HARD BLOW !

検証・JBC問題 安河内剛氏との会談が実現

このブログのメンバーが集まった経緯は、既に各人の記事で述べられている通り、拳論主導で結成された市民団体(笑)がきっかけでした。
そして、その後起こった様々な出来事について説明してきたわけですが、では、そもそもその市民団体(笑)が出来たきっかけとなった「JBC問題」とは、一体なんだったんだろうか?という疑問が当然に浮かんできます。

それまで、色々な業界の方と会うことで、真に実になる情報を集める作業をしていましたが、ことJBC問題に関しては、直接的な情報や証言というものに触れてはおりません。と言うのも、普段私たちが接しているのはプロモーター・会長・トレーナー・選手といった、いわば「業者サイド」の方々である為、JBC問題についてはほとんど語られることがなかったからです。
そういう方々は、いい試合・いい興行をするべく努力しているわけですから、そのような話題の流れで「コミッションの役割」といった話になることはあっても、「いつだかの揉め事」についてわざわざ語る必要もないというところでしょう。
そういう時の当ブログのスタンスは「とりあえず当事者に会っちゃえ!」なんですが、さて誰に会ったらいいものか?

市民団体(笑)がまだ存在していた頃、私たち(団体メンバーのみならず、拳論の読者も)は主に拳論サイドからの情報を基に「安河内はけしからん!」と息巻いておりました。
思い返せば、亀田一家についても、ランダエタ戦までは各メディアがこぞって持ち上げている状況の中で異を唱えていたのが拳論であり、「本質を鋭く突くジャーナリスト集団」という信頼感から、これはきっと何かが隠されているに違いないと思いこんでおりました。

しかし、市民団体(笑)結成後間もなく、安河内事務局長の降格が発表され、その頃から雲行きが怪しくなっていきます。
まず、安河内氏の降格という結果を出した「改革派」ですが、当然 益々気合が入ってるかと思いきや、その後伝わってくる声は「ファンの皆さんは、今はとりあえず見守っていてください」なんていう元気のなさ。
このおとなしい発言のことは、4時起き氏の口からも、また他の人経由でも聞きましたが、しかしそうなると「それじゃあ我々は当面何をすればいいんだろう?」と戸惑ってしまい、そうこうするうちにボク愛さんの除名騒動があり、なし崩し的に市民団体(笑)の活動はフェードアウトしていきました。

ちなみにこの当時、私たちの行動の根拠となっていたのが、安河内氏に対する「20項目に及ぶ告発」と呼ばれるものです。
これは、正義に燃えるJBC職員・試合役員たちが、氏の悪行を詳細に調べ上げたものということでしたが、私たちは現物を見ていないので、どういった内容かわかりません。
ただ一度だけ、市民団体(笑)の第一回会合の前日に、K記者・4時起き氏・ボク愛氏・私・オマケもう一人、というメンバーで会合を持った晩に、その告発文のコピーを少し見せてもらったことはありました。

私はその時点で、これが翌日の会合でテーマになる為、その前に自分に見せてくれたものと思い、何なら持って帰っていいのかな?くらいに考えていたのでノンビリ斜め読みしていたら、K記者から「あ、じゃあ一旦返してください」と言われて取られちゃったので、ほとんど内容を覚えていません。
翌日の会合でも「こういった内容の告発がされました」という発表のみで、現物の提示はなし。
その時は「やはり外部のファンにおおっぴらに見せちゃまずいんだろうな」と納得するしかなかったですが、結局その後、告発の内容も、その調査の結果もわからないまま、「ファンの方は見守っててね」状態になってしまい、出てきたのは結局「(不当に入手したと思しい)フグの領収書」のみという結末でした。

それからは、これも各人の回想にある通り、ドタバタとしたことが続いたんですが、これまで「彼ら」がやってきたこと(それはJBC問題に限らず、それ以外のことも含めて)に関する情報や証言を集めていくと、見事なまでに同じパターンの繰り返しで、もはや「様式美」のレベルに到達しているといってもいいでしょう。実際このブログにも、かつて「彼ら」と関わったことのある方々からメール等をいただいております。
そう考えると、あのJBC問題で私たちが「彼ら」に刷り込まれていた事柄の大部分は、もうその時点でかなり怪しいと言わざるを得ない。

ならば、星の数ほども挙げられていた疑惑について、まずご本人に聞いてみよう、ということになりました。
皆さんご存知、安河内剛さんです。

かつて「日本ボクシング振興会」という仮面を勝手に被らされて、好き放題叩かれていた勝又会長にお会いしたのと同じパターンです。
真偽の判断は冷静にしなければならないですが、少なくとも肉声による生の情報は、それだけで一定の価値を持ちます。誰かさん達の大好きなネット上の噂や都市伝説の類は、真剣な議論にはまったく不要です(というか、自らバンバン嘘っぱちを流布するから余計にタチが悪いんですが)。

