FC2ブログ

HARD BLOW !

高山圧勝 井岡磐石 9・27生観戦雑感



 いや井岡はやっぱり客入るな~。アリーナも後ろまで椅子ビッチリ。

 今回は休憩地獄も無くテンポの良い興行でございました。

 まずは石田匠×木村隼人の日本スーパーフライ級タイトルマッチ。

 木村選手は15歳でタイでデビューし、韓国でライセンスを取って、その後日本、フィリピン、タイと色々な国でキャリアを積んできたという、雑草タイプの変り種。高山勝成選手や山口賢一選手と同じく、脱国境的な活躍をする異色のボクサーで、まだ26歳なのにキャリアは31戦。ベテランの域であります。豊富なキャリアを生かしてテクニシャン石田に迫れるか?

 一方の石田選手は、前回防衛戦で、江藤大喜選手の強引なボクシングに苦戦し、キャリアに思わぬミソをつけました。果たして今回はいかに?

 序盤は木村選手が前回の江藤選手が効果を上げた戦術を踏襲するかのように、大きなパンチでプレッシャーをかけて石田選手の緻密なボクシングのバランスを崩しにかかりますが、今回の石田選手は強引な攻めにも動じることなく、得意のアウトボックスで応戦。遠い距離からワンツーを的確に決めて、中盤には江藤選手の目を塞ぐと、その後はペースを握って危なげなく中差の3-0判定で快勝。やはり石田は巧い、速い。

 井岡ジムの選手はみんな勝負強いですね。その一方で観戦仲間からは試合スタイルが堅実すぎて面白みが無いという評も聞かれます。こうなると井岡ジムでは珍しいパンチャータイプの宮崎亮選手のタイトルマッチも見たいですねえ。

 この日のアンダーカードでは金山テス選手対元日本ランカー伊波ファンカステイーヨの試合がなかなか印象的でした。テス選手ペースを掌握しながら、痛恨のダウンで負けてしまいましたが、きっと今後上がってくる選手だと思います。

 ここで早くもこの日の私的メインイベント、高山勝成×原隆二のIBFミニマム級タイトルマッチ。

 ファンやメデイアの戦前予想では原有利の予想が意外なほど多く、大変驚いたわけですが、こちらとしては個人的に知ってるとかなんとかそういう次元でなく、なんだかんだ言って高山選手の方が全てにおいて上であろうと思っておりました。

 ただ今回は調整過程での不調情報があり、また関東のファンを中心に原の評価が高かったことも相俟って、予断を捨ててゴングを聞いたのでありますが...。結果的に心配は杞憂でありました。

 序盤は原選手がボディやオーバーハンドの強打で高山選手を下がらせて巧く距離をコントロールしているように見えましたが、バッテイングでのカットを境に高山選手が距離を潰しだすと、途端に原選手の戦法が通用しなくなり...。高山選手はフットワークで原選手をロープ際やコーナーに追い込んで得意のラッシュで見せ場を作りペースを掌握。序盤は通用していた原選手の強打も、徐々に見切られ打ち終わりを狙われてダメージを蓄積させていく。

 高山選手の速い出入りと手数攻めの前にスタミナを消耗し防戦一方となった原選手は7Rの後半渾身のカウンターで応戦するも、ラウンドの最後には足がもつれるようにリングに倒れる(裁定はスリップ)。迎えた8R、ロープ際で猛烈なラッシュを浴びている原を見たレフェリーが試合をストップし、高山選手が圧巻のTKO勝利。終わってみれば横綱相撲でした。

 高山選手のスパーリングでパートナーの方がよく言われるのが、「高山選手と向かい合うとスタミナが削られていく」ということ。いわゆる思考能力も含めて、プレッシャーの強い選手と相対するということは、予想外に消耗するということでありましょう。6R以降の原選手のへばり様は、パンチのダメージだけでなく未体験のプレッシャーがもたらしたものではないのか?と思わずにはいられません。揃いの法被を着た、原選手の大応援団も中盤以降は沈黙気味で、少し気の毒でありました。しかし彼はまだ若い。高山選手も「イーグルに敗れた時にフィジカルの重要性に気付いた」と、かつて仰っていました。敗戦を受けて原選手がどのように変わるか?注目したいと思います。、

