HARD BLOW !

内山強し!!

WBA世界スーパーフェザー級戦
王者 内山高志(ワタナベ)vs同級9位ハイデル・パーラ(ベネズエラ)
KO 5回2分15秒 王者7度目の防衛に成功!


内山選手のダイナマイトがまたもや爆発した。
王者の強烈な左ボディフックの衝撃は肝臓だけでなく心臓から脳髄にまで達したのだろう。
悶絶しながらリングにのたうちまわる挑戦者の姿からそれを容易に想像させる。
まさにダイナマイトによる惨劇だった。

今回の被害者はかつてのフライ級王者だったロレンソの実弟、ハイデル・パーラ。
アマチュアで300戦近いキャリアを持つというだけあって柔らかい動きに加え、鋭いジャブ、速い右ストレート、返しの左フックにも威力を感じる。
特に体のポジションを前後左右微妙に揺すりながら長いリーチから放つジャブは王者の顔面を度々弾いた。
これまで無敗のレコードに目立ったキャリアは無いが一定のレベルにある伏兵とも思えた。
気になるのは内山選手の試合スタートだ。
「先の事は考えない。目の前の試合に全力を尽くす」という王者だが、リングサイドにいる対抗世界王者となった三浦隆司選手を意識した訳でもあるまいが・・
そういえば世界戦唯一の負傷引き分けとなったファレナス戦のリングサイドにも当時の対抗王者だった粟生選手が。
「強いボクシングを見せる」という気負いがどこかにあったのではないか?

内山選手が日本史上最高のパンチャーである事に異論を挟むファンは今や少ないだろう。
右でも左でも一発で相手を打ち倒す豪打で唐突に試合を終わらせる事もある。
しかも当てるための高い技術を持ち合わせている事にも異論はないだろう。
おまけにスパーリングパートナーも「決してパンチを芯には当てさせない。防御勘も優れている」と証言するが、もう日本には存在しない万能型だろう。

しかし、内山ボクシングの本当の凄さは相手を叩き潰すまでの冷徹とも言えるその過程にあると思う。
スタイルはバランス重視で、徹底した左のリードで試合を組み立て始め、徐々に間合いを掴むと今度は強烈な左フック、アッパーで相手のスタミナを奪いに行く。
カウンターを狙っていると感じれば、挨拶代わりの強い右でけん制し相打ち覚悟のフルスイングを封じ込める。
これで序盤のお膳立ては出来た。
後は圧力をかけながらスムースなパンチで空いている所にダメージを蓄積させる。
精神的にも追い詰められた対戦者はロープに詰まるか相打ち覚悟で前に出るしかない。
この辺り中盤には体もすっかり温まり相手の攻撃を見極めているのだろう、倒すパンチを既にイメージというより確定していると思われる。
しかし相手にも観客にもそれを悟らせないのが内山選手の凄い所だ。
まるでボクシングで三ツ星フレンチのフルコースを見せられているかのようだ。

しかし・・
前々回のファレナス戦、そして今回のパーラ戦の初回はいきなりメインディッシュに取りかかったかのように見えた。
相手の戦績やキャリアから踏み潰しても勝てると見込んだか、ビッグマッチを見据えて気負いがあったか。
気にしないとは言っても周りの雑音はアスリートには気付かぬうちに影響するものだ。
自然体で臨めば戸惑う必要も無かった。
ラウンドを重ねてやっと取り戻したのか左から組み立てる作業をしていたように思う。
内山選手の最大の武器はくどいようだがやはり左なのだ。

いきなりの右強打を止め、パーラのうるさい左をキャッチボールのように右手でパーリングすると、もういつもの王者のスタイルになっていた。
これからも内山ボクシングの凄さを堅実に守って欲しいと切に思います。

追記:
試合後のインタビューで「凄いボディブローでしたが、当たった時はどうでしたか?」には・・
「はい、当たった瞬間いったと思いました」


国民栄誉賞に輝いた松井秀喜の特大ホームランを思い出して笑ってしまったB.B

Comment

ウチ猫 says... ""
「当たった瞬間いった」は、「逝った」という字をあてるべきでしょうね(笑)。
世界戦で悶絶ボディといえば大橋秀行さんの時を思い出しますが、あの時はすでに散々腹が効いていましたからね。

新井田豊さんの世界戦唯一のKO勝利も実質的にはボディが効いたもので、解説のファイティング原田さんが「世界戦でボディで倒れるとは鍛え方が足りない」と身も蓋もないことおっしゃってましたが、今回のこのパンチに関しては耐えろという方が無理ですな。

