HARD BLOW !

健保金問題 JBCと協会の対立が尖鋭化

 9月22日付けの朝日新聞のベタ記事を嚆矢として、一斉に広がりを見せた積立金問題ですが、ボクシング専門二誌には書店で立ち読みした限りでは記事はなし。『つまらない方』はともかく、『まともな方』が取り上げなかったのは残念至極ではありますが、一般紙とスポーツ紙に新たな動きがありました。朝日新聞以外に読売新聞と日刊スポーツが新たにJBCの財務問題の報道に参画して来たのです。

 10月19日の日本プロボクシング協会(以下JPBA)の緊急理事会を受けて、20日付けで出された一連の記事ですが、朝日・読売・ニッカンの報道姿勢には、それぞれベタ記事ながら微妙な違いがあります。先鞭を付けた朝日は「積立金の使用目的の適正化」のみに触れていますが、読売・日刊はJBCが2011年2012年と連続赤字になっていることに言及、日刊に至ってはJBCの財務状況をJPBA側の弁護士・税理士が調査するとまで報じています。本来統括・管理する側であるはずのJBCが調査の対象になるというのは明らかな異常事態ですが、赤字体質のJBCが「積立金は一般会計として消費する」と宣言しているのですから、このまま行けば数年で積立金は溶けてなくなる。JPBAとすれば一刻も早く残額を確定・保全したいところでしょう。乗り込んででも調査したいという心情は充分理解できます。

 「JBC健康管理基金の健全運営を討議する会」で頂いた資料を見るとJBC側は赤字体質についてなんら具体的な方策を持っていないようです。展望もなしに選手が積み立ててきた文字通り血の出るような金をただ消費していくつもりなのでしょうか?

 そしてJPBA会長とJBC理事を兼ねる大橋秀行氏は一体ご自身の立場をどのように合理的に説明するのでしょうか?以前指摘したように利益相反の関係にある両者が対立する局面となった今、矛盾しない行動をとることは不可能です。JPBA側からの批判を予め見越して、JBCが大橋氏を理事に据えているとも取られかねない。

 大橋氏は直ちにJBCの理事職を辞するべきだと私は思います。

                 
                  馴染みの激安居酒屋が閉店して寂しい(旧徳山と長谷川が好きです)

 

Comment

バンコク愚連隊 says... ""
JBCはまず今後の「事業計画」を作らないといけませんね。(資金消耗計画じゃなくて)外部から人材入れるとか思い切ったことをしない限りジリ貧状態は変わらないでしょう。
公益関係なくなったならいっそJBCとしてスポンサー集めて運営費の足しにするとかも考えればいいし。HPにバナーを貼り、試合会場・パンフには必ずJBC協賛企業のロゴも入れるとか。
収入源を作っておいて出すところにはだす、と。試合役員の収入なんかはなんとかしないと。(日本的な手弁当で、というのはコミッションに限ってはいかんでしょう…)それとWBA総会に島川さんと原田さんの二人しか来ていなかったけど、もっと代表する人間なり若い人が来て顔出していかないと海外に顔の利く古株の方々が居なくなったらどうするのか?
いろんな面で充実させるためにもまず(旧健保金に触らず)収入面の充実がまず必要。外部からビジネス感覚をもつ人材を導入するのは必要だと思うんだけどなあ…

2013.10.25 14:11 | URL | #mQop/nM. [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
バンコクさんどうもです。もうすぐバンコクのWBC総会ですね。

結局JBCは協会員(ボクシング界では『業者』っていうらしいですよ!)の払う金で維持されてるので、いざとなったら協会には頭が上がらんのでしょうね。

確かにもう公益法人じゃないので営利事業をしたってええわけですが、そんな商才が彼らにあるかなあ…。外部から呼ぶと言っても、ここ数年人事抗争ばかりですし優秀な人材が集まるかは疑問じゃないかと。公募人材も待遇次第でして、大阪市の民間人校長や区長って東京なんかの公募人材より明らかにレベルが低いんですよねえ(笑)