 試合後は高校の同級生の声援に応えたあと、リングに田中恒成選手を呼び込み統一戦をよびかけた高山選手。しかしお互い敬語なのでなんだかほのぼのした感じで、ヒートするというのとは少し違う空気が生まれてましたが、まあ対戦の機運が盛り上がったのは間違いないでしょう。

 というわけで高山チャンピオン防衛おめでとうございます。早くも大晦日に田中戦という情報もありますが、個人的には高山選手は指名試合、田中選手は防衛戦をこなした上で、文句の出ない形での統一戦を期待したいと思います。

 その後女子の東洋戦をはさんでメインの井岡一翔選手。今回はレベコのオプションを使って同国人である、アルゼンチンのロベルト・ドミンゴ・ソーサ選手が来日。まあ対戦相手としては勝って当然、勝ち方が問われると言うレベルの選手であります。ですが相手は世界ランカーで戦績も良い選手ですから油断は禁物。

 そもそも井岡選手はちょっと昇級を急ぎすぎていた感があり、まだフライ級になりきっていないのではないか?と思えます。

 先のレベコ戦も、持ち前のテクニックでヒットは取れるもののダメージングブローを打ち込むには至らず、少しパワーレスな印象がございました。レベコのプレッシャーが強く、防御を優先したことで踏み込みが多少甘くなったのかも知れませんが、「フィジカルをフライ級にするにはまだ少し時間がかかるのかな?」と感じました。そういう意味でも、レベコとの再戦に向けてちょうど良いマッチメイクでは無いか?と思えます。

 とその辺に注目しながら観戦したのですが...。

 もうとにかくテクニックは凄いの一言。美しい糸を引くような軌道のストレート、ジャブ。ピンポイントで着弾するアッパー。距離が詰まっても安心して見ていられるボディワーク。今回は特に上半身の動きが印象的でした。得意のボディ打ちも相変わらず絶妙。これは生半可な反復練習で身についた技術じゃないよなあと感じました。全てが教科書的で、少年ボクサーは井岡選手をお手本にしたらいいんじゃないのと思った次第。

 試合結果はフルマーク一人、10点差二人という大差で、当然のように3-0で井岡。

  ボクサーにはいろんなタイプがいるから面白いのですが、この日の観客にもやっぱり倒しきれない試合振りをもどかしく感じた人が結構いたらしく、アリーナでは罵声も飛んでいたようです。有料入場者のご意見ですからそりゃあまあ聞くべきは聞かんとイカンとは思いますが、しかしこのレベルの技術ってなかなか見れないっすよ!フルマークの判定勝ちってKOより難しいかも知れないですよ!と罵声飛ばしてる人には言ってあげたいなあ。

 いやせめてボクシングファンくらい、彼の素晴らしい技術を理解して評価してあげてもいいんじゃないの?いつまでもお題目みたいに「ローマンが~ローマンが~」言うて無いでさ。彼は速くて巧い良いボクサーで、マッチメイクも全然ぬるくないじゃない。調子に乗ってるなんて言われるけど、どう見ても努力型のテクニシャンじゃないの。調子に乗ってる人間にあんな試合が出来ますか?と。

 そもそも判定試合を「見せ場が無い」とか言っちゃう人は、なんのことはない「見る目が無い」んじゃないの?と思います。

 見せ場は沢山ありましたよ。そして年末のレベコとの再戦が更に楽しみになりました。

 というわけでなかなか心地よい余韻の興行でありました。

 写真が無くて申し訳ない(旧徳山と長谷川が好きです)