FC2ブログ

HARD BLOW !

二つの判決から考える名誉毀損

 当事者の意気込みとは裏腹に、流行語には程遠い状態と言う感じの『スラップ訴訟(笑)』でございますが、私から見ればSTAPだとかスラップだとかの類は、傍迷惑な御仁の空騒ぎとしか思えない印象でございます。

 本日ある名誉毀損についての判決が出たのでご紹介を。週刊新潮を相手取り、貴乃花親方夫妻が起こしておいた裁判において賠償を命じる判決が出たとのこと。

 記事のリンク
    ↓
貴乃花親方夫妻の名誉毀損、新潮社側に賠償命令

(以下引用)
 『新潮社側は、「元弟子らから十分な取材をした」などと主張したが、判決は「元弟子の証言は他の弟子らの証言と整合せず信用できない」と記事の真実性を否定。取材についても「元弟子から、暴行の内容や程度を詳細に聞き取らず、その話を軽率に信じた」と指摘して、名誉毀損(きそん)を認定した。』(引用以上)

 請求金額1320万円に対して賠償金額は275万円。判決文を読むと、一方当事者だけからの取材をもとに記事を構成した報道姿勢を問題視しているのが分かりますね。名誉毀損の裁判においては記事の真実性が何より問題であり「一応取材はしてるから免責される」というような眠たい言い訳は通用しないことが大変良く分かりますな。

 もう一つ、少し前のニュースですが「大津いじめ自殺事件」を巡って、全然関係ない人の写真をいじめに関与した生徒の父兄だとしてブログに掲載したデヴィ夫人が訴えられた裁判の和解について。

記事のリンク
  ↓
大津いじめ:デヴィ夫人が謝罪、ブログ訴訟で和解

 請求金額が1100万円で一審ではデヴィ夫人に165万円の支払いを命じる判決が下り、双方が控訴していましたがこのほど和解したとのこと。和解内容にはデヴィ夫人の謝罪が盛り込まれており一審判決を土台としたもののようです。デヴィ夫人が『和解』と言う名目を取った実質敗訴の内容ではないでしょうか?全然関係ない人を写真入りで中傷したんだからそりゃダメだろという事案で、『さっさと謝りゃいいのに』と言う以上の感想は浮かびません。

 掲載当時デヴィ夫人のブログには、加害者の親の顔がみたいという物見高い野次馬が群がり大変盛況だったそうです。この人は別人でっせと言う指摘を受けて、すぐに写真は削除されたそうですが一審判決は結構厳しいですね。ネットの記事であろうとマスコミの記事であろうと名誉毀損には変わりないということのようですね。ネットの記事は裏取りが甘くても良いと言うわけでも無いようです。書かれた側の被害を考えればまあ当然ですわな。

 この二つの判決から考えるに、私には『スラップ訴訟(笑)』の行く末は明らかだと思えます。

 JBCの裁判ももうすぐ判決が出るので注目して頂きたい(旧徳山と長谷川が好きです)