FC2ブログ

HARD BLOW !

2015年に見たボクシング関連映像 CHAMPS 20160103

最初に言っておきますと、本日午前8時25分よりWOWOWで再々放送される番組ですので、録画セットされる方はお早目にどうぞです。(オンデマンドで見られるかどうかは未確認→2017年7月4日まで配信中〔当日追記〕。〔オリジナル版は動画サイトにあるかもしれません。(1月4日追記)〕)

邦題「マイク・タイソン チャンピオンたちの生き様」
ボクシングの伝説と真実(WOWOW 2015年7月、10月放映、2016年1月3日08:25放映予定)

(原題:CHAMPS, WRITTEN AND DIRECTED BY BERT MARCUS, BERT MARCUS PRODUCTION 〔オリジナル版は動画サイトにあるかもしれません。(1月4日追記)〕)

※プロデューサーに5名がクレジットされているがその中にマイク・タイソンの名もある。


 タイトルを見て、過去の世界チャンピオンの栄光と挫折をセンチメンタルにつづった番組なのであろうと高をくくっていたが、そうではなかった。
 ボクシングの社会との関わり、社会における位置づけ、役割といったものをよく分析し、問題点を洗い出し、それへの対応策を提示しようとしている番組であった。
 とりわけこれからのボクシングを選手の生活、すなわち健康や人生設計やそのための人間教育といった面から再考しようとする声や活動を拾っている点が、まだ業界内部からのものは少ないにしても強く印象に残った。
 野球ではマイナーリーグですら最低年俸が保障され、NFLは脳障害に悩む元選手に毎年数億ドルのお金を支払っている。
 ボクシングでは利益が選手に十分還元されていないのではないか、健康面でのサポートがあまりに薄いのではないか。

 番組中のコメントを少し拾ってみよう。

タイソン
「どんな裕福な連中も
貧困の存在を忘れないでほしい
貧しさは人に
一生消えない傷を与える」

ジョージ・ウィルス(スポーツ・ライター/コラムニスト)
「食い物にされる業界だ
私生活で自分自身や
お金を守る方法を―
ほとんどのボクサーが教わらない」

ホリフィールド
「金を奪われたことでなく
無知に付け込まれたことが悔しい」

ルー・ディベラ(ディベラ・エンターテイメント代表/プロモーター)
「安全や健康に関して
国としての統一基準がない
不条理だ」

フランシスコ・アギラー(ネバダ州アスレチック委員会 委員長)
「国家レベルの規制が統一が必要です」
「他のスポーツでは
専門家が時間をかけて
丁寧に選手をサポートします」

ホプキンス
「ボクサーは会計士を雇い―
弁護士を雇うべきだ」


 邦題はタイソンオンリーの印象を与えるが原題CHAMPS の通り、3人のスラム育ちのチャンピオン達の足跡を追う形で番組は進む。タイソンとホリフィールドは数億ドルの稼ぎから一文無しになった点が共通し、そして3人いずれも立場は異なるが自らの経験を生かして活動している。




 ダグラス戦以降タイソンを見ていなかった私としては彼の変貌ぶりに驚きと安堵を覚えざるを得ない。
 WOWOWで1月3日(本日)朝8:25より再々放送される(オンデマンドでPCやモバイルでの視聴については未確認→確認したところメンバーズオンデマンドで2017年7月4日まで配信中 〔当日追記〕)。ボクシングの未来を考える上で貴重なプログラムと思う。是非ご覧になることをお薦めする。

BY いやまじで

※ 登場するその他コメンテーターを挙げておく。

・アル・バースタイン(スポーツキャスター)
・50セント/カーティス・ジャクソン(ミュージシャン/ボクシングプロモーター)
・ジョン・パフ(フォーダム大学ロールスクール法学教授)
・スパイク・リー(映画監督)
・ダルトン・コンリー(ニューヨーク大学社会学教授)
・デビッド・J・レナード(ワシントン州立大学 批判的人種学)
・ナジーム・リチャードソン(ホプキンスのトレーナー)
・ラリー・スローマン(タイソンの伝記の著者)
・マーク・ウォルバーグ(映画俳優)
・ミッキー・ウォード(元WBUウェルター級王者)
・メアリー・J・ブライジ(R&Bシンガー)