ガンボアがライトに上げたそうでガッカリですが、今後のビッグマッチの実現性とともに年齢も気になってしまう内山選手の今後。
あれこれネットを眺めていたら、私らがよく行く「ゆるくて深いボクシングナイト」でホストを務める本郷陽一さんの記事をみつけました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130508-00010001-wordleaf-fight&p=1

38歳までいけるとは楽しみです。
やるとなったら妥協や甘えは決してしない内山選手だと思いますので、是非モチベーションが切れないようなマッチメイクをお願いしたいと思います。
※八重樫選手も確か「筋トレの日は朝から憂鬱でした(笑)」と言ってましたが、口でそう言いながらもとことん体をイジメぬけるというのはトップアスリートの条件でしょうね。
2013.05.09 12:51 | URL | #C1S5FS7c [edit]
B .B says... ""
ガンボアはライト級転向ですか・・残念だなぁ。
渡辺会長の防衛回数新記録を狙える発言はそういう背景があったんですねぇ・・

内山選手のスピードだけでは無いというボクシングの奥深さを見せつけるには打ってつけの相手だと思ってたんですけど。

しかしなぁ・・世界が驚くような凄い試合になるはずなのになぁ・・
西岡さんのように追いかけ回さないと実現しないんだろうなぁ、本当のビッグマッチは。

2013.05.09 19:42 | URL | #bH1htKmU [edit]
B .B says... ""
ボディ打ちで思い出しましたけど、昔タイの怪物と言われたセンサク・ムアンスリンというウエルター級の世界チャンピオンがいましたが、ガッツ石松さんを悶絶させたシーン。
http://www.youtube.com/watch?v=k33fhHJ8daY

それとロイヤル小林さんをレバー打ちでこれまた悶絶させたリングの貴公子アルゲリョ。
http://www.youtube.com/watch?v=ruCG8Lilm6E

古い試合ですが、こういうシーンを何度も見て来ましたから余計に内山選手の強さ凄さがわかります。
右わき腹から入ってレバーを心臓めがけ斜め上に押し上げ、更に拳を内側に返してフォロースルーを加えるとボディなのに「バキッ!」という衝撃音が確かに聞こえる事があるそうです。
ガッツさんもその音を聞いたらしいですが、その間にある胃は板挟みになって瞬間ペチャンコ!胃液が出るそうです。
今回の内山選手もそんな擬音を使って表現してましたが、レバーをえぐられて自分の体からそんなのが伝わって聞こえてきたら・・ああ、もう想像しただけで逝ってしまいます(笑
2013.05.09 20:19 | URL | #bH1htKmU [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
さっき録画見ました。文脈を一切断ち切るような凄いKOでしたね。理詰めでも倒せる内山ですがこういう試合が出来るのも魅力ですね。
2013.05.10 00:46 | URL | #- [edit]
BOXING FACE says... "思い込みです"
「意識」も「気負い」もありません。眼の前の相手にのみ集中していました。
あなたの思い込みです。
2013.05.10 22:58 | URL | #- [edit]
B .B says... ""
コメントありがとうございます!

>思い込みです

その通り内山賛歌が過ぎての思い込み観戦記です。
ストイックな内山選手、大人ボクサーの内山選手に限ってそんな事はないだろうと思いつつ、序盤の試合の作り方に対する疑問をあのように表現しました。
2013.05.11 07:48 | URL | #bH1htKmU [edit]
いやまじで says... ""
内山選手はボディで倒す前にかなり相手にダメージ与えてましたね。

パーラは動きが細かく自分のリズムを持っていたので、内山としては自分のリズムをつくるのに少し時間がかかったのではないでしょうか。特にパーラのジャブのタイミングや角度を読み切るまでは、ポイントロスしないためということもあって、多少追いかけるというか捕まえに行く形になったと思います。パーラの動きの止まる瞬間を見つけてパンチをまとめようとしていたように見えました。空振りも多かったですが、大振りはしていないので、バランスは良かったです。体のキレもよかった。それが最後のボディショットにつながったかなと。

ガンボア戦がなくなりましたが、内山自身はメンタル・コントロールのできる選手ですから。
ただファンとしてはビッグマッチを期待してしまいますね。
2013.05.16 01:05 | URL | #Twj7/TDM [edit]
B .B says... ""
となると現実的には、やはり先ずは三浦選手との王座統一戦になりますかね。
2013.05.16 20:49 | URL | #bH1htKmU [edit]
いやまじで says... ""
三浦選手は場数も踏みましたし、周囲の動きを見てもその方向に向かっているように見えます。
タイミングとしてはいいですね。

正直海外のビッグネームは転級しちゃってますし、統一戦の相手を見ても三浦選手が最も面白いと思います。
2013.05.17 08:40 | URL | #Twj7/TDM [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/183-f6dd234d