FC2ブログ

HARD BLOW !

まず自分が法律を守ろう

 昨日は非常に順当な判決が出てまずは一安心。

 この裁判をずっと見てきた我々にとっては当然の判決でありましたが、一部ボクシングファンの皆様には意外な結果だったようで、驚いて問い合わせをくれた人もいました。この裁判は知人の会社経営をなさっている方も「労働裁判であんなん勝てるわけないで」と呆れていたような事案でありまして、『ボクシング界の常識は世間の非常識!』とならぬよう祈るのみであります。

 判決文の主文も読ませて頂きましたが、安河内氏にとってはほぼ完全勝訴、満額回答と言ってよい結果であります。

 彼をボクシング界を騒がせた極悪人であるかのように報道してきた、専門誌や夕刊紙の記事はいわば壮大な『虚報』でありました。逆に怪文書やヨタ記事で彼を貶めてきた人々の『意図』がこれから問題になります。

 物書きとしての責任感・矜持があるなら、当然判決に際して一言あってしかるべきなんですが今のところなんらコメントは無いですね。書き飛ばしで逃げるつもりなんでしょうかね?

 それともう一つ。先ごろJBCが『暴力団等反社会勢力ではないこと等に関する表明・確約書』の提出をライセンス保持者に義務付ける旨報じられましたが、不当解雇で慰謝料を取られちゃうような皆さんが他人に『法令を遵守せよ』と命じる資格が果たしてあるのでありましょうか?

 ことここに及んでも未だに「森田や秋山は亀田に厳しいから良い」みたいなことを信じてるファンがいて、ほんと脱力しちゃうのですが、一人の人間の仕事を不当に取り上げて苦しめてきたと言う人権侵害にはなんら想像が及ばない人が多くて呆れてしまいます。

 でもボクシングファンにとっては『悪の亀田を懲らしめたらいい人』なんだよなあ。裁判の判決よりも身内の論理を優先するってなんだかヤクザみたいな感性ですね。 『ボクシング界の常識は世間の非常識』をファンまで共有してるみたいです。もし自分に身にこんなことが起こったらと少しは想像したらいかがでしょうか?これは冤罪で人を陥れた脱法行為であり、亀田がブログに嘘を書いたとかなんとかいうしょうもない事案とは次元が違う問題です。

 それとJBCはデタラメな裁判に大金をつぎ込んだ上に、安河内氏や他の地位確認が認められた職員に対して未払いの賃金や慰謝料も払わねばなりません。ただでさえ財政状態が良くないというJBCにそのような余裕があるのでしょうか?組織を私物化して、経費を無駄使いしてるのは一体どっちなのか?と思わざる得ません。これから控訴審となればさらに訴訟費用がかかります。JBCを支える全国のジムの皆様はこのような支出をお認めになるのでありましょうか?

 ボクシング界が世間からどう見られているか?考える必要があると思います。

 JBCサイドでデタラメを拡散したメデイアやライターの責任も厳しく問われるべきだと思います。いや問うて行きます。

 未だ亀田のライセンス問題に夢中で視野狭窄に陥ってるファンの皆様とて同じことです。裁判の判決というものをどう考えるのか?いつまでも亀田の批判してれば満足と言う次元で言論・批評状態が停滞していていいのでしょうか?

  最後に、安河内氏の地位確認が認められたということは、逆に言えば森田健氏の事務局長就任には正統性が無いということであります。違法な手段で権力を握った人が今JBCを運営しているということです。そういう人が選手やジムに「ルールを守ろう」と言ってる図はさしずめ悪夢のようであります。

 判決は始まりに過ぎないと考える(旧徳山と長谷川が好きです)