HARD BLOW !

2012年12月22日 長谷川穂積再起第二戦と言うよりツニャカオ挑戦者決定戦 

 1222 神戸 全景
 観戦は諦めていたのですがひょっこりと空きが出来たので観戦できたこの興行。いまや井岡がエースと言う関西ボクシング界ですが、もう一人のメジャーファイター長谷川も地元神戸で完全復活をアピールし世界戦への機運を盛り上げたいところ。今回のウエートは55.8キロ契約体重ですがスーパーバンタムへの転級をアナウンスしての一戦。なんだかんだで落ち着くところに落ち着いたと言う感じであります。会場は昭和テイストが嬉しい神戸市立中央体育館。大一枚という貧乏人の自分にはややキビシい当日券を握り締めて(後から来た親子連れは「エー一万しかないの!」と尻込み)エイヤと入場すると、パイプイスは後ろまでビッチリ並んでいるし、セミセミの時点で二階も9分の入り。駐車場は満車で行列が出来ていたし、ラウンドガールはパチンコメーカーのキャンギャルだし、照明用のトラスもあるし、スポンサーの横断幕も多いし地元神戸では長谷川の神通力はまだまだ健在。はっきり言って関西の興行では世界戦でもないのにこの陣容はかなりゴージャスであります。

 長谷川の復帰戦は勿論ですが今夜の自分の目当てはマルコム・ツニャカオ×クリスチャン・エスキベルの世界挑戦者決定戦。現在のランキングは一位なんだし山中×エスキベルの再戦なんて新鮮味ないし普通に指名挑戦でいいんじゃないの?という根本的な疑問はあるものの、まあこれで勝てば確実に世界戦が出来るなら結構なもんであります。ラウンド数は世界戦と同じ12Rで中間採点発表まであるというこの試合、不可解な停電事件のあと負けたエスキベルにも期するものはあるでしょう。その26歳エスキベルに対して、ツニャカオは大ヴェテランながら最近は老いて尚フレッシュな試合振りが目立ちます。テクニカルなアウトボクサーながら決めも強くなっている奇跡の35歳は髪も金髪に染めちゃって気持ちも若い!毛髪だけでなくファイトスタイルも対照的な二人の試合やいかに!だが最近のツニャカオの充実振りや相性を考えればツニャカオの優位は揺るぐまいという私の予想通り、ツニャの良く伸びるリード→ボディストレートというシンプルなワンツーでエスキベルは突き放されるのみ。強引に飛び込めばコンパクトな右アッパーに迎撃され、35歳とは思えぬスピードにも幻惑される。4R時点でジャッジは3者フルマークという一方的な展開。距離を支配されたエスキベルはなんとか距離を詰めたいがその焦りがバッティングを呼んでツニャカオがカット。切れていないエスキベルから減点1で序盤で6ポイント差の上局面打開もならずいよいよ勝ち筋がなくなったエスキベル。ツニャカオにすればこの試合は勝てばよい試合であり自分から試合を動かす必要がなくなったその時、あとの無くなったエスキベルは6Rからヤケクソな前進を敢行して勝利への執念を見せます。しかしそれはツニャカオの思う壺、エスキベルの突進を左右に動いていなしフックアッパーを痛打。エスキベルはたまらず背中を向けるがツニャカオを後頭部を打ってしまい注意で試合が止まりこのラウンドはチャンスを逃す。しかしもはやフィニッシュは時間の問題、と思われた7Rツニャカオがコーナーで大きな右アッパーを決めてエスキベルは一発で足に来る。エスキベルがコーナーに詰まったところでツニャはガードの隙間を探して冷静にショートを打ち分けてエスキベルは崩れるようにダウン。エスキベルは動けずレフェリーはカウントを止めツニャカオの完勝となりました。もともと持っていたテクニックにベテランらしい冷静さ、落ちないスピードや反応の速さ旺盛なスタミナなどフィジカルの充実振りも加わってまさに充実一途。山中との対戦はマニア垂涎の一戦となりそうです。勝利者インタビューでは「山中は友人でいいチャンピオンで人間的にもいい人。でも試合だから勝ってチャンピオンになる」と宣言、最後に片言の日本語で「カメダトモキウソツキ」とかましてファンの笑いを誘ってリングを降りました。メインまでの休憩時間ふと真後ろの通路を見るとファンと気さくに写メ撮影に応じる山中チャンプの姿が。次々と現れるファンと笑顔で撮影に応じる姿がとても印象的。本当にどっちにも勝って欲しいなあと月並みな感慨が…

