FC2ブログ

HARD BLOW !

安河内事務局長勝訴を専門誌はどう伝えるのか?

健保金問題を巡る署名運動は、署名用紙を使った運動と併せて、キャンペーンサイトを使った電子署名もスタートし一層広がりを見せ、現役選手や引退した選手を含む多くの方から署名が集まっています。

『裁判情報ばかりの過疎ブログ』なんてお叱りをうけることもしばしばの当ブログとは比較にならぬ、オリジナル写真とプロならではの批評で世界の最前線のボクシング情報を伝える人気ブログ「ボクシングマスター」の執筆者、金元孝男氏も松尾会長の趣旨に賛同した上で署名されるとともに、署名活動について連日記事をアップされています。

 ボクシングマスター様の記事へのリンク
       ↓
【電子署名】ボクサーの権利を守る会「健保金を守ろう!」
JBC健保金vsボクサーの権利を守る会

来週にはこの問題を巡って更なる紛糾が予想されていますが、専門誌の発売週でもあります。

先月は「発売日直前で間に合わなかった」という事情はございましたが、今月は特段そのようなこともございません。

安河内事務局長の勝訴確定は、いわばここ五年間の

・労働裁判や名誉毀損裁判の連戦連敗に代表される違法体質
・亀田とのトラブルに代表されるシロウト試合管理
・健保金の流用に代表される放漫経営と財政危機


などなどのポンコツ振りを総括するものでありました。このJBCの心・技・体全ての崩壊状況を、専門二誌は果たしてどのように伝えるのでありましょうか?

特に2013年7月号に「日本ボクシング界の秩序を守る為に」という、仰々しいヨタ記事を載せたベースボールマガジン社の『ボクシングマガジン』は果たしてどの面下げてこのことを取り上げるのでありましょうか?

彼らが2ページに渡って告発した『新コミッション構想』は、判決ではなんら事実とは認められていません。いわばガセネタであります。ボクシングマガジンは果たしていかなる裏取りをしてあのような断定的な記述をしたのでありましょうか?

安河内氏や谷川氏やその他の解雇された職員の皆さんが、全て完全勝訴または勝訴的な和解をした今になっても、ボクシングマガジン誌は「日本ボクシング界の秩序を守る為には彼らに対する懲戒解雇は正当であった」と主張するのでしょうか?

ボクシングマガジン誌の判決への見解は「判決が間違っている」なのか「記事が取材不足で間違っていた」なのか果たしてどちらなのでしょうか?

そもそも彼らが目の色を変えて告発していた『新コミッション構想』は浦谷統括本部長(笑)を始めとする、2011年当時安河内氏を攻撃していた試合役員の皆様が主張されたことです。なぜに彼らの新コミッションは批判しないのでしょうか?



ボクシングマガジンの記事は裁判ではJBC側の証拠として提出され、違法行為を正当化する論拠としても使われました。このように露骨にJBCよりで、しかも裁判では全て事実でないと認定されるような報道姿勢は、メデイアとして明らかに一線を超えているのではないでしょうか?違法行為の片棒担ぎをすることが専門誌の仕事なのですか?

実際の記事本文をご覧ください

IMG_7326_R.jpg

引用しましょう 言うまでもなくJBC職員に支払われる給与は、過去現在の有名無名のボクサー、あるいは練習生達が直接、間接にJBCに支払った金の集積によるものである。

今現在ボクサーから集められた一億円近くの健保金が失われたことが明らかになっています。違法な解雇をされた職員に当然支払われるべき給与を、ボクサーから不当に盗んだものであるかのように描写したボクシングマガジンは、一億円の健保金が失われたことを、果たしてどのように記述するのでありましょうか?

さらに記事本文をご覧ください

IMG_7327_R.jpg

ボクシングマガジンは今も法廷で一切事実と認められなかった『新コミッション構想』について高山選手にヒアリングすることが「ボクシング界の安定につながる」と信じておられるのでしょうか?

違法行為の被害者となった人々を、断定的に糾弾するような記事を書いたことを、ボクシングマガジンがどのように総括するのか?その態度でその価値が分かることになると思います。

専門誌も理事も協会もダメならもう自浄作用は望めないと考える(旧徳山と長谷川が好きです)