FC2ブログ

HARD BLOW !

高山勝成が決定戦を制し、五度・六冠目の世界奪取!8/20WBOミニマム級タイトルマッチin三田

IMG_8011_R_R.jpg

 再再再再再再起!気がつけばキャリアもすでに40戦となった、ヴェテラン高山勝成選手と、最年少世界奪取を目指した俊英、加納陸選手との間で闘われた、WBOミニマム級王者決定戦のレポートでございます。

 今回の舞台は、加納陸選手の所属する大成ジムの地元、兵庫県三田市。関西在住の人間にとっても、三田というというと和牛のステーキくらいのイメージしかございませんが、その他の地域の方にとっては更にチンプンカンプンでございましょう。実際、関西以外在住の観戦仲間からも「三田ってどこ?どうやって行くの?」という問い合わせが何件かありました。試合会場は、大阪からJRと私鉄をのりついで一時間半ほどの距離。決してアクセスのいい会場ではありませんが、7分の入りと言った感じで、なかなかの盛況でありました。丸元大成会長がジムを開業することで、三田に蒔いたプロボクシングの種が着実に育っているなという印象であります。

 現役時代はテクニシャンだった丸元会長の愛弟子である加納選手は、U15の競技会で経験をつんだ後、15歳で海外プロデビューした異色の経歴の持ち主。同い年のジムメイト服部海斗選手とともにテレビ局の密着がつくなど、デビュー直後から活躍が期待されていましたが、服部選手が若くして白血病により亡くなられるという不幸な事件があり、そのキャリアは短いながらも起伏に富んだ軌跡を描いています。

 一方の高山選手は言わずと知れた日本のミニマム級の第一人者。加納選手との年齢差は実に15歳。国内外における世界戦の経験は勿論、平仲明信以来の海外世界挑戦成功、4団体制覇など輝かしい実績を誇るボクサーです。

 私、実は三年前に、大成ジムにおいて、この二人のスパーリングを見学させて頂いたことがございます。その時高山選手は、加納陸選手、服部海斗選手、松岡新選手の三人と4ラウンドづつのスパーを行いましたが、内容的には高山選手とはかなり差があるなと言う印象でした。

 その時の記事
   ↓
高山勝成選手インタビュー&スパーリングレポート  インターバル40秒で12R!

 あのころはかなり実力差があった両者ですが、『男子三日会わざれば刮目して見よ』なんて申します。果たして加納選手は三年間でどれだけの成長しているのか?と期待して会場に駆けつけたのでありますが、今年の関西は観測史上最高とも言われる猛暑でございまして、三田に着いたころにはヘロヘロ。ああやっとたどり着いたと思って中に入るとエアコン入ってねーじゃん!。ただでさえ暑い上に、人いきれで室内はサウナのようで、椅子に座っているとじっとりと汗が浮かんでまいります。会場で、タイで試合した経験のある某格闘家の方に偶然お会いしたので「タイもこんな感じですか?」と聞いてみると「タイより暑いですよ」とのこと...。「ここまで暑いと試合の展開にも影響があるんじゃないですか?」という見解でした。

 しかしまあ、カマボコ屋根の体育館で団扇や扇子がひるがえる様子は、見ようによっては昭和のボクシング会場のようで、味わいがあるっちゃあある、という気がしてくるから不思議。菊華高校の学生さんも駆けつけて高山選手のノボリを持ってスタンバイしいよいよメインであります。

 IMG_7812_R_R.jpg
IMG_7877_R_R.jpg
 
 1Rは意外にもサウスポーの加納選手が、シャープな左ストレートを3発明確にヒットして攻勢をアピール。フットワークもよく、距離感もつかめている印象です。三年ぶりに生で見た加納選手は世界ランカーとして充分な実力を備えていることが伝わってきます。バッテイングを避けたい高山選手は慌てず様子を見ているのかも知れませんが「リーチ差もあるし、乗せると厄介かも」という懸念も。2Rになると高山選手がややプレッシャーを強めてボディ中心の攻めを見せ、加納選手をロープに詰めて見せ場を作りますが、加納選手もカウンターの左ストレートや右フックで対抗。ここまでの展開は互角かやや加納選手か?ただ高山選手がこのままプレッシャーかけ続ければ、会場の暑さもあって加納選手の足が止まるのでは?と思わせます。3R序盤に心配されていたバッテイングがあり、高山選手がレフェリーにアピールして瞼のカットが確認されます。試合間隔があいても、やはり切れ癖は治っていなかったか...。高山選手が3Rの後半大きな右フックを当てると加納選手は目に見えて失速、フットワークが鈍って来ます。
IMG_7924_R_R.jpg

4Rに入ると傷によるストップの可能性も織り込んで、高山選手がさらにプレッシャー強めてポイントをとるべく攻勢。加納選手は早くも足が止まった印象で、高山選手の連打を何度も食らう。高山選手は接近時のアッパーや、力強いフックが印象的。5Rに入ると高山選手はしつこい出入りと打ち分けで明白にペースをとって、一方的展開に。インターバルにコーナーに戻る加納選手は明らかに疲れており、呼吸も荒くスタミナが切れている印象。6R序盤も高山選手が加納選手にプレスをかけて下がらせる展開で、このままいけばKOも思わせたところでレフェリーが傷のチェックを要請し、あっさりとストップ。6Rまでの負傷判定となりました。会場で見る限り傷の深さは分かりませんでしたが、報道写真で傷を見て「これは深いな」とストップにも納得いたしました。

 判定結果は3-0(59-56 58-56 59-55)で高山選手。序盤の印象から、もう少し加納選手に振ってるジャッジもいるかな?と思いましたが結構一方的なスコアでありました。「新チャンピオン」というアナウンスで一瞬加納応援団が沸き立ちましたが、この試合は決定戦なのでどっちが勝っても新チャンピオン。ただ加納陣営は高山チャンピオンに挑むと言う姿勢であったのでありましょう。

 個人的には加納選手のスタミナ切れには会場の暑さがかなり影響していたのでは?と感じました。

 IMG_8153_R_R.jpg
IMG_8172_R_R.jpg

 高山選手若い時に比べて瞬時の反応などはやや落ちているのかも知れませんが、その分はフィジカルの強化とサイコロジーで埋めておりトータルとしての強さはそんなに変わっていないんじゃないのと感じました。

 ただ瞼だけは本当に毎回毎回切れるので、ここだけがなんとも悩ましいといいますか。脅威のスタミナやハードワーキングなスタイルなどを見ても肉体自体の衰えは感じられないので、返す返す勿体無い。ご本人としても消化不良で忸怩たるものがおありだと思います。

 年齢的にも終わりが見えてきた貴重なキャリアを、少しでも長く継続する為にも瞼のケアが最優先になるかと思うのですが、果たして打開策があるのか...?

 しかし陣営のしつこさと言いますか、世界戦のチャンスを求めて実現し続ける姿勢が凄いなと、そこはただただ感服いたします。日本のボクシングに欠けているものは、このスピード感と執念だと思うのです。配慮や遠慮は脇において貪欲にチャンスを求める高山陣営の姿勢が、関西のボクシング界に与えている影響は非常に大きいと感じた次第。

 個人的にはまた高山選手の試合が見れるということを喜びたいと思います。

 会場の暑さに負けた(旧徳山と長谷川が好きです)