 メインの前にチャンピオンカーニバルに出場する真正ジムの三選手―ヴェテランの大場、TKO負けから再起した鈴木、「マナカネに勝った男」菊池と言う三選手がリング上で挨拶。真正ジムの充実振りが伝わってきます。

 会場がジックリと暖まったところでいよいよ真打長谷川が登場です。と聞きなれぬJPOPが鳴り響き長谷川が登場。あれ?ENYAは?あの曲で荘厳にアガりたかったのに。長谷川のブログに良く出てくるあの歌手が作った曲かな?うーんまあ本人の意向だろうけどうーん。まあいいけどうーんと軽い戸惑いのなか対戦相手を見れば落ち着き払ったなかなかの面構え。北京のオリンピアンにしてマイナー団体WBFの世界タイトルも持ってるアルツロ・サントス君26歳の世界ランクはパンフではWBC15位、報道では18位。果たしてどの程度デキる相手なのか?と見てみるとバランスのいいフォームできれいなパンチを繰り出すあたりオリンピアンの看板は伊達じゃない。戦意も充分で長谷川に果敢にラッシュを仕掛ける。一方の長谷川は丁寧にリードをついて左につなげ、ムキになって打ち合いに応じる悪癖も今日は出ない。テーマを持った試合をしてる事はセコンドの「回れ」「ガード」という指示からも明らか。打たせず打つ、力まずスピードを生かして戦う。それは世界戦でのKO負けや再起戦を踏まえた上での陣営と選手本人の総意なのでしょうが、しかし世界戦で10回防衛したボクサーに6回戦のような指示が飛ぶのもなんだか複雑といえば複雑。離れている時は柔らかい動きも接近戦になるとやはり絶好調時に比べれば力みが感じられる。対戦相手のサントスが好選手と言う事もあって単発のヒットはあるものの大きな見せ場を作れないまま後半戦9R。ここで長谷川は持ち前のプロ意識からサントスの前進を受け止めて打ち合いを披露。見せ場つくり大きな左に得意の右フックもヒット。明確な攻勢をアピール。最終10Rにはタフに動いていたサントスに疲れの色が浮かび、打ち合いにひるむ場面も。採点結果は2~5ポイント差、3-0で長谷川の判定勝ち。練習台というと失礼ですが好選手サントス相手にテーマを持って10R戦えたことは陣営には収穫のあるよいマッチメイクだったでしょう。勝利者インタビューで長谷川も「つまらない試合をする事がテーマでしたがついつい後半やっちゃいました」と言ってましたが当初の予定通りだったのでしょう。来年には世界戦という力強い宣言も聞かれました。がしかし今夜の試合でファンにその機運が高まったかというとそこはまた疑問で、単純にツニャカオの見せた充実振りに比べればやはり物足りない内容でした。絶好調時のKOを連発していた力まずに打ち抜く連打は果たして復活するのか?ジョニゴン戦時は燃え尽きていたという闘志は蘇るのか?この夜の試合の延長上にそれはあるのか?ファンとしてはただ復活を祈りたいと思います。ただ彼のキャリアのスト-リーは少なくともボクシング好きには深く浸透しており、彼がいう「つまらない試合」が何を意図していたのかということは会場でも報道でもネットのボクシング論壇でも共有されていたと思います。そういう歴史を共有しているファン・関係者が数多いるということが彼の人気の強さであると思います。

サントスくん

判定に不服そうなサントス君 「グッドファイト」と声をかけると「サンキュー」と英語で答えてくれました


 今年はこれで最後の生観戦です(旧徳山と長谷川が好きです)

