HARD BLOW !

高山選手復帰の陰で…

 高山勝成選手へのJBCライセンス発給がアナウンスされ、ひとまず国内での試合開催が可能となる運びとなりました。才能あるボクサーの活躍が国内で見れることになったことは一ファンとして非常に嬉しく思います。高山選手には、久々の日本のリングでまた思いっきり暴れて欲しいと思います。

 さてこの決定に対してJBCはどのようなアナウンスをしているのやら?とJBCのHPを開いてみれば、世界王者の復帰と言う大ニュースの告知はどこにもナシ!何らかの見解を示せば裁判での主張と必ず齟齬が生じるわけですから、何も言わない(言えない)ちゅうところでしょうがしかし放置と言うのはまともな大人のやってる組織とは思えません。一方で安河内氏の解職や林マッチメイカーの記者会見、大沢選手の処分、解雇職員にイヤミをぶつける森田事務局長談話についてはHPの目立つ位置にバッチリと「JBCからのお知らせ」が掲示されています。ファンにとって有益な情報は「お知らせ」せず、裁判がらみのネタだけ載せるという姿勢は分かりやすくて大変よいと思います(魚の死んだ目で)。

 しかし今回の裁定は、JBCサイドの裁判での主張とは真っ向矛盾する事態と思われるのですが一体どうやって訴訟を継続するおつもりなのでありましょうか?

 このところ「公益から一般法人への移行」「健保金の改悪」(協会の同様の制度は死亡時のみだそうなので、今回の改訂は明らかに安全軽視です)「大橋会長の理事入り」と矢継ぎ早にJBCの屋台骨を揺るがす制度変更が行われています。今までボクサーが納めてきた健保金のプールは一体どうなったのでしょうか?現事務局長である森田健氏の大学の後輩にして愛弟子の浦谷信彰氏が事務局長代行へと昇進し、権力の禅譲と見られるような動きも起こっています。一般法人に移行したのだからいかなる私物化も許されると言うわけではありません。ファンに納得のいく説明をして欲しいと思います。

 そしてファンの皆様、業界内の皆様、選手・OBの皆様には、正義の名の下に行われた安河内氏の排除・一部職員の解雇後に「JBCやボクシング界は良くなったのか悪くなったのか?」を今一度冷徹な目で見て欲しいと思います。かつて安河内氏は亀田史郎氏の『テープ発言』を受けて亀田一家との癒着しているかのようなイメージを付与され、それがファンからもハシゴを外される遠因となりました。しかし安河内氏の排除後も亀田一家の試合の判定はおかしなままだし、和毅の海外挑戦が決定し大毅のIBF決定戦出場が噂されるなど、むしろ現体制になって亀田一家の勢いは増してはいないでしょうか?村田の公開プロテストと東洋・日本王者との六回戦デビュー、井上尚哉の急激なランキング上昇、名城信男の暫定王者戦など、何でもアリの無原則状態も促進しています。いまJBCで起こっていることは瓦解現象ではないのかと思えてなりません。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/206-cdcb59cf