HARD BLOW !

利益相反

 公益法人から一般法人に移行したJBCでは、今日(7月4日)になってもHP上ではなんら告示はありません。裁判がらみのネタはセッセとリリースしたりする割には、必要なアナウンスは無いというガバナンスの不在ぶりまでツッコミ出すと際限がないので辞めますが、さてひっそりと行われたそのリニューアルの内実に少し気になる点が、私にはございます。

 これ結構デカい話だと思うのですが、日本プロボクシング協会の大橋秀行協会長がJBCの理事になっているのです。
http://www.jbc.or.jp/outline/officer.html
 JBCはボクシング興行を管理・監督する立場の組織で、プロボクシング協会とは利益相反の関係であり、その両方に所属して活動することにはどう考えても矛盾があります。ランキングの移動に始まり、レフェリーやジャッジの人選、当該試合の判定結果について『邪推』を生む温床となる人事だと思います。原子力規制委員会に東電や関西電力の社長がいるようなもんであります。    
 大橋氏がガバナンス無き現状を憂慮して、火中の栗を拾わんとJBCに飛び込んだと言うならそりゃそれでイイ話のような気もしますが、どういう過程でこの様な異例の人事が行われたのかと言う説明があってしかるべきだと思うのですが。

 思えば亀田一家のスキャンダルの原点にも、反則の見逃しと見られるレフェリングや不可解な採点がありました。いま業界を挙げて売り出している井上尚弥選手の試合でもし裁定や判定で程度問題はさておき大なり小なり疑惑が生ずれば「大橋がコミッションにいるんだからそりゃ贔屓するだろ」「レフェリーやジャッジの人選は大橋の意のままだ」というような意見が、事実関係は無視してネット論壇を駆け巡るでしょう。現状では「井上は亀田とは違う本物だからそんな心配ないよ」と言う感覚の方が多いと思いますが、テレビ局がソロバン勘定しながら先行投資しているという背景は亀田のケースと変らないわけで、彼らにとってはボクシングというスポーツの価値は二の次であるという冷徹な目線が必要だと思います。本物の才能だからこそ小細工なしに、厳格・公正にやって欲しいと願ってやみません。

 プロ野球選手会のコミッショナー辞任を求める声明にグッと来た(旧徳山と長谷川が好きです)

Comment

内角高め直球 says... ""
評議員にファイティング原田さんも入っています。
2013.07.05 19:40 | URL | #- [edit]
B .B says... ""
なるほどねぇ・・しかしまったく見え見えというか・・

裏返せば多少は社会常識との間で葛藤があったと言うべきなんでしょうか。
前協会長を引っ張り出して「批判の分散を狙ったのだろう」なんて声が聞こえて来そう。

現ジムオーナーコミッション入りという事実を前にして、喜ばしいなんて世論は起こりませんよ。

2013.07.05 20:39 | URL | #bH1htKmU [edit]
榎 says... ""
男として都合が悪い事は頑張らない。それがボクシング業界
2013.07.06 20:14 | URL | #- [edit]
says... "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.07.08 18:20 | | # [edit]
B .B says... ""
非公開でしたが、ご投稿誠にありがとうございます。

僕らも自分達の出来る範囲で頑張ります!
2013.07.12 21:04 | URL | #bH1htKmU [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/204-85350af5