Comment

ウチ猫 says... ""
今回の長谷川選手、まずまず無難に戦いましたが、逆に「過剰にディフェンスを意識しすぎ」ではないかな、と感じました。
ディフェンスで魅せようとしすぎ、とでもいいますか、サントスが詰めてきてコンビネーションを打ってくる時など、見るからに「避けるのに集中」という感があり、それゆえ固い動き・攻防分離に見えてしまう。
あんなにハデに上半身を動かさなくても、もっとリラックスして足を使い、速くて細かいパンチを相手の連打の隙間に打てたと思うんですけどね。野球でいえば、本当に守備の上手い選手は、常にボールを正面で取れるような予測・動きをするので派手なファインプレーが少ない、というような感じで。
まあ足の故障の影響もあったかもしれませんし、サントスもいい選手でしたので、まずは生き残ったことが大事でしょう。

ツニャカオの試合は、KOラウンドの7回しか放送されませんでしたが、いやいや元気じゃないですか。最近ではついつい「中ちゃん」と間違えてしまうほど、真正セコンド陣の中に馴染んでしまってますが(笑)、スピードだけなら山中選手の上を行っていると思いますね。
それでも予想となるとチャンピオン有利と思いますので、どうせなら楽な方の「チャンピョン」とやって欲しい気もしますが…でも試合として面白い方を見たいですからね。あの「チャンピョン」とやるとなると、もう別の競技になっちゃいますから彼はスルーしましょう。
2012.12.23 18:08 | URL | #C1S5FS7c [edit]
B.B says... ""
ジョニー・ゴンザレスに負けた後、静かにグローブを置くのかと思いましたが、ここまで良くモチベーションを上げて来ましたよね。
モンティエルとはスプリット判定まで持っていったサントス相手でしたから、長谷川選手に気負いはないかと心配してました。
修正が見られたのはリードをしっかり強く打っていた事ですが、スピードも見切りも良い頃のボクシングが復活して来たと思います。
長谷川選手が「防御が先にあっての僕のボクシング」と言ったそうですが、改めてなるほどと思いました。
ただ、注文を付けると頭の位置が変わらない事、単調な攻撃パターンが読まれていた事です。
ロープを背負うシーンもあまり見たくない事と、終盤に見せたボディ打ちをもっと早く出せれば展開はもっと楽ではなかったかと。
もっとも「次は世界」と口にするほどでしたから、この日は記事にある通り別のテーマがあったのかも知れませんね。
それと、長谷川選手はやっぱり「長谷川のボクシング」がしたいんだなと感じました。

セミのツニャカオは録画中継でダイジェストだけでも見られて良かったです。
一瞬長谷川スタイル?と思えるような構えでしたが、比国人特有の体の柔らかさと頭の振りは相手に的を絞らせない、まさに攻防一体の構え。一発の鋭さは本家を凌いでいたと思います。
十数年前、母国では天才と言われて来たツニャカオも既に大ベテランの域。
異国の地で諦めずに良くここまで辛抱して来ましたね。
山中選手との試合は本当に楽しみです。

ps、「トモキウソツキ」とかましたのはどんな意味だったのだろう?(笑
2012.12.23 18:29 | URL | #65fpICiI [edit]
HARD BLOW ! says... "Re: タイトルなし"
昨日の帰り道観戦仲間の職場の同僚と話してたのも「防御を意識し過ぎる事で攻防分離になり大事なマジックが消えるのではないか」という懸念でした。真正のスタッフも誠実な仕事はしてるとは思うのですが、今の方針でいいのかなあ?と言う素朴な疑問はやはり感じます。

「トモキウソツキ」は通訳の方があえて訳さなかったのですが、「トモキは山中とやる気なんかないよ」という皮肉のニュアンスではないかと。
2012.12.23 18:54 | URL | #- [edit]
いやまじで says... ""
録画映像では控室でのウォーム・アップに本田会長の姿が見えたのが印象的でしたが、試合自体はテスト的なこともあって、久々に長谷川のキレのいい動きが見られてよかったというのが感想です。

来春には世界戦と報じられていますが、やるなら海外でやってほしいと思います(その可能性も報道されていましたが)。勝つにしても負けるにしても、彼にとって大きな刺激になるのではないか。そんな期待をもつのも、やはり彼にとって一番の問題はモーチベーションだと思うからです。

>そういう歴史を共有しているファン・関係者が数多いるということが彼の人気の強さであると思います。

彼のコメントや戦いぶりに現れる揺れを見るにつけ、そのことを彼自身がもっと理解してよいのではないかと思うところがあります。彼の魅力はそのソリッドな強さにある。彼は地上波10%止まりでもよいと思う。それ以上をとろうとしてボクシングが狂うぐらいならば。

