HARD BLOW !

速報!! 石田、高山

〇石田、敗れる

初回は両者共に慎重な立ち上がり。特にゴロフキンは石田の力を警戒してか、前には出るものの強振せずジャブを突いてくる。石田は下がることなくこちらもジャブと左フックで応戦。1、2Rは静かだが緊張感のある試合展開。ゴロフキンのジャブが何度も石田をとらえていた。

3回、石田がバックステップを踏んだところ、ゴロフキンが鋭い踏み込みからスイング気味の右を石田の顎にヒット。石田は上半身をロープ外に出し昏倒。失神状態。まさにゴロフキンの一発で石田KO負け。静かな展開から一瞬の突風で根こそぎ持って行かれたような感がありました。

ゴロフキンは石田に対して油断する選手ではなく、石田の動きを十分見極めた上で狙った一発のように見えた。この選手は強い。

石田はゴロフキン相手に下がることなく戦った。下がってさばくのではなく攻めて勝つことを狙っていた。

初のKO負けで石田はショックだろうが、このステージに来たこと自体が賞賛に値する。この日はゴロフキンが強過ぎたとしかいようがない。この階級の実力者としてまだまだ頑張ってほしい。

****

〇高山、ユナニマス戴冠

高山選手の試合は見ることができませんしたが、Boxrecによると3-0判定勝利。見事にIBF世界ミニマム級王者に就きました。海外・敵地での王座奪取は見事と言うほかありません。

戦前の予想では、チャンピオンサイドの実力・経験値、初防衛・凱旋でかかるプレッシャーなどから、高山にチャンスは十分ありと見ましたが、何と言っても敵地。判定での勝利は難しい。となるとKOを狙うしかない。それらを考えると必ずしも高山の勝利は計算できないものでした。

4団体制覇の夢を追って海外へ飛びだした高山選手。この勝利はうれしいだろう。今はこの勝利の味をしっかりかみしめてほしい。

日本人にとって困難とされていた海外での世界奪取、そのハードルを下げたという意味でも価値ある勝利だったと思います。

by いやまじで

Comment

B .B says... ""
初のKO負けは残念でしたけど、石田選手にはとにかくお疲れ様!と言いたいですね。
ゴロフキンはこれまでの対戦者よりも数段強かったという事。
ただのパンチャーではありませんでした。

高山選手、執念の載冠にはただただ頭が下がります。
凱旋試合は是非日本で!

2013.03.31 18:54 | URL | #65fpICiI [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
高山凄い仕事をしました。あらゆる意味でエポックな事件だと思います。

森田事務局長は高山よりライセンスの申請があればライセンスを出す旨早くも発言してますが、IBFへの加盟は4月1日で、認可前のタイトル獲得は大沢選手のケースとなんら変らないのですが、何で一方は処罰で一方はジムに所属すらしていない段階でライセンスを出すことを明言しちゃうのでしょうか?どうもルールや基準と言うものが分かっていないようですね。ジャッジやレフェリーをやる人がこういう無原則な判断をしてていいんでしょうかね?
2013.03.31 19:25 | URL | #- [edit]
オルフェーブル says... ""
高山おめでとう!です。敵地判定あっぱれですね。ライトフライでvs井岡にならないかな。たしか高山が希望すればJBC所属となる?ようですが、どちらを選択するんでしょうね。残すはWBOですね。高山ファンでコメント書いていた方も、おめでとうございます!

石田は外国を転戦してから、日本にいたときよりも強くなったと思います。この階級、日本で一番強い選手でしょう。綺麗なスタイルですが、今回は今まで以上に積極的にいった印象でした。ゴロフキン予想以上に強かった。淵上敗戦の時は経験不足どうこう言われてましたが、そういうわけではなかったんですね。

ついでに、ここに書いてしまいますが⇒海外では、石本もやりましたね!正直ノーマークでした笑。ごめんなさい。ビロリアあんだけロマゴンに自信満々だったのに。以前、別記事で書きましたが、ロマゴンは好敵手がいれば、もっと強くなると思っているので、残念です。井岡とは来年期待してます。
2013.04.16 04:31 | URL | #cC1WGdRU [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/155-1526168c