FC2ブログ

HARD BLOW !

2015年回顧と2016年展望

 2015年の私的ベストファイトを選んでみた。

 第3位 フロイド・メイウェザー・JR vs マニー・パッキャオ

 冷めたご馳走感はあるが冷めてもご馳走。待望の一戦の実現である。
 興味は言うまでもなくパッキャオの強打がメイウェザーを捕らえるのか、メイウェザーの超ディフェンスがパッキャオをかわし切るのか、の一点。
 試合展開は、前半パッキャオがメイウェザーに効かせる場面を作るものの、メイウェザーがパッキャオの動きをインプットしパッキャオの強打をかわす。中盤からはカウンターでポイントを稼ぎ、そのまま判定勝利。これまでの挑戦者の負けパターンにパッキャオを嵌めてみせた。
 試合展開としては想定の範囲内で意外性はなかったが、二人の生ける伝説ボクサー同士の対決、その頂上レベルのファイトを十分堪能できた。
 パッキャオはラストマッチの相手にクロフォードが噂されているが、個人的にはダニー・ガルシアあたりと戦ってほしいが、まあ、ないであろう。

第2位 山中慎介 vs アンセルモ・モレノ

 現在のバンタム級の頂上対決。モレノはこの時点で無冠とはいえ高いディフェンステクニック、12度防衛の実績。山中も8度防衛の安定政権を構築。個人的には統一戦気分の観戦である。
 モレノは2階級制覇を目指したマレス戦、王座陥落のパヤノ戦と、ワイルドでトリッキーな攻め(ゲリラ戦)に弱点を見せた格好で、山中がどのような戦い方を見せるか興味深かった。
 試合は立ち上がりからジャブの差し合い、静かな間の取り合いの感が強く、これはどちらかというとモレノの得意とする土俵。中盤まで山中がやや苦しんでいる印象。6Rから山中が足を使い、相手の間合いの取り方を壊すように自分のリズムでパンチを繰り出し始める。山中は流れを呼び寄せたように見えた。最後まで拮抗した戦いだったがリズムよくヒット数も多かった山中の判定勝利で妥当だったと思う。
 セコンドワークが大きかったようだが、試合の流れをコントロールするための工夫が生きた試合だった。
 実力者同士の拮抗した戦い、緊張感溢れる試合だった。 

第1位 ローマン・ゴンザレス vs ブライアン・ビロリア

 ビロリアは浮き沈みのある選手で、この階級でもエストラーダに敗れているが、よい時の彼は手がつけらないほど強い。この日の彼は素晴らしいコンディションで臨んでいたように見えた。スピード、体の切れ、力強さ、すべてにおいてベストだったと思う。

 そのビロリアに対してゴンザレスがどんなリアクションをするか注目していたが、押し込まれることも怯むこともなく、いつもとほとんど同じ彼であった。

 身体をローリングさせながら攻撃と防御とが一体となったような前進ファイト。相手のパンチの勢いを逸らしながらその力をパンチの力に変えていく。絶好調に見えたビロリアが徐々に、しかし確実に消耗していく。

 この日のビロリアの圧力もかなりのものがあったはずで、ゴンザレスもそれは感じたはずだが、それでも顔色一つ変えず対応してみせた。その意味でこの日もゴンザレスは底を見せなかった。
 この驚異の強さが印象的な試合だった。

◆◆◆

 2016年の展望、というか希望であるが、実現してほしいカードを挙げておく。

 ①ローマン・ゴンザレス vs フアン・フランシスコ・エストラーダ
 フライ級統一戦。実力的にはゴンザレスとエストラーダの間にはけっこう差がついたのではないかと思われるがどうか。これに井岡が絡むようだと非常に面白い。

 ②ギジェルモ・リゴンドー vs ヴァシル・ロマチェンコ
 超絶テクニック対決。夢です。最近変なショーマンシップに目覚めて変な試合をしているゴロフキンのようにならず、打ち合い大好きファンを無視した面白い試合をしてほしい。

 ③内山高志 s ニコラス・ウォルタース
 海外戦は時期を逸したとの声もあるが、本人に気持ちがあるなら是非やってほしい。ただ海外で初の防衛戦、いろいろなハンディを考えると結果については難しい。ウォルタースが実力的に勝てる相手だとしても(私はそうは思わないが)。ポジティブ要素は技術の成熟とここ数年で初めて負傷がないコンディション。いや、単純にウォルタースとの試合を見てみたい。

 和氣選手のフランプトンorクイッグへの挑戦、井上尚弥選手の海外進出と、その他にもいろいろと楽しみであるが、個人的にはローマン・ゴンザレス選手の動向、フライ級統一戦線、井上尚弥選手との絡みがあるのかどうかが最も気になるところである。

by いやまじで