HARD BLOW !

スポーツを巡る『色気』を考える

  大晦日のテレビ番組を総合格闘技の興行が席巻したのはほんの数年前のことですが、昨年末からはボクシングの興行が人気ですね。いまやボクシング中継が社運すら握る状態になったジリ貧のTBSの方は統一戦で名を上げた井岡の二階級チャレンジにチャンスをずっと待っていたスター候補宮崎亮の世界戦を抱き合わせる『井岡ジム祭り』で大衆のご機嫌を伺います。一方UHF局当時から「大晦日に誰が見てるねん」と言われ続けて来たテレビ東京は伸び盛りの若者の試合とは一味違うカードを揃えて大人の年越し狙い。三度目のチャンスに挑む河野公平、「500ラウンドスパーリングした」と言う佐藤洋太対ハードパンチャー赤穂亮、大人の魅力むんむんの内山高志という個性も強さも光る男達の三試合は「見る人は見てますよ」という中継局の方針に見事に合致したマッチメイクではありませんか。分けても若きエース井岡と双璧を張る内山高志の試合は西岡引退後の日本ボクシングの海外戦略を透視する大事な大事な試合であります。

 この二つのテレビ興行は実はラウンドガールの人選見ても中継局の方針が明確に分かります。TBS側のラウンドガールはAV業界では大変有名だと言う22歳のかわいらしい女の子ですが、テレビ東京の方は週刊誌の袋とじでおなじみの「エッチなお姉さん」壇蜜さん!当の内山も「幅広い年齢層の方に支持されてていいんじゃないでしょうか?」と的確なコメントで援護射撃する見事な人選であります。ザックリ言えばボクシングもエロも裸一貫勝負する仕事。TBS陣営の20代のピチピチした魅力かテレ東側の30代の円熟した魅力か?と問われれば40代の自分には断然後者がグッと来る!だから何だよ?と言われても困りますが何かとファミリー志向でぬるいもんばっかりになったこの建前社会でボクシング中継くらい大人の本音で作って欲しい!と強く祈念するもんであります。

 一般的にはマニアが押してると言う先入観を持ちがちの内山ですが実は女性ファンが多いのだそうです。東京のワールドスポーツに移籍した藤原トレーナーが主催するボクシングトークショーでは内山高志ゲストの回は女性客が八割だったのだとか。彼の発する落ち着いた男の色気は彼が独身である事もあいまって大人の女性を捉えて放さないのでありましょう。内山の発する男の魅力と言うのは野球選手の持ってる「経済力」とワンセットのモテ要素ともサッカー選手やモータースポーツの選手の持ってる遊び人的な軽さとも従来の格闘家の持ってる荒くれ・ヤンチャというのとも、また長谷川や内藤、村田諒太と言った「恐妻家」キャラクターとも違う曰く言いがたい魅力であります。男の色気を熱く語ってるとなんかホモみたいですが、そんな男のホモっ気も刺激する内山はきっと海外でも人気が出ると思うんだよなあ。

 スポーツ選手だけでなく役者や政治家からも色気がなくなって来た色気不足のこの日本。内山には色気の注入と言う面でも頑張ってもらいたい。本人の意向を無視して日本の色気大使に任命だ!内山の試合が序盤KO勝利で終わったら壇蜜さんと野球拳でカウントダウンすれば男も女も大満足で紅白越えも見えてくる?!がんばれ内山、テレビ東京!なんだこの結論?でもたまにはこういう文章もいいでしょ?

 色気と無縁の40代(旧徳山と長谷川が好きです)

Comment

B.B says... ""
いやはや実に面白い切り口に大笑いしました(笑

しかしAV女優という職業も今ではちゃんと市民権を得ているという事なんですねぇ・・
僕らの世代は「洗濯屋○○ちゃん」とか、表に出無いもんが秘め事のワクワク感をそそるという需要を呼んで大騒ぎになりましたし、袋とじなんかも他愛無いんですけどドキドキしてしまうとか。
まぁ、エロは秘めてこそエロ!と言うのは僕の持論でしてイカンですな、この風潮は。
あまりにオープンになってしまう時代背景には大人の楽しみが少なくなって、ここに少子化問題の遠因があるのではないかと大真面目。
春画が大流行りした江戸時代にも少子化が問題となったと、どこかで聞いた気がしますが・・
うん、やっぱり隠すもんは隠さないと少子化に繋がるんだな、これが(笑

