HARD BLOW !

AIBA公認グローブの怪 杉スポーツの謎

グローブ


単刀直入に参りましょう。

この請求書は、アマチュアボクシングの公式試合で使用するグローブの代金の請求書です。商品名のG1というのは、2012年以降国内でも公式グローブになっているAIBA公認のアディダス製グローブの型番です。Rは赤、Bは青です。グローブの単価は左右のペアで21240円となっています。日本ボクシング連盟(以下日連)が管理する公式試合に出場する選手は、必ずこのグローブを装着する必要があります。

請求元はグローブの販売店である、兵庫県加古川市の『杉スポーツ』というスポーツ店?販売代理店?です。請求されているのは某都道府県の体育連盟の支部です。情報提供者が分からないように墨を入れておりますが、原本には全ての情報が記載されています。

代金の振り込み口座に注目してください。山根明会長の親族の個人口座が振込先になっています。なぜに試合用のグローブの代金をこのような個人口座に振り込ませるのでしょうか?

なんとこのアデイダスの試合用グローブは、杉スポーツさんがが実質独占販売しているというのです。販路を限定して強制的に購入させ、山根会長の親族の個人口座に代金を振り込ませるというこのやり方は、一体どのような意図に基いているのでしょうか?

ついでに、この杉スポーツさんの販売価格が妙に高いのであります。

このグローブはネット販売で購入することが出来るのですが、国内で二万円を切っています。
AIBAG1_R
AIBAG1-2_R

ちゃんとAIBAの承認シールが入っている正規品です。杉スポーツさんの販売価格とは2~3千円の差があります。海外サイトで探すと更に安い値段のものが沢山見つかります。

イギリスのサイトでは15000円ほど。

イギリス_R

アディダスの本社があるドイツでは16000円くらい。

ドイツ_R

ポーランドでは13000円くらい。
ポーランド_R

デンマークのサイトでは日本までの送料込みで18000円ほど...
デンマーク_R

このグローブはパキスタン製で、ヨーロッパの国にとっても輸入品なのですが、なぜか日本の杉スポーツの売価は世界最高レベルの高値になっています。何故でありましょうか...。

さらにこの杉スポーツさんの所在地をグーグルマップや、グーグルアースのストリートビューで見てみると...

杉スポーツ

住所地には喫茶店があるだけで、スポーツ用品店と思しき建物はありません。白い看板に『Dragonfly』という文字が読めますが、請求書に記載されている杉スポーツのメールアドレス(EmailがEmaruになってる...)が『dragonflyboxingm@~』となっているので何か関連があるのでしょう。とにかくこの杉スポーツ、ネットで検索してもホームページもない。日連の公式代理店と言って良い店なのに、なんら情報が分からないのです。なぜにこのような実態のハッキリしない店が、オリンピック競技の用具を独占販売をする特権を持っていて、尚且つ取引口座が山根会長の親族の個人口座になっているのでしょうか?分からないことだらけであります...。

果たして自浄作用はあるのでしょうか...。

FIFAの汚職の本を読んでる(旧徳山と長谷川が好きです)