FC2ブログ

HARD BLOW !

HARD BLOW!恒例 高山勝成選手ジムワークレポートin仲里ジム 

IMG_4974_R.jpg
バンデージを巻く高山選手とその後ろで野村健太選手を指導する中出トレーナー

 さてすっかり恒例となりました、高山勝成選手の試合直前調整の模様をお送りします。

 年末大平剛選手を倒して獲得したWBO王座は防衛せずに返上し、再びIBFの単独王者となった高山選手。返上したWBO王座については中部のホープ田中恒成選手が決定戦に進むことになりました。まあこの辺の経緯については批判的な向きもあろうかとは思いますが、田中選手が勝って知名度を上げたうえで機運が高まった場合再度統一戦をすれば良いのではないか?と個人的には感じます。

 というわけで今回の試合はIBF単独の選択防衛戦。対戦相手はタイのファーラン・サックリンjrとなりました。ファーランは減量失敗で計量時フラフラだった宮崎亮選手にKO勝ちし、井上拓真選手に判定負けしたと言う日本でもお馴染みの選手。本来はライトフライの選手でミニマムでのランキングは8位。宮崎戦はライトフライで井上拓真との試合は50キロ契約、今回はミニマムと長身ながら階級を選ばないと言う印象です。タイ人ながらボクシング専業でスタイルもアップライトのオーソドックスということで高山選手にすればやりにくい選手ではないと言う印象ですが、体格差が気になるところでございます。ということで仲里ジムにお邪魔して来ました。

 既報どおり、スパーリングは少なくしてジムワーク中心の調整ということでこの日の練習もスパーリングは無し。ただ仮想サックリンとして、ジムメイトで試合直前の野村健太選手(一戦一勝、身長175センチ)をパートナーにしたマスボクシングが3R行われました。中出トレーナーは高山選手がウォームアップしている間、野村選手相手にスタンスやジャブのフォームをチェックして、視野の取り方、フットワーク、実戦的なコンビネーション、フットワークからプレッシャーのかけ方など矢継ぎ早に指導。その言葉を目の前で実践して次々吸収していく野村選手の様子はまさにプロボクサーが作られていく現場と言う感じであります。

 さて高山選手のアップも整い、まずはシャドーから。練習前に高山選手に伺ったところによると「少し体が大きくなってますが、暖かくなってくると思うのでウエイトは大丈夫です」とのことで減量も順調なよう。フィジカルの調整は相変わらず抜かりなしと言う印象です。

 IMG_4982_R.jpg

 その後野村選手がリングに呼び込まれ、サックリンを想定したマスへ。長身の野村選手の懐に入ってパンチをまとめるイメージですが、フットワークは軽快でジャブからのつなぎもスムース。長身選手への対策も抜かりなしと感じました。
IMG_2758_R.jpg
練習を見守る仲里義竜会長
 
 マス終了後、中出トレーナーに「小野→ロドリゲス→大平と変則の選手との対戦が続いていたので、今回のサックリンは比較的やりやすい相手じゃないですか?」とたずねると「うんそれはそうやなあ」という返答でした。

 その後は再びシャドーからバッグ打ちで練習は終了。バッグ打ちは相変わらず迫力充分で、野村選手も「圧倒されます」と言う感想を漏らしていました。

 IMG_5168_R.jpg

 その後クールダウン中、メディカルチェックの話から高山選手が定期的に脳神経外科で検査を受けていると言う話になったのですが、ご本人によると「今年の検査で切れていた脳神経がまた延びているって言われたんですよ。これ多分高校で勉強してるのが関係していると思うんですよ」という驚きの発言が。その発言を受けて仲里義竜会長が「高山君はもう世界レベルでやって10年やろ。俺の同世代でアマでもプロでも世界のトップクラスに入ってやってたら体がどこかおかしくなるもんやけど、高山君は変わらんもんな~。凄いわ。」と感嘆していたのが印象的でした。定期的な脳の検査の重要性は元協栄→帝拳の佐々木基樹さんも言及していましたが、高校に通うことも安全管理に繋がると言うのは新鮮な見解でありました。

 練習後、高山選手に大平戦の展開について気になっていた点を一つ尋ねてみました。
HB「大平戦の4Rの最後にビッグパンチが入りましたがあれはダメージあったんですか?」
高山「あれは見えてたパンチなんですよ。見えたから咄嗟にスゥエーしたらパンチで飛ばされたように見えたみたいで」
HB「そうか~。大平選手コーナーに帰るときガッツポーズしてたけど5Rから高山さんがギア上がったからびっくりしたでしょうね」
高山「一回下げてあげました(笑)」

 試合成立の4Rまでは抑えて5Rから上げるというゲームプラン通りに戦えたと言うあの試合、4Rの最後のあのパンチで試合の興趣が上がったのは間違いないところでありましょう。

 というわけで今回のレポートはおしまいです。22日の試合を楽しみに待ちたいと思います。

まだコタツをしまっていない(旧徳山と長谷川が好きです)