FC2ブログ

HARD BLOW !

世界王者のベルトはもはや重荷なのか?

 先ごろ自らが保持する世界タイトルの返上を巡って、所属ジムとトラブルになり結局移籍した真道ゴー選手。
 その真道選手の移籍トラブルについて触れた、ジョー小泉氏によるレポートがFightnews.comに掲載されたのですが、ちょっとバイアスがひどいといいますか、余りに真道選手に酷な内容でありまして、私の周囲の関係者も「これはあまりにも書き様がひどいんじゃないの?」と疑問を呈するシロモノ。まずは以下のリンクから記事をご覧下さい。

こちらから

 さすがジョーさん英語力はJBCとは比べ物になりません(笑)。ですが記事の内容は失礼ながら見事とは言いがたいかと...。

 真道選手とクラトキジムとのトラブルを感情論であるかのよう印象付ける書き出しからおかしいと思いますが、記事の内容自体がジムサイドにベッタリで、真道がワガママで無軌道だという印象を与えようと言う作為がアリアリ。これを読んだ海外の関係者は『経済的に支援し、チャンスを与えて来たジムに後足で砂をかけるようにして出て行った真道』という人物像を否応無く抱くことになります。選手の保持するベルトを本人の承諾なしに返上すると宣言してしまったジムサイドには落ち度は無いのでありましょうか?『真道は自身の栄達を追求するばかりで、日本のボクシング界に貢献していない』旨まで書いてますが、競技に打ち込んで世界王者になることは貢献ではないのでしょうか?

 根本的な問題として、ジョーさんは『殿堂入りマッチメイカー』と紹介されることが多いですが、殿堂入りの理由はジャーナリスト活動であり、ファイトニュースにおいてはジャーナリスト・ライターと言う位置づけです。はたしてこれを読んでいる海外の読者はジョーさんがトラブルの当事者であるWBCに顔が利くマッチメイカーで、ボクシングビジネスのステイクホルダーであり、下手したら真道の試合を組んでた利害当事者の可能性すらあるという事情を知悉しているのでありましょうか。もし真道が移籍することでビジネスの機会を喪失したマッチメイカーが書いてる記事だとしたらそれは報道・評論だといえるのでしょうか?

 ジョーさんは過去の日記で「マッチメイカーであることと、ジャーナリストであることは両立しない」と書いておられたように記憶していますが、それはまさに至言であると思います。亀田を巡る論評のスタイルがコロッと変わってしまった事情もご自身のビジネス的なスタンスによるもんじゃないのか?と思えてならないのですが...。

 それとこの記事、アップされた時点では「世界王者になれたのは自分の努力の結果で、ジムのサポートは関係ない」という旨の真道のコメントが引かれていて、私は「本当に真道はこんなこと言ったのかなあ?」と疑問だったのですが、今記事を読み返したらそのコメントは無くなってますね。何があったのでしょうか?

 とはいえ記事中の 「日本では女子ボクシングの人気が無いから経済的に回っていかない」と言う分析自体は正しいと思います。地方ジムをとりまく不利な興行事情もその通りでしょう。福岡を拠点にしていた山田選手の『防衛せず引退』も真道選手と同様の原因により起こったことなのだろうと推測されます。首都圏を拠点にする小関選手と、JBC加盟前から積極的に女子ボクシング興行を行っていたフチュール勢と言った例外的存在を除いて、女子ボクシング興行を巡る状況は依然厳しいものでありましょう。昨年には契約書を交わしていた選手が来日せず世界戦の認可が下りないと言うトラブルもありましたが、来日しなかった選手にすれば、ファイトマネーや移動の苦労を天秤にかけてより良いオファーを取ったと言うことなのでしょう。

 世界王者を持っていても経費ばかりかかって少しも回収できない、思ったような見返りが得られない。そこからジムと選手の間に秋風が吹き始め...。しかしこれ女子ボクシングに限った事情でもなくなってきてるのではないか?と思えるのです。

 例えば佐藤洋太選手が選択防衛試合を国内開催にもって来れず陥落し、そのまま引退したケースなど明らかに経済的な理由だと思われます。ガソリンスタンドでのアルバイトをしながら防衛を続けていた佐藤選手の経済事情は推して知るべしと言うところでありましょう。三浦隆司選手や内山高志選手も試合が組めず年間一試合ペースとなっています。普通に防衛戦を重ねていてもビジネスとしては回っていかないと言う現実。河野公平陣営が亀田興毅との対戦に拘っているのも、戴冠時に投資した資金を回収したいという動機ではないでしょうか?世界戦で日本人対決が増えているのも、チケット販売や経費の面でローリスクだからです。

 一方世界挑戦の列に並ぶ選手を見てみても、長期防衛してもサバイバルマッチに勝っても世界戦が出来ないという状態です。野生的な倒すボクシングに、端正なルックス、強烈なキャラクターも兼ね備えた和気慎吾選手など世界戦を待望されていながら未だにチャンスは来ません。同じくスーパーバンタム級の日本王者大竹秀典選手も日本タイトルを返上。もはや日本タイトルやOPBFタイトルも興行を打てないジムの選手にとっては長期保持するメリットが無くなって来ています。

 世界挑戦にまつわる経費負担は重いのに、タイトルをとっても思ったように稼げない。これでは小さいジムの選手はワリを食うばかりです。

 そしてこのような構造不況の中で体を張っているボクサーに対して、見返りの無い状態での「ハードなマッチメイク」をただ求めているだけで良いのか?と言う疑問も浮かびます。

 ファンはちょっとジムや選手の経済事情を無視しすぎなんじゃないのと感じる(旧徳山と長谷川が好きです)