HARD BLOW !

地域タイトルの権威を下げてるのは誰なのか?

先日お伝えしたOPBFランキングのテキトー管理でありますが
    ↓
「WBOアジアパシフィック認可で地域タイトルの権威ガ~」的な皆様にささげるOPBFランキングの実態

やっぱりこういうことなのね、という発表が
    ↓
太尊、ヤップ、ジャンボ織田 OPBFトリプル戦

二年以上勝利が無く二連敗中、一年以上ブランクがあるボクサーがいきなりランキングに入ったと思ったら、即タイトルマッチであります。嗚呼脱力...。

太尊選手と対戦する、ロックハート・ブランドン選手は関西では新人王トーナメントでお馴染みの選手で、パンチはありますがどうにもスタミナがなく、淵上誠選手に3RKO負けしたあとは怪しいタイ人に二勝しただけでOPBFランク入り。なんぼミドル級が層が薄いちゅうても、これでいいんですかね?

選手は「タイトルマッチやるか?」と言われりゃやるのが当たり前。問題なのは、無理やりゲタを履かせるプロモーターと、それを認めちゃう統括団体、そんな統括団体に口を利いてしまうブローカー的業界人であります。試合した結果ランキングに入るならまだ分かりますが、ブランクのある選手が試合もしてないのに政治力でいきなりランキングに入ってくるようなやり方は、明らかに退廃であります。

口利きがあれば試合しなくてもランカーになれるなら、ランキングに入ろうと高い金払ってランカー呼んで、必死で練習して試合してる選手はアホらしくてやってられんでしょ。

タイトルが増えるのは時代の流れですが、何でもありはマズいのではないでしょうかね?最低限の節度がないとダメだと思いますよ。

拳四朗選手の日本タイトルドタキャンといい、「地域タイトルの権威をないがしろにしてるのは誰やねん」と言う話であります。

『ハウス・オブ・カード』のシーズン5が、現実のデタラメさに負けてることに愕然とした(旧徳山と長谷川が好きです)