ツニャカオはKOラウンンドだけでしたが、山中がエスキバルに勝った時よりきれいな倒し方でしたね。これは非常にスリリングな試合になりそうで楽しみです。
2012.12.24 00:24 | URL | #Twj7/TDM [edit]
等々力酸素魚雷 says... ""
長谷川選手、今回は12キロ減量ですか・・・。
本田会長曰くマレスは絶対日本に来ないと言ってるらしいのでフェザー級で挑戦となるんでしょうか。
2012.12.24 00:47 | URL | #- [edit]
オルフェーヴル says... ""
旧徳さんおつかれさまです。アリもコメントしたかったのですが、また次の機会に。

今回、率直な感想をいえば「よくわからない」です。おそらく、そもそも自分は長谷川のスタイルがわかっていません。「ファイティング原田さんが日本のエースっていうんだから強いんだろう」というのが、最初です。試合の面白さでいえば、vsウィラポンやvs鳥海が上かなと思います。

Sバンタム転級で、下田・小国・芹江とやってもいいのではないか?とも思いましたが、今回の試合の評価(世界に向けてどうかということ)がわからないので、保留です。世界王者を楽しみにしている人が多いのはわかるけど、実際どうなんだろう?という感じです。長谷川は「世界チャンピオンの職業に戻りたい」という一方、西岡の「世界は厳しい」というコメントは、率直な気持ちなのではないかと思いました。ただKingでありたいのか、King of Kingsを目指すのか?ということです。

>大事なマジック
長谷川は前戦で「ボクシングの神さまは見えもしなかった」と言っていましたが、実のところ、今ではそんなに気にしていないのではないか?と思っています。佐々木のブログで「集中力が高まれば、周りがスローモーションに見える不思議なことがある」とありましたが、それは感覚がそうなだけであって、以前のブログで言っていた「スローモーションとは違って普通なんだけど、動きがよく見える」みたく、集中力と明晰さを兼ね備えた状態が、マジックを産むのではないかと想像しています(明晰さが負荷を強めて、時間はゆっくりといえばそうだけど普通)。

長谷川はロジックというより、感性のボクシングだと思っていて、若い頃ならボクシングの神さまに愛されることもあるけど、キャリアを積んだ今は、日本人に愛されるボクシングという方が近いんじゃないかと。『マジック』は自分へのパスだと勝手に解釈したのと、佐々木ブログ見たので、コメント書いてみました。話そうと思ったら長くなるのもあって、わけのわからんコメントだというのは自分でわかっているので、突っ込みはなしでお願いします(笑)。おやすみなさい。良いお年を!
2012.12.29 03:26 | URL | #aSWljPL2 [edit]
シジミを品種改良して大きくしたい(旧徳山と長谷川が好きです) says... ""
長谷川の強さというとクイックネスとアジリティを備えた速さに、パンチの正確さでしょうか。ピンポイントでダメージブローを打つことでKOを重ねてきた。そのメカニクスがどうも狂っているのではないかというのが絶好調時との比較で感じる事です。それがもし視力や反応の低下から来ているのなら手法の組直しが必要でしょう。でも彼は自分のボクシングに拘りがあるでしょうね
2012.12.29 21:06 | URL | #- [edit]
オルフェーヴル says... ""
「マジック」について書き直します。(もちろん仮説といえるようなものではなく)個人的な感想です。

ディープピープルという番組で、浜田さん・畑山・長谷川の3人が対談したのを見たんですが、、その中で浜田さんは、集中すると「1秒でいろんなこと(あらゆること)が考えられる」と言っていました。畑山も普通に同意する感じ。深く集中するのは、オンオフ等に個人差はあっても、オートマティックなのがセオリーだと思います。畑山は「減量して練習してると研ぎ澄まされて、銃弾でも避けられるような気がしてくる(それぐらいの気持ち)」と言っていました。

深く集中するのは普通、心地良いものだし、余すことない解(行動)を導いてくれますが、それは同時に(知らず知らず)リミッターがかかることで成り立っているもの。解がわかるというのは、その一つとして、ナチュラルタイミング(その時)がわかるということでもありますが、相手が強くなるに従って、閃きにくくなってくる。

