HARD BLOW !

粟生、敗れる!!

東京国際フォーラムで行われたWBC世界SFe級タイトルマッチ、粟生隆寛vsガマリエル・ディアスの試合は、3-0のUDで挑戦者ディアスが新チャンピオンとなった。(TV観戦)

 それにしても、
「もうー、何やってんだよ、粟生!!」
 と、言いたい気分である。
 この日の粟生を見ていて感じたのは、

〇流れが悪い時にリズムを変えて、ペースを引き寄せること。

〇相手の動きを待つのではなく、自分の動きで相手を動かすこと。

 こういったことができなかったということだ。
 今日の粟生は、極力前に出てディアスの突進を制し、近い距離でパンチを当ててダメージを与え、その結果のKO勝利、というのがファイトプランだったろう。戦いぶりを見る限りそう思える。しかし、ディアスもさるもの、もともとよく伸びる右を長短・強弱・上下左右、と変化をつけて使い、粟生にタイミングをつかませなかった。これに対して粟生は新な対応策を見出せなかった。もちろんディアスを研究して、それに応じたトレーニングもしてきただろうが、実際に戦って作戦が功を奏さなかった時、次に何をすべきかを見いだせなかったようである。あるいは、帰るべき自分のボクシングを見失ったのかもしれない。いたずらに前に出るもののパンチが出ず自分は被弾する。被弾するからますます手が出なくなる。カットし、スタミナロスし、ポイントをリードされ、終盤逆転KOを狙うしかなくなるというのは、粟生の試合ではない。
 査定マッチという文脈が粟生の戦い方に影響はしただろうが、それは言い訳にならない。勝利(防衛)という最低限の結果を残せなかたことは、プロとしての能力の一つ(危機管理能力)の欠如を表すのだから。
 この試合は粟生にとってキャリアの転換点、飛躍へのステップとなるべき試合だった。しかし、粟生は敗れた。その事実は誰よりも粟生自身に重くのしかかっていることだろう。
 試合内容から見て、粟生はディアスより弱かった。とすれば、粟生がすべきことは何か。この事実(たんに敗戦ということでなく「弱かった」ということ)を正面から受け止めること。そうしてもっと強くなること。それだけである。粟生選手、もっともっと強くなって帰ってきてくれ!!

by いやまじで

付記 ちなみに今日の中継は、解説・実況ともに粟生に過度に肩入れしていなくて安心して見ることができた。(解説は飯田・セレス・内山)

Comment

B.B says... ""
粟生選手陥落ですか・・
日本人同士の統一戦見たかったなぁ・・
痛いなぁ・・
2012.10.27 19:49 | URL | #65fpICiI [edit]
B.B says... ""
>流れが悪い時にリズムを変えて、ペースを引き寄せること。
>相手の動きを待つのではなく、自分の動きで相手を動かすこと。

今、録画観ながら書いてますが・・そうですねぇ・・
逆に挑戦者の戦いぶりからはしっかりとしたファイトプランが窺い見えましたね。
右をピタリと当てる為に前足をちゃんと粟生選手のそれの外側に踏み出してました。
サウスポー対策の基本ですが、この位置取りだけで優位な場面を作ってましたね。

粟生選手は得意のカウンターがどの場面でも当たると考えたのでしょうが、距離を掴むまでのジャブが極端に少なかった。1,2Rのビッグパンチの空振りは勘の良い粟生選手ですから、その代用かとも思いましたがそうでも無かった。
西岡・ノニト戦の影響もあったかも知れませんが、逆に学んで丁寧に試合を作って欲しかったです。
ノニトや西岡選手はその能力を最大限に引き出す為に試合中の遊びが全くありませんから。

いやぁ、しかしこの敗戦は内容からしても辛いですね。
2012.10.27 20:33 | URL | #65fpICiI [edit]
ウチ猫 says... ""
粟生選手、どうしちゃったんでしょうね。1,2回に少々もらうのは「まだ固いのかな」というのもあるでしょうが、さして速くもないと思える右をあれだけもらい続けるというのは、何かあったんじゃないかと疑うレベルです。