あら、記事とだいぶ離れてしまいましたので、どなたか軌道修正を(笑
2012.12.29 16:55 | URL | #65fpICiI [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
 ラウンドガールというのはやはりアメリカのショウビジネスで始まったものなのでしょうか?日本人の発想には武道・スポーツととエロを混ぜると言う発想は無いでしょうね。大相撲の土俵などは未だに女人禁制ですからねえ。
 チアガールというのはアメリカ文化だと思いますが、あれは頑張ったスポーツ選手の『ご褒美』といいますか、「勝ったら私が手に入るわよ」という存在だと思います。最近のスポーツマンガのヒロインの扱いなんかは完全にそうなってますね。梶原一騎の時代とは全然違う。星飛雄馬や矢吹丈の恋愛描写なんか重すぎるもんなあ。相撲やプロレスの世界では美女を『金星』と表現するそうですが、それもあくまで符丁だったのものがいまや公然化している。モテたことが原因で躓くというのはタイガーウッズなんか典型ですが、表面上のイメージが爽やかだと逆にダメージがデカいですね。遊んでるんだろうなあと思われてる選手にとってはイメージアップになったり。
 競技の強さと言う面だけでなくイメージと言う面でも内山の立ち位置というのはやはり絶妙に見えます。だからモテるのだと思えてなりません
2012.12.29 19:59 | URL | #- [edit]
いやまじで says... ""
いやあTBSの洗濯いや選択はどうですかね。まだ少年のたたずまいの残る井岡とAV女優というのは組み合わせとしてはシッチャカメッチャカというか、なりふり構わなぬというか見えてない感がありますが、それに比べるとテレ東は大人ですね。健全アダルト路線とでもいいましょうか。

そういえば内山の相手のブライアン・バスケスの最近戦で女性レフェリーが裁いていて、ボクサーのグローブを胴でゴシゴシしたりするときに選手がムラムラこないか心配しながら見てましたが、向こうはそういうムラムラも戦いのエネルギーに転化させる術を持っているように見えました(笑。 日本は儒教道徳の影響でエロを遠ざけますが所詮は建前、やせ我慢、その実態はむっつりスケベの世界だと思います。サイドストーリーから見れば超真面目人にして常識人である内山がかくも女性に人気があるのは、ちょっとアダルトなあの雰囲気だと思います。これこそ生まれもったものとしか言いようがないです。野球拳を迫られても断るでしょうが、それがまた何とも大人なコメントしそうで非常に楽しみであります。
2012.12.30 04:37 | URL | #Twj7/TDM [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
ちなみにTBSのAVの子は報道では「セクシータレント」というオブラートにくるんだ表現になってますね。昔はポルノ女優というステキな表現があったのですが。マッチメイクからラウンドガールまで仕事が丁寧で一貫してるのは断然テレ東でしょう。
2012.12.30 13:30 | URL | #- [edit]
等々力酸素魚雷 says... ""
そう言えばちょっと前にパリンヤーなるオカマムエタイ戦士がいましたよね。彼?は有名になり定期的に女性ホルモンを注射しだしてから黒星が増えていったと聞いたことがあります。やっぱり男性ホルモンってのは闘争本能の原点なんでしょうか。
2012.12.30 22:02 | URL | #- [edit]
B.B says... ""
闘争本能で言えば現実的には女性の方が強いのでは?と経験上・・思います(笑
男性のそれはまさに衝動的ともいえ直ちに表面化しますけど、女性のそれは中々表に出ませんが、永続的でこっちの方が実は恐い(笑

そういえば女性闘士という言葉がかつてありましたが、妙にエロティシズムを感じるんだよなぁ。
同じように女性もリングのボクサーにそれを感じるらしい。
内山高志のストイックな生き様が更にその魅力を増しているというか、女性はそれを本能的に感じるのでしょうね。
2012.12.31 09:12 | URL | #65fpICiI [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/137-c39c5525