います。
原作や脚本、そして監督にも恵まれたと思いますが、吉高の幸運は役者としていじめ抜かれる作品に巡り合えた事。
これはボクサーにも言えると思いますが、乗り越えるべきものから逃避すれば瞬く間にその光りを失いますね。
2013.11.24 17:32 | URL | #bH1htKmU [edit]
ホシイモ says... ""
引き続き3日の世界戦も気が向いたら記事にしてくだしゃい


(○`3´○)つ

ホシイモの予想

高山の7ラウンドでのKO勝ち

亀田和毅の判定勝ち

亀田大毅のKO負け

予想してみますた

あたるかな汗
2013.11.25 20:21 | URL | #bGf9qjkw [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
記事にするよ!ビックリするようなヤツ出すで
2013.11.25 21:03 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
ホシイモさん、ソリスにKO負けはさすがに無いのでは?

Tmoki Kamedaの相手、ナミビアのナイジャラ選手(BoxRecレーティング31位)の情報が少ないですね。国外での試合がプロでは無いから仕方ないか。
試合と練習風景の映像がありましたが、レーティングにほぼ近い選手じゃないでしょうか?
あまり打たせないスタイルですが、攻守もハッキリしている。
序盤から詰めてボディから攻め上げれば音を上げてくれそう。
山中選手を挑発するくらいの勢いがあるなら、中盤過ぎには左ボディで倒して欲しいですね。
http://www.youtube.com/watch?v=bboIpEXmhLQ

ナイジャラ選手、腕の筋持久力、心肺機能を上げる為のバッグ打ち(映像後半部分)
アマチュアでも古典的なやり方です。
http://www.youtube.com/watch?v=nN7O5ZeZYds

高山選手の相手シルバノはレーティング10位ですが、本来は一階級上の選手でしかもサウスポー。やり難い相手と思いますが、展望は旧徳さんの記事が上がってから。
2013.11.26 08:55 | URL | #bH1htKmU [edit]
B.B says... ""
ホシイモさんの予想は二つ当たりましたね。
何か予感でもあったんですか?

大毅はある意味JBCにKO負け!でしたね(笑
2013.12.06 07:31 | URL | #bH1htKmU [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/234-1e7994d0