FC2ブログ

HARD BLOW !

ボクシングマガジン様が安河内事務局長勝訴をガン無視!

分かっちゃいたけど、ここまでとは!

先週一度記事にもしましたが、果たして安河内事務局長勝訴を専門誌はどう伝えるのか?という私の疑問に対して、『専門誌の雄』にして『雑誌界の虎』にして『アジアの大砲』俺達のボクシングマガジン誌は、予想を遥かに超える対応をやってくれました。

まさかの、ガン無視であります。

競合誌のボクシングビート誌が、情報ページに短信記事を載せると言うおざなりの対応をとるなか、我等がボクシングマガジンは『一切報じない』という男らしい紙面作りで私のド肝をぬいてくれました。コイツら本物だ...。

奇しくも、ボクシングマガジン発売前日に、発行元のベースボールマガジン社(以下BBM社)をあの文春砲が直撃!社長がハンカチ王子にポルシェを提供と言う美談が公になった関係から、編集作業が混乱し原稿が入れ違いになった可能性も捨てきれませんが(適当)、こりゃ本当予想外でした。

文春の記事によるとBBM社は、リストラを行ったうえに、自社ビルも売却して賃貸物件に入居してるのに、五ヶ月で赤字が一億円というジリ貧状態とのこと。(なんかJBCと似てますね)

経営が危ないのに、さして報道価値があるとも思えない一軍半のピッチャーに、800万円のポルシェをリースした上に又貸しするというややこしい手法のサポートをするとは、さすが豪気であります。タニマチの鑑といえましょう。

文春の記事中、BBM社の池田哲雄社長は「報道価値がある取材対象には利益供与は当然」みたいなコメントしてて、美談の感動が更に深まりました。この取材対象とのズブズブの距離感!なんてジャーナリステイックなんでしょう!

そう思って見てみりゃ、ボクシングマガジンは、『この社長にして、この雑誌あり』という感じであります。誠実な報道を期待した私が愚かでした。

来月も必ず立ち読みします。

本当にビックリした(旧徳山と長谷川が好きです)