FC2ブログ

HARD BLOW !

安河内裁判 過去記事



上告棄却ということで、確定判決は原判決を踏襲しているものと思われますので、地裁・高裁判決についての当方の過去記事へのリンクを貼っておきます。
   ↓
安河内裁判判決文のタグつき記事一覧へのリンク

個別の記事については以下のタイトルからごらんになって頂けます

安河内剛氏がJBCに勝訴した地位確認訴訟の判決文を転載します
安河内判決を読む 司法判断で何が語られたのか?PART1
安河内判決を読む 司法判断で何が語られたのか?PART2
安河内判決を読む 司法判断で何が語られたのか?PART3 新コミッション画策編
安河内判決を読む 司法判断で何が語られたのか?PART4
安河内判決を読む 司法判断で何が語られたのか?PART5
安河内判決を読む 司法判断で何が語られたのか?PART6

速報 安河内剛氏の地位確認訴訟が判決確定 現JBC幹部は違法行為の責任を取れ!

ようやく判決が確定しました

以下のスポニチの配信記事をご覧ください
   ↓
 JBCの敗訴確定 元事務局長の解雇無効 情報漏えい認めず

 全文引用させて頂きます

 JBCの敗訴確定 元事務局長の解雇無効 情報漏えい認めず
 日本ボクシングコミッション(JBC)を懲戒解雇された元事務局長安河内剛さん(55)が、地位確認などを求めた訴訟で、最高裁第2小法廷(鬼丸かおる裁判長)は9日までに、JBCの上告を退ける決定をした。8日付。解雇無効とした二審判決が確定した。

 確定判決によると、JBCは2011年6月、業務上の不手際を理由に安河内さんを降格。12年6月には「別団体を設立しようとした上、ボクサーの個人情報を外部に漏らした」として解雇した。

 一審東京地裁は、別団体設立や情報漏えいは認められないとして解雇無効と判断。二審東京高裁も支持した
。(引用以上)

 違法行為を主導した面々、秋山弘志理事長、浦谷信彰本部長、捏造ライター片岡亮氏と結託して名誉毀損で敗訴した語尾を延ばすリングアナウンサー、高松クレメントホテルで亀田和毅が職員に暴行を働いてる現場を見たと虚偽の事実を吹聴した上に敗訴した裁判でも同様の主張をした関西事務局の職員らは、現在の地位にいる法的正統性がないのですから即刻辞任するとともに、謝罪し、あわせて法的・道義的責任を取らねばなりません。

 また、いい加減な取材に基いてまことしやかに安河内氏による新コミッション構想を報じて、JBCの人権侵害が正しい行為であるかのような虚偽報道をしたボクシングマガジンと、その記事への情報提供者である城島充氏と浅沢英氏は、判決についてコメントする義務があると思います。逃げずに、なぜにあのような記事を出したのか説明して頂きたい思います。

 失われた時間もですが、JBCが使った裁判費用、本来不要だったはずの組織をのっとった人間に支払われた賃金、一連の訴訟で解雇無効になった職員たちに支払われた未払い賃金とそこに加算される利子を合算すれば恐らく1億円超の支出になるのではないか?と思われます。

 彼らの自分勝手な組織乗っ取り、不法行為でボクサーがコツコツと支払ってきた貴重な財貨が溶けてなくなったのです。この責任は一体誰がとるのでしょうか?

 今後の成り行きにご注目ください。

 判決が出るのに時間がかかりすぎだと感じる(旧徳山と長谷川が好きです)