むしろ今のままで行くとJBCは金も人材も払底して消えてなくなってしまうのではと危惧します。スポーツ庁が出来たときにはJBCがなければ、日連がボクシング組織としてスポーツ庁の監督下に入りヘゲモニーを握る事になります。
2013.10.26 13:40 | URL | #- [edit]
榎 says... ""
ところで、いつ会議だかあるんですか?
2013.10.26 21:04 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
討議する会の次回についてはまだ情報がありませんね。
予定通りなら、協会からの監査が行われているはずですが・・
しかし、相当に強い意志を持って開かれた議論を目指した会なのですから、水面下での決着は無いと思います。
見守りたいと思います。
2013.10.27 05:50 | URL | #bH1htKmU [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
第三者委員会ってどうするんでしょうね
2013.10.27 12:05 | URL | #- [edit]
茶番 says... "茶番"
JPBA協会長の大橋氏が税理士や弁護士を引き連れ、理事大橋氏の所属する組織JBCに監査に行く。世間ではこういうのを茶番というのではないでしょうか。この監査が手打ちではない保証はどこにあるのでしょうか。
2013.10.27 15:12 | URL | #- [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
アマ連の個人支配もどうかと思いますが、プロのやってることも大概ですわな
2013.10.27 16:36 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
まず押さえなければならない事は、監査はあくまでもかつての積立金が現状どうなっているか。これをを明らかにする為と聞いています。

有無も言わさず使われてしまっているのか、手付かずのまま残っているのか。
大橋氏が協会長として動いた訳ですから、銀行通帳や財務諸表と照らし合わせ、根拠を元にその結果を協会理事会に報告する道義的義務があります。
これを怠れば協会長としての責任が問われる事になります。

もしJBCが監査を拒否していれば、これは協会員からの告発も考えられますから、コミッション理事の立場としても混乱は避けたいところですから明確にせざるを得ません。

しかし、気になるのは日刊スポーツが何処のあるいは誰のリリースを選択したか判りませんが、この監査がJBCの二年連続の赤字について調査する為と報道しているところ。
積立金問題に触れた朝日と讀賣の報道とニュアンスがだいぶ違います。
つまり何の為の監査なのかが読み比べるとかえって解り難い。
ここは明確にして頂きたいと思いますね。

次は、その上でこれまで通り健保金として運用させる事が「会」の目的ですから、回答はイエスかノーの二択しかないはずです。
仮にJBCの回答が再びノーとなれば、これもやはり紛糾する事は避けられない。
ここで手打ちなんて方策はあり得るんでしょうか?
ちょっと自分には想像が出来ないです。

ここまでの各紙報道を見ると若干の不安も無いわけではありません。
あるいは、この混乱は背景に主流派と反主流の確執と分析する向きもありますが、問題の本質はあくまでも選手の積立金がどうなるかです。
不要な背景論は一切排除しなければなりません。
2013.10.27 18:37 | URL | #bH1htKmU [edit]
B.B says... ""
その後のリリースは未だにないようですが・・
監査そのものが行われていないのではないか?という不信の声が上がっているようです。

協会員さんの中でも「討議する会には合流出来ないが、積立金問題はJBCがおかしい」と吐露される方たちもいらっしゃいますね。
また、その中でも「コミッションは機能不全に陥っている」と指摘される方もいます。
いや、普通の感覚で普通に考えれば誰にでも分かる事だと思います。
ここでもしがらみや業界の理屈が優先されるなら、改革なんて到底あり得ませんね。

一国一コミッションを支える立場の協会にとってもっと怖いのは、某連盟が日本の統括機構になる流れではないのか?
これは旧徳さんが早くから指摘されてましたが、コミッション内部の問題も解消できない現状ですから、足元だけでなく外圧も加えられ崩壊が始まっているのか。
充分にあり得る話しと思えて来ました。

また、先日お話しをさせて頂いた方の「誰も気付いていない」という嘆きの言葉が実に印象的でした。それでも「コミッションは日本ボクシングの近代化の歴史でもある。絶対に守らなければならない」とも。
しかし一方では、この泥舟から下りようとする動きまで見えて来ました。
東京五輪は思わぬ影響を及ぼす事になりそうです。

関係者取材やマスメディアへの逆取材からは、業界リーダーと言われる方は既に外を向いてしまっているみたいですし、リーダー不在の今こそ改革に向けて一丸とならなければ二進も三進もいかんです、本当にこのままでは。
2013.11.05 06:23 | URL | #bH1htKmU [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/230-17239498