FC2ブログ

HARD BLOW !

安河内判決を読む 司法判断で何が語られたのか?PART4


過去記事にはこちらからお入り下さい
        ↓
安河内判決を読む 司法判断で何が語られたのか?PART1
安河内判決を読む 司法判断で何が語られたのか?PART2
安河内判決を読む 司法判断で何が語られたのか?PART3 新コミッション画策編

入り方はどうであれ、一人でも多くの方にJBC裁判の実態を知っていただきたいと願っております。

さて検証の続きです。判決文中の原告とは安河内剛氏のこと、被告とはJBCのことです。

81ページの下段部分に戻って、安河内氏の労務管理の問題点についてまたも厳しいツッコミが...。以下に引用します。
地裁判決_12_R

森田及び羽生が権限を有しないにもかかわらず正当な理由なく谷川に対し解雇を通知した行為については,被告は森田及び羽生に対し口頭で注意するのみで終わらせているのであるから,森田及び羽生に対する被告のこのような態度に照らせば,上記の労務管理に関する2点を主たる理由として本件降格処分をすることは,著しく不均衡であり,重きに失するというほかない。

ここは少し補足がいるところですが、谷川とはJBC関西事務局長に雇用され、後懲戒解雇され、裁判闘争を通じて懲戒解雇撤回・円満退職で和解した谷川俊規氏のことです。(詳しくはこちらから→もう一つのJBC裁判 谷川俊規氏の場合)。谷川氏はJBC関西事務局と雇用関係にあったにも関わらず、JBCの東京事務局が彼に解雇を通知し、後に解雇権限が無い命令であることが発覚し謝罪するという世にもマヌケな事件がありまして、裁判長がここで言及しているのはそのことです。「お前はクビだ!」→「いや間違いでしたスンマセン」という事件の当事者である森田氏と羽生氏が口頭注意だけで、安河内氏はいきなり降格ってそりゃおかしいでしょというこれまた至極当然の指摘であります。

 裁判長は一連の降格処分とそれに続く配置転換は違法であるので慰謝料30万円を支払えとの判断を下します。判決文85ページより引用します。
安河内さん判決文 85


本件降格処分,本件減給処分及び本件配転命令は,いずれも人事権の濫用であり無効であるから不法行為に該当するというべきであるところ,本件降格処分や本件配転命令に至る経緯が前記2(4)ウ及び4のとおりであること,松戸公産の新宿事務所(筆者注:安河内氏配転先)における執務環境や本件降格処分後の本部事務局における原告の待遇が前記1(4)のとおりであるところ,これらに対して被告が何らかの対処をしたといった事情は全くうかがわれないこと,本件配転命令後の平成23年7月6日から原告が精神科に継続的に通院して投薬治療を受け(甲43の1及び2),平成24年5月9日にはうつ病と診断されていること(甲16)並びに原告及び  の各陳述(甲44・16,17頁,甲45・16頁)などを総合考慮すれば,本件降格処分に引き続く本件配転命令等により原告が精神的損害を被ったものと認めることができ,これに対する慰謝料は30万円とするのが相当である。

安河内氏はパワハラが目に余る!と言ってた側が逆に、不法行為で慰謝料を30万円も取られてしまうとは...。そして安河内氏にパワハラされたと主張していた人が「選手の命に関わる試合管理業務に対する意識の低さもうかがわれるところであり」「叱責などの意味を理解しないまま,又は理解しようとせず、原告に対する不満等を募らせていたものと推認することができる。」と裁判長に言われちゃうような、割とかわいそうな感じの人だということは覚えておいて頂きたいと思います。

 降格や配置転換が違法なわけですから、その後に起こる解雇が適法ってことは普通はありえないわけですが、一応解雇の理由についても検討していきましょう。

 先述の通り「新コミッション」については、他ならぬ森田氏と浦谷氏が新コミッション設立を盾に安河内氏を排除してJBCの実権を握ったと裁判で認定されてるわけですから、その時点で論理として説得力を失っています。自分達は新団体設立を記者会見まで開いてぶち上げてお咎めなしで安河内氏や谷川氏は解雇というのはありえない話です。

