HARD BLOW !

運動会での出来事・・(その2) それでもボク愛

さてそのスポーツ紙には何が書いてあったのか。

当時の記憶なので正確な日時と内容を思い出せませんが、要は「(9月の29日か30日の)スパーリングで瞼を負傷したため亀田選手の世界戦が延期となった」というものでした。

これはおかしい・・世界戦の延期はままあることだけれども、その原因が瞼の負傷とは??
その記事が真実なら、その僅か2・3日後、元気一杯に運動会の綱引きで見せたあの姿は一体なんだったのか?
あの日は天気も良く、少し動けば汗ばむようなスポーツ日和でしたし、校庭は大勢の人間が移動すると土埃が盛んに立つ状態でした。そんな中で亀田選手は眼帯も絆創膏すらもない、見掛けはまったく普通の状態でした。しかも世界戦を間近に控え、裂傷の縫合手術をしたボクサーが激しい運動や更なるアクシデントの可能性は絶対に避けるはず。(後日の報道では、瞼の裏を8針も縫った大怪我になっている!!)
私自身も瞼をカットしたり拳や鼻骨骨折の経験がありました。
充分な加療を受けなかった為に完治が遅れた苦い思い出がありまして、術後のケアが如何に大事かを身を持って知っていましたし、世間の常識に照らしてもこれは有り得ない事でした。
何故、所属ジムは嘘を見破れないのか、あるいは嘘と知りながら、結託して虚構を作り上げなければならなかったのか?
それは紛れも無くファンへの裏切り行為であると私は信じて疑いませんでした。
後にこの時の真相には限りなく近づく事になりある程度の理解は進みますが、それも数年の時間がかかる事になります。しかしあの時の紙媒体の報道姿勢や所属ジムの記者会見などでの対応には私の中では風化することのない疑念として今でも残り続けています。

当時は業界をあげて亀田家を応援する空気が流れていましたが、スポーツ紙とはいえ事実を報道すべき紙媒体までもが何らかの隠蔽工作に関わっているのではないか。
たとえ業界の事情とはいえ虚構を放って置いてはさらに大きな虚構を生むのではないかという惧れ。
勝手な疑念はやがて一人よがりの正義感に変わり、「これは糾弾しなければならない!」と。

しかし単なる亀田潰しのスキャンダルで終わらせたくない。真意の伝わらない週刊誌などには持ち込みたくない。
ならば自分の言葉で伝える手段はないものか?この事実を目の前にした時、人はどう感じるのだろうか?そこで閃いたのが以前に人から聞いた情報でした。
掲示板というインターネットサイトがあってそこにはボクシングのカテゴリーもあり盛況らしい・・。
おそるおそる覗いて見ると私と同じ様なファンと思われる書き込みが。
しかしそのほとんどが単なる風評に過ぎないか、あるいは余りに抽象的で正当な批判に値しないものも目立ちました。正直な感想は「ここは議論をする場では無いな」の一言。
しかしファンが欲しているものは単なる中傷の的となるものだけでない、愛するボクシングのこと、様々な疑念を払拭したいという願望の表れではないかとも感じました。正確な情報を元に事実を公表するすべがあれば、正しい議論に発展するのではないかというのが私の淡い希望だったのです。
(しかし振り返ればネットのこれまた特別なこのサイトについて、私は余りに無知でいい世間の笑い者だったと今は思います)

そして私は躊躇しながらも映像の件をこの掲示板に投げ込みました。
「そんな情報は嘘に決まっている」「あるなら証拠を今すぐ出せ」
「証拠はあるけど出し方が解らない?ヤッパリ嘘だろ」
くだらない挑発に乗るものかと思いながら、正面から聞いてくる人の出現を辛抱強く待ちました。
すると「どうもこの話しは信用しても良さそうだ」「トリップの付け方とアップロードの方法を教えよう」「映像が上がってから嘘かホントか検証しようじゃないか」とのコメント。
その後は彼らの導きで3日もかかってやっとのこと、その短い映像はネット上にあがりました。
ひと仕事を終えて感じたことは「これでメディアに対しても波紋が広がるのではないか」という期待と「本当にこれで良かったのか?後で悔やむ事にはならないか?」との思いでした。
初めは義憤にかられ後先を考えずにした事でしたが、やがてその期待と不安の両方が数日後思いがけない形で見事に的中します。

そして、先ずはこの掲示板の洗礼を受ける事になります。

続く・・

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/21-645d5d9c