FC2ブログ

HARD BLOW !

もう一度世界へ 大沢宏晋フィリピンの戦い

大沢 ポスター

 
 当HARD BLOW!では、JBC裁判に絡んで再三取り上げて参りました大沢宏晋選手。最新の世界ランキングはWBOフェザー級4位まで上昇してきました。その彼がフィリピンのセブ島でWBOの地域タイトルマッチに挑みます。

 一部JBC職員の私利私欲による不毛な人事抗争の影響を受けて、明らかにバランスを欠いたサスペンドを受けて、キャリア絶頂期の一年間を棒に振った彼が、もう一度世界のトップランカーへと帰って来ました。

 彼の受けたサスペンドのおかしさについては、過去記事をご参照ください。

 どう考えてもおかしい大沢宏晋選手のサスペンドについて

 前提が崩れた大沢選手のサスペンド

 繰り返しになるので詳しくは書きませんが、未承認のタイトルマッチを海外で行った選手は沢山いるのに、なぜか異常に厳しい処分を受けた大沢選手。これは単に安河内剛氏と谷川俊規氏をJBCから排除する名目として、一部のJBC職員が彼の試合を利用した事件に過ぎません。

 JBCの職員が私利私欲のためにボクサーのキャリアを台無しにしかねない不当な処分を行ったのです。

 そもそも、JBCはすでに谷川氏と和解しており、懲戒解雇はおろか通常解雇すら取り消しています。 大沢選手のタイトルマッチに絡んで解雇された谷川氏と和解したということは、解雇の理由も無くなったということです。

 にもかかわらずJBCは大沢選手に対して謝罪はおろか、処分の撤回すらしていません。

 亀田選手を虚言で中傷して敗訴が確定した職員も普通に仕事に復帰しているそうですが、まっことJBCの出鱈目さは枚挙に暇がございません。

 さて本題です。

WBO5位の大沢宏晋、フィリピンで地域王座戦

 キャリアハイの状態で不当なサスペンドを受け、ランキングも一から出直しとなった彼は、それでも腐ることなく試合を続け、復帰後は全てKOで6連勝。ひとつの敗戦で輝きを失っていくボクサー、ランキングを上げてもなかなかビッグチャンスが来ずモチベーションを切らせていくボクサーも数多いる中で、もう一度世界のトップ戦線に返り咲いた彼の意志の強さは特筆するべきものがあると思います。

 彼の苦難が報われる日が来て欲しい、来ないとおかしいだろと私は思います。

 海外の試合ではありますが、スッキリと勝って更にランキングを上げ、チャンスをつかんで欲しいと切に願います。

 4月2日朗報を待ちたいと思います。

 4月はもうひとつ気になる試合がある(旧徳山と長谷川が好きです)