そんなわけで、以前から私たちは「一度、安河内氏からも直に話を聞きたい」と思っていたものの、すでに業界から離れた方ですし、そう簡単に会えるとも思えないので、特段その為に努力をしたわけではありません。
そんなある時、安河内氏とつながりを持つ方とご縁ができ、その方のご尽力で会う約束をしていただきましたが、当日を迎えるまではかなり緊張しました。

勝又会長の時も、それまでネット上で散々悪党だという刷り込みをされてましたが、私が会う前にすでにボク愛さんがお会いしており、その時の様子を予め聞いていたので、個人的には安心して(笑)会うことが出来ました。
しかし安河内氏の場合は、まったく想像がつきません。
よく写真で見る表情は、眉間にしわを寄せた厳しい顔つきが多く、ウソかもしれないとはいいながらも、あれだけの悪事を遂行したという話を聞かされているので、「現時点で、何の足しにもならないファン風情と会うなんて、何か企んでいるんじゃあるまいな?」なんてことまで考えてたりして。
まあ企み云々は冗談にしても、互いに慎重に言葉を選び、「先に口を開いた方が負け」的な、緊張感バリバリな会談を想像していました。しかし…

人はみかけによらないとはよく言ったものです。
待ち合わせた店に入ってきた安河内氏の第一印象は、「愛想と調子だけはいい車のセールスマン」といった感じ(笑)。いや、あえて想像とのギャップを表す為に失礼な書き方をしてしまいましたが、一気に場の空気が緩みました。
お酒は飲まない方なんですが「いや、僕はコーラだけでテンション上げられますんで!」とか、すすんで料理を取り分けながら「いつもこんなことばっかやらされてるんですよ、ええ。もうホントにキャバクラとか連れてってもらったことなんかないんすから(笑)」といったキャラクター。

自らの性格を「超楽天的、楽観主義者で、胃が痛くなったことがない」と言う安河内氏。
そんな方ですから、今まで4回お会いしてますが、いずれも時間を忘れてボクシング談義に花が咲きます。そんな氏の人物像やボクシング観等についても記事を書きたいと思いますが、まず今回私が書くのはあくまでも「あの頃のJBC問題について」です。

といっても、氏にかけられた疑惑はハンパな数じゃありません。
お会いした計4回で、(普通のボクシング談義や雑談も含めて)お話した時間はトータルで20時間をゆうに越えていますし、地裁へ行き公判資料も調べました。
それらすべてを書いていたらいつまでかかるかわかりませんので、詳述するのはいくつかに絞って書きたいと思います。

ただしおことわりしておきますが、いくら人間的な部分で好感を持ったからといっても、安河内氏にとって有利になるほんの一部のことだけを大きく取り上げ、その他大部分の都合が悪いところは省く、なんてことはしてませんので。
普段自分がそういうことばっかりやってる人ほど、そういう難癖つけてきそうですけどね。
また現在、安河内氏含め数名の方の裁判が進行中ですので、事実認定等に関して安易に断言はいたしません。あくまでも「この人はこう言ってる」「このことはここに記録されている」といった書き方に留めます。
ただ当然、それに対する「私はこう思う」「それは信じられない」といった自分の意見は書いていきます。

今まで色々な業界の方とお会いしましたが、私にとってこの安河内氏との出会いはインパクトがケタ違いにデカいです。
上にも書いた通り、ご本人について勝手に抱いていたイメージとのギャップもそうですが、その口から語られた数々の出来事には圧倒されっぱなしでした。
今は書けないこと、今後書けるかもしれないこと等たくさんありますが、まずは第一弾を次稿でお届けします。

(ウチ猫)

Comment

榎洋之 says... "JBC"
どうやって投稿するかわかりません。ためしで一回やってみます。
2013.02.09 13:26 | URL | #z8Ev11P6 [edit]
ホシイモ says... ""
リアルで前事務局長とボクシングファン代表で座談会やったのでつか汗
すごすぎつ
当時はかなりあつくなりましたね

うまくいきましたか大汗
2013.02.09 21:19 | URL | #- [edit]
ななし。 says... ""
安河内さんをはじめ、当事者となってしまったJBC職員(裁判中ですから
元職員と書くのは間違いでしょう)もコアなボクシングファンが各方面に
話を聞いた上で、どのような話を伝えてくれるのか、固唾をのんで見守って
いることと思います。続きが早く読みたいです。
2013.02.10 01:25 | URL | #/OUezYRM [edit]
キッズリターン says... ""
ご無沙汰してます。
続きが早く知りたいです。

ウチ猫さん、色んな意味で大変でしょうが、頑張って下さい。
期待してます。
応援してます。
2013.02.10 06:53 | URL | #65fpICiI [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
安河内氏の問題については二つの視点が必要だと思います

「安河内氏をJBCから排除した理由は正当な事実に基づくものだったのか?」
という見方と
「安河内氏を排除したあとJBCは従来より良い組織になったのか?どう変ったのか?」
という見方です

2013.02.10 13:35 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/145-cb2a8ae4