どうも階級を上げてから、スタイルが変貌、というか崩れてきている気がします。これは彼が兄貴と慕う長谷川穂積選手にも感じますが、真っ正面に立ったまま、長谷川選手は連打で、粟生選手はパワーで、相手を叩き潰そうと躍起になってる感じ。
長谷川選手の場合は、手足のスピードはまだ十分に速いですから、見てる分には面白い、スリリングな試合ぶりもといえますが、昨日の粟生選手にはそれも感じなかったですね。単に不器用なファイターのようになってしまった。

それならそれで、たとえば河野選手や名城選手のように、我が道を貫くといった戦い方ならそれもアリでしょうが、そういうガムシャラさも感じないし、そもそもそんな不格好な戦術を選択する必要のない選手ですからね。

しかし私、彼のキャラクターは好きなんですよ。いや、実際の性格を知ってるわけじゃないんですけど、なんかまさに「ボクシングバカ」と言う感じがして。
昨日のゲストの内山チャンプなどは、現役のうちに政治家デビューもさせよう、なんてことを考える人がいるくらいに、他の分野でも活躍してくれそうに見えるタイプですが、粟生選手とか斉藤司選手みたいなタイプは、もうボクシングを取ったら何も残らない、と言う風に見えちゃいます。勿論これ、いい意味でですよ。

アマエリートといっても高校6冠ですよね。五輪金メダリストというわけじゃないんですから、今の実績は十分に前評判に応えていると思うんですが、なぜかいつまでも「中途半端」みたいに思われてそうなのも可哀そうですよね。
ここ最近の日本人世界王者が、色んな意味で個性的だというのも、彼が目立たない原因の一つなんでしょうが、そのあたりも彼を応援してあげたい気分になる理由ですかね。

28歳ですから、まだ肉体的には再浮上はできるでしょうが、ただ最近の、タフさに頼った「打ち合い上等」は、戦術的にも、将来の健康の為にもよろしくないとは思います。
2012.10.28 09:34 | URL | #C1S5FS7c [edit]
おもちろモンキー says... "お疲れ様です(^_^)"
かなり久しぶりの投稿となりますが、なんにせょboxingというスポーツゎ 熱いものですね♪

記事を読んでると、その試合が目に浮かんできます
まだまだboxingにたいして知識もなにもありませんが、自分なりに把握して、これからの記事の活躍を楽しみにしています。


2012.11.01 22:01 | URL | #NL852uQM [edit]
オルフェーヴル says... ""
粟生は日本チャンピオン時代から、好き勝手なこと言われていましたが、今から思えば当時から水準以上の日本チャンプだったと思います。日本東洋統一戦では榎派でしたが、内に秘めたもんある選手だなという印象。ラリオス戦でもボロクソ言われてた記憶ありますが、榎戦の仕上げとか気合の入り方見てるので、経験不足で残念だったなという感想でした。ボスキエロ戦は見てないし、今回もyoutubeでラスト2Rしか見てませんが、なぜか過小評価されている選手だと思います。このままじゃ終われないんじゃないでしょうか。

カウンターの名手として'天才'と思ったことはありません。ボクシングやってる人間ではなく、見る方なので。でもやっぱ、煌いている世界王者たちの中では、天才とはいえないんじゃないかと思います。端的に言うと、勘違いしちゃいけないと。でも、カウンターと共に、自分から攻撃できるようになって、ボクシングスタイル含めやっと評価されるようになってきたところで、陥落は痛いですね。

ある有名なボクシングファン情報によると、「あまり知られてないけど、鉄分が成人男性の半分しかないので、調子の波がある」そうです。個人的に思うのは「受動的注意集中」というもの(言わんとすることはググって出てくるものとはちょっと違うのですが)、日本チャンプ時代は、こういった観察力がカウンターに結びついていたのではないかと考えます。自分から攻めようと意識し過ぎて、アグレッシブとカウンターのバランスが崩れたところあるのかな?と思いました(試合を見たとは言えないので、全くの想像ですけど)。