だから、未知の領域に立ち向かう(解を出す)には、より強い意志が必要になってきて、(あくまで)例えば、1秒をより細かく刻んでいくとか(1秒は1秒のまま)。そうすることで、負荷が強まっていって(より深い集中というベクトルを与え)、神経系の限界に達すると、禅でいうところの身心脱落と呼ばれるものがあるんじゃないかと。

それは「事の起こり」に立ち会うことに繋がっていて、もし経験すれば明確に気づくはず。結果的に、身と心の関係性もわかるだろうと思います。もちろん、物理的に新しい宇宙が産まれるとか言ってるわけではないですが、例えば、猿が言語を獲得する条件の一つとして、こういった現象もあったのではないか想像しています。とてもロジックとは呼べないような、インスピレーションが伴うというか、だから榎本喜八さんのような「神の域」という'表現'になるのではないか。

端的に言えばゼロという概念を知る(体感する)わけですが、つまり、0から1を創造するのと、1から2.3と構築していく手法は異なります。現代人は知ってると思っていますが、実はわかっていない人が多いでしょう(言ってみれば、0から1.2.3と構築している)。そしておそらく、そこに至る(ゼロを知る)には、「虚」というものがイメージできてなきゃいけないような気がします。ただ、そもそも解剖しても見当たらないのが、人間の心ですから、本来イメージなんて自由です。外と触れ合う時に「実」であればいいだけ。

長谷川は「パンチが来るのが呼吸(かなんか)でわかる」と言っていましたが、この「なんか」を含めて、余すことなくイメージするのが基本ではないかと思います。現代では特に、曖昧なものをロジックにより切り捨てていきますが、それならそれで、残ったものをまとめて具象化(心で形にする)すればいい…のですが、おそらくピンと来ない人の方が多いかも。すぐに形にならないとしても、曖昧なものを心の片隅に残しておくことができるかどうか?というのが大切になってくると思います。メイウェザーのL字ガードというのも、具象化(発明)の一例でしょう。

内なるイメージは、外界(社会)とはことなった異界であり、子供から出てくる表現なんかは面白いですよね。なんかしらの情報を余すことなくイメージする能力は、大人よりも子供の方が残っていますが、それは、成熟しきっていない未分化なところに助けられている側面もあって、(自然に従うと同時に)自分の意志で外界を制御しようという心構えを持っていないと、(全体的にはともかく)精緻に理解することは、難しいのではないかと思います。キャリアを積むに従って、総合と統合の両方が必要になってくるということになるかな。

ナチュラルタイミングに関わる「マジック」というのは、トリックというニュアンスではなく、イメージによる創造という風にとらえています。自分の場合は、こんな感じですね。
2013.01.03 11:14 | URL | #aSWljPL2 [edit]
オルフェーヴル says... ""
本題に戻って。長谷川はスピードに優れた選手だと思っています。クイックネスはモンティエルの方が優れているのではないか?と(戦前)思っていましたし。ジョニーゴンザレス戦だと、アジリティーとポジショニングをうまく絡めれば(パッキャオのように)ボクシングの幅が広がっていくのではないか?と。スマートに分析するのが得意で、ウィラポン戦では、より精緻な戦い方ができていた印象あります。感性(美的感覚)と絡み合った、魅力あるスタイルだったなと。長谷川の中では、ウィラポン戦のKOイメージが残っているんじゃないでしょうか?

上で「ロジックというより感性」と書きましたが(ロジック⇔感性ではなく、動物的感覚の対極にロジックがあるという考え方です)、せやねんを見て「ロジックというより感性による駆け引き」で戦っているのかなという感想を持ちました。長谷川は、インテリジェンスによる駆け引きをしているんでしょうけど、自分的にはジャブで試合を構築していかないところが気になっています。山下トレーナーは「論理の果てに直感が産まれる」という考え方だそうですが、そうするには、ジャブをいろいろ使った方が良い(セオリー)のではないかと。

視力ということでは、飯田が取り入れたビジョントレーニングを思い出しました。たしか上の方を見る力がどちらか弱くて、それで顎が上がる癖があったとか。メイウェザーは、相手の足と目を見て、試合しているそうですよ。
2013.01.03 11:41 | URL | #aSWljPL2 [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/136-165f8877