HARD BLOW !

バンデージ記事に関するお詫びと訂正について

はじめに経緯を説明させて頂きます。
2013年8月25日に行われた日本ライトフライ級タイトルマッチにおいて、挑戦者の井上選手について「バンデージチェックの際のサインが無いのではないか?」との情報が疑義として寄せられました。
これを受けてただちにテレビ映像から検証、討議をしましたが、他にも寄せられたいくつかの映像からはこの時点ではサインが認められませんでした。
しかし、この映像では確かな検証が難しい事もあって、その後数人のボクシング関係者の聞き取りを行いましたが、その中で試合ルールの不明瞭部分や問題点がいくつか見つかり、ここはひとつの提起として継続的記事にすべきとの結論に至りました。
結果、それを優先する為に確定ではない写真を掲載する事になりました。
その後、ブログメールまた投稿欄において読者の方の指摘また情報があり確認したところバンデージチェックのサインが認められたという流れです。


記事の写真の掲載は不正等の糾弾の為では無く、インスペクターの監視体制に問題は無いのかという疑義が内々に生じたためで、これを前提に写真掲載に踏み切ったのは本記事管理担当の自分の判断であります。
確定と認められる写真映像がもたらされた事により、これ以上あらぬ憶測が選手また関係者に及ぶ事があるとすればこれは遺憾であり、またこちらの指摘する該当試合の管理体制に特段の問題点は見つからないとの判断に至り、記事の訂正と一部削除が妥当であるという結論になりました(訂正が完了するまで、当該記事をいったん非公開とします。完了次第再度アップいたします)。
お騒がせ致しまして大変に申し訳ありません。
心よりお詫びいたします。


また、これまでコメント欄だけでなく数々の情報、ご意見をお寄せいただいた皆様には心から感謝すると共に、これを反省としてまた糧として、より正確な情報をお伝えできるよう粉骨砕身してまいります。


本記事管理者 B.B

バンデージ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/229-f9bdb9f2