FC2ブログ

HARD BLOW !

判決は何を意味しているのか?

 さてさて判決から4日が経過し、連休も明けましたが未だJBCサイドからは、判決に関して何らアナウンスはございません。自分達が属する組織が違法行為をしたと司法に認定されたのに随分とノンビリした眠たい対応で、もうこの辺からまともな組織とは思えない感じがビンビンですな。不正経理や背任を散々におわせてバッシングを誘導したゴシップライター氏もすっかり他人事で「記者会見に入れ無かった」なんて呑気に言い放つ始末。クラブ加盟社のジャーナリストでもなんでもない、HARDBLOW!の東京地裁担当(笑)いやまじでさんが記者会見に入れているのにジャーナリストを自称するゴッシプライター氏がなんで記者会見に「入れなかった」のでありましょうか?裁判所の入り口に結界の存在でも感じたのでしょうか?あるいは裁判所に行く電車賃がなかったとか...。読者の募金で裁判を闘おうというごっちゃん体質窮乏状態だという彼氏ならありえない話でもありません。

 と余談はここまで。この連休は、今回の判決の意味をつらつらと考えていたのですが、その私なりの総括を以下に書いてみたいと思います。

以下は原告側が地裁での記者会見で配布した資料です。ご参考までに。

 20141121 安河内vsJBC裁判 記者会見資料_01_R
20141121 安河内vsJBC裁判 記者会見資料_02_R

 安河内氏が事務局長としての地位確認を認められたということは何を意味するのでしょうか?私が感じたのは、違法な手段をもって行われたトップの放逐によって組織の権力を掌握した森田健氏は法的には事務局長とは言えない立場なのではないか?ということです。そのトップが決定した人事についてもその正当性は厳しく問われると思います。

 地位確認に付随して、解雇後の未払いの賃金に加えて降格に際して行われた減給分の賃金も補償されます。今回の判決では安河内氏ともう一人の地位確認も認められましたので、その方の分もです。安河内氏や解雇された職員に代わってその地位を埋めた人たちにはすでに賃金が支払われています。したがって同じ期間で事務局長と職員の一人分の給与が二重に発生することになります。これらの支出は全て違法な解雇によって生じた余分なコストです。今回の判決か鑑みるに、先に和解した谷川俊規氏にも相当額の和解金が支払われていることが推測されます。それプラス弁護士費用も訴訟が長期にわたった為、恐らく莫大な金額です。全国のジムから集められたJBCの財産が違法行為によって失われた責任は一体誰がとるのでしょうか?

 さらにおそらく一連の裁判を有利に進める為に、高山勝成選手が「アメリカでIBFのトップと接触した」などのデマで中傷されたり、大沢宏晋選手と所属ジム・トレーナーに明らかにバランスを欠いた異常に厳しい処分が下ったりといった、職員の抗争に選手を巻き込むというあってはならない事件が起きました。彼らに対して行われた、言われ無き批判や不当なサスペンドについて速やかに被害の回復を行うべきではないでしょうか?

 ことここにいたっても、マニアを自称するファンの一部が未だに「亀田に厳しいから今の体制がいい」みたいな子供じみた寝言を言っております。実際に司法の場で違法の判断が下り、JBCに何千万と言う金銭的な被害が起こっているのに「亀田を冷遇することが日本のボクシングの正しいあり方」という一点でしかJBCを評価できない。悪いけどボクシングファンは野球やサッカーのファンに比べてかなり幼稚で世間知がないと思います。もしプロ野球やJリーグでトップの人事抗争に違法の判断が下ったら当然責任論が出ますよ。「俺達の嫌いな選手を冷遇してるから、法律を破ろうが、大金を失おうが応援するぞ」みたいなリアクションはちょっと社会人としてありえないのではないかと心配になって参ります。世の中の人から笑われる前に、ええ加減目を覚ましてください。

JBCと彼を陥れたライター達は早く意見発信しようねと考える(旧徳山と長谷川が好きです)