FC2ブログ

HARD BLOW !

亀田興毅氏がトレーナーライセンスを取得と聞いて感じたこと

先日1月20日、国内ボクシングに復帰した亀田和毅選手(WBASバンタム級5位)の復帰戦の日程と、亀田興毅氏が申請していたトレーナーライセンスが発行されたことが発表されました。

ボクシングニュース様の記事へのリンク。
    ↓
亀田和毅3.10世界ランカー戦、兄・興毅にライセンス

和毅選手の対戦相手(IBF8位のマイク・タワッチャイ)がこれまた絶妙なチョイスで、『亀田健在なり』を感じた次第。

最近はテレビであんまりみかけない自己陶酔タイプのリングアナウンサーが、敏腕捏造ライター片岡亮氏と結託して起こした捏造事件の被害者になって大迷惑を蒙った興毅氏と和毅選手ですが、遅ればせながら国内復帰の環境が整ったことは大変よかったと思います。

ところでJBCは未だに亀田興毅氏とは旧亀田ジムの会長とマネージャーライセンス停止を巡る裁判の真っ只中であります。JBCは一方では「こんな連中にはライセンスは出せん!」という無謀な裁判を継続しつつ、その裁判の原告に現場復帰のライセンスを「どうぞ」と出してしまう、と言うもはや何を考えているのか分からない迷走振り。『病膏肓に入る』という感じであります。こういう一事を見ても、ガバナンスなき組織の『末路』が見えてきたと感じます。

天草の世界戦へ行こうと計画中の(旧徳山と長谷川が好きです)