 もう一つの解雇理由として余り知られていませんが、情報漏えいというものがあります。

 判決文の91ページより以下に引用いたします。

安河内さん判決文 91



被告は,原告が  らと共謀して,ボクサーの個人情報や戦績など,被告の内部情報を第三者に開示したとして,これが就業規則55条6号の懲戒解雇事由に該当する旨主張する。
 前記1(9)アによれば,  が  のボクサーの健康状態に関する情報を  に提供したのは,  が同ジムの東京地区におけるマネジメントの代理人であったためと認められるから,無関係な第三者に対する内部情報の漏洩であったとは認められないというべきである。また,前記1(9)イ及びウによれば, が  に対してボクサー数人の戦績を開示したことが認められるが,  が開示した情報と同様の情報が,一般公開されている「Japan Boxing YearBook Professional Edition」にも記載されていること(甲31)や証人 の証言(証人P6・43頁)に照らせば,  が開示した情報が就業規則55- 91 -条6号の「業務上の重大な秘密」に該当するとは考えにくい。


 一般公開されている情報を開示したら『秘密の漏洩』と言う論理は明らかにどうかしていると私も思います。そもそもボクサーの戦績なんてネットでも簡単に照会できるものであり、むしろ選手の側からすればマッチメイクの為に積極的に開示されるべきもので「業務上の重大な秘密」などでないことは明らかな筈です。

 情報漏えいを言うなら、世界戦のバックステージで起こったトラブルを胡散臭いゴッシプライターに何でもかんでも伝えてしまうおしゃべりなリングアナウンサーのほうがもっと問題だと自分は思います。まあ彼も裁判で事の重大さを知ることになるとは思いますが...。

 それともう一つの解雇事由として、「当時の森田事務局長に報告せず独断で仕事をしたという」と言う小ネタ(笑)もあるのですが、これにからんで驚くべき当時のJBCの実態が分かります。判決文の92ページより

安河内さん判決文 92


森田が本部事務所に出勤するのは週に3日で,かつ,滞在時間は,数十分から長くて2,3時間程度であった

本部事務局長とは名誉職ではありません。高い給料や賞与をもらっている立場です。いや名誉職や一般企業の顧問の人でももう少し熱心に仕事してるんじゃないでしょうか?これで職員に「独断で仕事をするな」と言っても土台無理な話ではないでしょうか?

さて解雇にまつわる部分の裁判長の結論を見てみましょう。判決文の93ページから94ページ

地裁判決_24_R
地裁判決_25_R

平成24年6月12日に実施された聞き取り調査において,原告は,LLCやJAC(筆者注:安河内氏が設立を画策したとされる新コミッションの名称)の設立等,被告が懲戒解雇事由に当たると評価する重要な事項に関し,被告の認識が間違っている旨を具体的に理由を述べて反論していることが認められる一方,被告においては基本的にこれを聞き流す態度であったことがうかがわれるのであり,

本件に現れた事情を総合考慮すれば,被告は,当初から懲戒解雇相当という結論ありきで原告に対する聞き取り調査を行っていたものと考えられるのであり,懲戒解雇事由について十分かつ慎重な調査を欠いていたといわざるを得ない。

裁判長は、JBCは安河内氏の話を「聞き流す態度」で「当初から懲戒解雇相当という結論ありきで原告に対する聞き取り調査を行っていたものと考えられる」と結論付けます。要は解雇の為にあれこれと理由を後付で作ってるようなもんだと認定してるわけです。

気に入らない人間を排除するためなら手段を選ばない、そんな印象が否応無く浮かびます。

裁判長はこの後さらにふみこんでJBCのガバナンスの問題点を指摘していきます。(この項続く)

ついに一般紙もJBC裁判を取り上げたことに状況の変化を感じる(旧徳山と長谷川が好きです)