セレスは一歩一歩階段を上がっていったチャンプなので、とても丁寧な解説しますね。内山は試合でもボクシング作っていくタイプで、これまた解説向いてそうです。飯田は一般受けしそう。それと浜田さんは、帝拳選手に肩入れしてるというファンをチラホラ見ますが、個人的にはバイアスかかってないか?と思うことあります。ボクシングマニア伝統の言説というか。粟生と同じでイーブンだと評価されない気がします(相手選手に肩入れするぐらいで中立)。異論あるでしょうからそれは別として、wowowでは、やってた側の意見が参考になってます。辰吉シリモンコンは、浜田さん支持です(笑)。
2012.11.01 22:56 | URL | #bxLbOR5. [edit]
B.B says... ""
>自分から攻撃できるようになって、ボクシングスタイル含めやっと評価されるようになってきたと>ころで、陥落は痛いですね。

まったくです。
先日の試合でも広背筋が大きくなっていて、このクラスでの押し負けない体が出来てきたなと思いました。

>鉄分が成人男性の半分しかないので、調子の波がある」そうです。

そうでしたか・・
実はそれを裏付けるに近いと思われる情報がこちらにもありました。
報道された減量からの体調不良とは真逆で「練習もリングイン直前も調子が良かったのが、ゴングが鳴ると体が動かなかった」というものでしたが、血液中の赤血球に問題があるとすれば高いレベルでのアスリートとしては致命的なんです。彼はそれを克服しながらここまでやってきたのでしょうか・・

一般的には食物改善で克服できるものですが、減量という過酷な戦いがあるボクサーにとっては効率よくとはならないですね。
鉄分の吸収を良くするため、ビタミンC、B2、B6、それとマグネシウムなどをサプリメントで補強しなければなりませんね。
専門家ではないのでなんともですが、この辺りさらに研究して粟生選手には復活して欲しいものです。

余談ですがボクサーとしてはどうしても克服出来ない身体的特徴というものがあるそうです。昔の話しで恐縮ですが、具志堅用高の対抗王者だったイラリオ・サパタからWBCJrフライ級王座を強奪したアマド・ウルスアという選手がいまして、この実弟が将来間違いなく世界チャンピオンと言われるほどのスピードと技術の持ち主だったとか。
しかし、彼にはどんなに走りこんでも6R以上を戦うスタミナが無かった為大成しなかったというのです。
原因は足の裏に!
彼は矯正も出来ない完全なる偏平足だったそうです。
2012.11.02 09:51 | URL | #65fpICiI [edit]
B.B says... ""
おもちろモンキー さん、どうもです!

また一緒に観戦しましょう!
2012.11.02 10:07 | URL | #65fpICiI [edit]
いやまじで says... ""
おもちろモンキーさん、コメントありがとうございます。
何か感じられることがありましたら、気軽にコメントください。
2012.11.03 01:27 | URL | #Twj7/TDM [edit]
いやまじで says... ""
>鉄分

粟生の試合を見ていて時々思うのは、集中はしているのだけど、時折「視野狭窄」的になっていんるのではないかということです。事前のファイトプランを遂行しようとするあまり、悪循環に陥った時にそこから抜け出せない。Wガルシア戦、ボスキエロ戦、先日の試合もそういうところは感じました。私はボスキエロ戦の拙戦が「原因不明」だったのですが、正直このディアス戦も同じです。もし原因が身体的問題であるなら、たしかにいろいろ符合することも多い。ただ、それはアスリートとして致命的・絶望的であるという意味では、「引退」も現実的な問題なのかもしれません。

まあ、そうでないことを願いますが。
2012.11.03 01:38 | URL | #Twj7/TDM [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://boxing2012.blog.fc2.com/tb.php/117-80afb895