FC2ブログ

HARD BLOW !

『スラップ訴訟』が聞いて呆れる。単なる『捏造中傷記事裁判』分析 PART1

 お待たせしました。今回から判決文の内容について、私なりに分析を加えていきます。

 早速内容を見て行きましょう。まずは主文の部分を引用いたします。ちなみに判決文中の『原告』は亀田興毅氏と亀田和毅選手、被告はフリーライターの片岡亮氏です。(引用部分は赤文字、筆者の注は青文字で表記します)
 
1 被告は、原告亀田興毅に対し、150万円及びこれに対する平成26年2月7日から支払い済みまで年5分の割合による金員を支払え。
2 被告は、原告亀田和毅に対し、150万円及びこれに対する平成26年2月7日から支払い済みまで年5分の割合による金員を支払え。
3 原告らのその余の請求をいずれも棄却する
(引用以上)

 報道された「亀田兄弟二人に対して300万円の支払いの命令」というのは、興毅氏と和毅選手双方へ150万円ずつと言う内訳であることが分かります。

 三項目の 「その余の請求」とは、亀田兄弟サイドが求めていた、謝罪文の掲載のことであると思われます。

 慰謝料300万円というのは、ブログ記事としてはかなり高額なのではないでしょうか?

 以前、当方が記事中で触れたデヴィ夫人のブログ上の名誉毀損事件が、和解で165万円。

 つい先日、橋下徹氏が週刊文春の記事について提訴した裁判は、これも和解で200万円。

 ページビューや発行部数を鑑みると、社会に与えた影響は明らかにデヴィ夫人や文春のケースの方が大きいはずですが、賠償額は片岡氏の方が高いと言う事実は、重要なポイントだと思います。

 裁判長はどのような判断に基づいて、この判決を下したのか?判決文を見て行きましょう。以下、判決文29ページより引用いたします。

本件紛争において、原告興毅及び嶋は、グローブの使用、JBCの対応などに関するA(亀田兄弟に敗訴したJBC職員の氏名)らの回答に納得せず繰り返し質問したり、大きな声で責め立てるような発言をしたりする場面があるものの、終始敬語を用いており、怒鳴り声を上げたり凄んでみせるなどの言動に及んだことはなく、他方、Aは、原告興毅の発言を途中で遮ろうとし、B(当時現場にいたJBC関西事務局所属の職員の氏名)は、自ら発言をするなど、いずれも原告輿毅及び嶋の質問や追及に臆することなく冷静に回答しており、原告興毅及び嶋を恐れている様子はうかがわれない。そして、嶋は本件出入口から退出しよう として扉を開けたAに対し、その腕や肩に手を軽く添えて本件会場内に戻るよう促したが、その際、Aを脅したりしたこともなく、Aは、自ら本件会場内に戻ったものである。その後、Aが再び本件会場から退出しようとした際、本件会場の外の本件出入口の前に立っていた原告和毅は、Aと向かい合う形となったが、 原告和毅がAに対して「まだ、話は終わっていないんや。」などと凄んだことはなく、Aは、扉を押えるように横に伸びていた原告和毅の腕を払って、本件会場から退出したのであり、また、B及びC(現場に居たJBC職員の氏名)も、本件会場から退出する際に、原告らから妨害を受けてはいない。さらに、2 か所ある本件会場の出入口はいずれも 施錠されていなかったものである。
 そうすると、本件紛争を通じて、Aは、原告らから繰り返しJ B Cとしての見解を求められるなどしたために困惑した様子はうかがえるものの、原告らの質問に対して臆することなくJBCの立場を説明した後、いったん本件会場を退出しようとしながら、原告らの求めに応じて再び本件会場中程に戻り、この場では更なるJBCとしての見解は出さない旨を明言するなどし、その後Aらは、原告らに妨害されることなく本件会場を 退出したのであり、原告らがAらを畏怖させ又は身体の自由を奪ったことや、Aらが原告らの言動により畏怖したことを認め得るものではない。
したがって本件紛争において、原告ら及び嶋が「 監禁」又は「恫喝」と評価される行為をしたとの事実は、認められないというべきである。
(引用以上)

 JBC職員が敗訴した裁判と同じく、「部屋の鍵開いてるし拘束もしてないし、普通に歩いて部屋を出てるし、普通に会話してるし、暴力も振るってないし、全然『監禁・恫喝・暴行』じゃないよ」―というごくごく普通の結論が出ました。ビデオ映像を見れば誰でも分かる単純な事実であります。

 この判断の根拠となる証拠となったビデオ映像について、片岡氏は改ざんの可能性を指摘していましたがそれも明確に否定されます。

 判決文の30ページより引用します

 被告は、本件映像について、欠落部分や重複部分があるために信用することができない旨を主張する。しかし 、本件映像には、嶋の求めに応じてメディア関係者が本件会場を退出して話合いが開始された後、Aが自ら退出するまでの聞に欠落や重複する部分は見当たらず、この間の状況は、前記認定事実のとおりであるから、真実性が問題となる核の部分に不自然な収録部分を認めることはできない。したがって、被告の上記主張は、採用することができない。
 (ウ)以上によれば、本件記事等が捕示する、原告らがJB C職員に対して監禁及び、情喝を行った事実が真実であると認めることはできない。
(引用以上)

 結局事実関係はビデオ映像の通りで、編集や改ざんもナシ、と言う至極当然の結論となりました。なぜにこういう単純な話がかくも面倒くさい話になるでしょうか?

 枕を並べて敗訴し、仲良く300万円という高額な賠償(利子を含めれば更に高額)を命じられた片岡氏とJBC職員A氏は、なぜにこのような子供じみた捏造をしたのでありましょうか?まともな大人が見れば事実は明らかなのに…。

 次回はこの判決文のなかで個人的に一番興味深かった、片岡氏の主張とJBC職員A氏の主張とが食い違う部分について論じていきます。(この項続く)

 報道番組が捏造ライターを使っている事実に驚いた(旧徳山と長谷川が好きです)