FC2ブログ

HARD BLOW !

ついに一般メディアでJBCの財政危機が記事化!いよいよ破綻へのカウントダウンか?

講談社の運営するニュースサイト『現代ビジネス』(現代ビジネスのURL→http://gendai.ismedia.jp/)にJBCについての告発記事が掲載されました。

一ファンブログである当方が徒手空拳、蛇のような執念(笑)で警鐘を鳴らしてまいりましたJBCの危機的財政状況が、いよいよ一般メデイアの俎上に上がった格好であります。

以下が記事へのリンクです
     ↓                              
日本ボクシング界にいま、「重大な危機」が迫っている! ~統轄団体・JBCのずさんな運営・資金管理を告発する

まあ内容は個々の皆様が読んだ上で判断していただければ良いかと思いますが、当方が従前より指摘していた、「選手の医療費目的の積み立て金が、ボロ負けの続く裁判の費用に流用されているのではないか?」と言う危惧が、裏付けられたような感じですね。

「ボクサーが納めた金は一円たりとも無駄にしてはいけない!」と大見得を切り、一万幾らのフグの領収書で大騒ぎしてた浦谷統括本部長の有難い返答も、記事中読むことができますが、見事に返答になっておらず嘆息するのみ。

「亀田を追い出せ!JBC頑張れ!」で脳死状態のタコ踊りした結果がこれであります。関係者やファンの皆様には猛省を促したいところであります。

個人的にはこの記事、ちょっと気になる問題点がございます。それはJPBAの大橋会長があたかもJBCの問題点を追及してきたかのようの読めるところであります。ちょっとまて、大橋会長がいつJBCの暴走を止めたと言うのでありましょうか?いやむしろ二人三脚で現体制とやってきた当事者ではありますまいか?

JBCの現体制の仲良しグループは、裁判においても大橋会長の側面支援を受けていますし、実際には後見人かと見まがうような関係性であります。

そして当ブログが過去指摘したとおり(過去記事→お隣韓国に学ぶ、決して他人事ではないコミッション分裂の話)、法的正当性が無いという判決を受けた韓国の第二コミッションの興行に協力したりもしています。

私としては大橋氏もこの財政問題については一蓮托生の責任があるのでは?と思えてなりません。

年頭出るという安河内剛氏の地位確認裁判の最高裁判決と、妄想ゴシップライターの捏造記事についての地裁判決が出た時点で、すでに敗訴している自己陶酔リングアナウンサーも含めてまとめて責任追及へと推移するのかしらねえ。知らんけど。

そして検証能力ゼロのお手盛り提灯記事を書いたボクシングマガジンと、関西在住のポンコツライターのお二方にもそれなりの見解を伺いたいもんであります。

全ては来年ですね。

現代ビジネスを初めて細かく読んだ(旧徳山と長谷川が好きです)