FC2ブログ

HARD BLOW !

イズム全開 山口賢一インタビュー&スパーリングレポートpart5 完結編

Part1は→こちらから Part2は→こちらから Part3→こちらから Part4→こちらから

所属ジムを離脱した経緯についてはPart1のⅡ章に書いた通りですが、その後いかにしてジム経営者・プロモーターとなったのか?その経緯を伺いました

ⅩⅢ.ジムオーナーへの道

山口「JBCのジムやめて、練習するとこないから地元のアマチュアジム行っとったんですよ。ほんならオーナーの人が『教えるやつがおらんから山口くんやってくれへん』っていわれて。」

HB「その時年齢は?」

山口「28,9ですかね。で『おっ月謝払わんでええからラッキーやな』って思って。会員に誰か入ってきたら歩合で入ってくるっていうし。」

HB「それが経営者感覚というか『教える側になればお金がもらえる』という体験の原点ですね。」

山口「でもしんどいんですよ。自分の練習の時間とられるからね。」

HB「それはそうですね。」

山口「それで手探りで教え始めて。地元で僕がやるって言うたら会員も増えてきたんですけど、そこのジムが狭かったんですよ。段々自分が練習する場所も無くなってきて。それでオーナーの人に『もうちょっと広いところに移れないんですか?』って聞いたんですけど『ちょっと無理やわ』っていうことやったんで、じゃ自分の練習も出来へんし独立してやりますわって。」

HB「僕昔この辺に住んでたんですけど、天神ジムの場所って前はエアロビとかやるスタジオでしたよね?」

山口「そこは同じフロアの奥に今もありますわ。あの場所もたまたまね、高山(勝成選手)と天満に中華料理食いに来た時に、ぷらら天満(天神ジムが入っている市場の名称)に来たら今の場所が空いてたんですよ。それで市場の人に聞いてみたら『明日工事入って潰す』って言うから『僕今ジムする場所探してるんですよ』ってお願いして。」

HB「凄い偶然ですね。」

山口「運が良かったんです。でも自分がジムをやったことが結果的に良かったんか悪かったんか一概には言えんと思いますよ。逆にその分自分のこと出来へんかったとも言えるし...。『お金は全部出したるからフィリピンにおって練習しとけ』って言ってくれた人もいたんですけど、でもそれは自分としてはなんかちゃうなと思ったんですよ。やっぱり僕は地元で応援してもらってるから自分があるっていうのがあったから。だから地元で動いて応援してもらって海外で試合するという形なら出来ると」

HB「後援会の人は今まではIMPホールや府立やっていうのからいきなり、シドニーやメキシコやマニラやってなったのはどう思ってるんですか?楽しんでくれてますか?」

山口「喜んでくれてますよ。今度もフィリピン来てくれるって言うし」

HB「そういうのって体験としてなかなか出来ないことやから凄くいいことやと思いますけどね」

山口「僕からしたらありがたいことですよね」

 私が前々から感じていたボクシングの良さというのはこうやってローカルなシーンと世界とがダイレクトにつながっていることだと感じていたので、この話には大変感銘を受けました。おらが町のボクサーが世界を股にかけて試合をしているのを一体になって応援するというのは、私も含む市井の人間にはなかなかに得難い体験であると思います。そうやって平凡な毎日に一時の祭りを提供するのもボクサーの大事な仕事だと思えてなりません。

ⅩⅣ.ホテル興行で大反響

興行 ポスター

自主興行のポスター


HB「もう一つ、ホテルの宴会場で興行したときものすごい集客だったというのを聞いたことがあるんですけど」

山口「あれは未だにホテルのほうから『もう一回やってくれ』って言われるんですよね。来た人にも凄いインパクトがあったらしくて『あれは次いつや?』って今でも問い合わせがあるらしいですわ」

HB「なんでホテルでやろうと思ったんですか?」

山口「オーストラリア行った時にねメシ食いながら試合見るって言うのやっとったんですよ。それ日本ではやってるとこないから、やったらいけるんちゃうかと思ってね。だからディナー席言うのを作って、ボクシング見れて飲めて食えて一人10万円のプラチナチケットにして。」

HB「見た人はみんな満足して帰ったんですか?」

山口「みんな面白かった楽しかった言うて帰って行きましたよ。今までそんなん誰もやってないから。終わった後またないんかって問い合わせが結構あったらしいですから。」

番外編 高山勝成選手高校入学の真相

HB「もう一つ、高山選手の高校入学は山口さんが関係してるって聞いたんですけど」

山口「あの高山が入った菊華高校に僕の高校時代の恩師がいてるんです」

HB「あーそういう縁があったんですね」

山口「その人はもともとボクシングが好きなんですよ。僕の試合もデビュー戦から見に来てくれてるし。そういうつながりで今でも(菊華高校に)走りに行ったりしてるんですよ。学生のとき思い出して『あーあの時こんなしんどいことやっとったな』ってモチベーション上げるために。高山連れて行ったりしてて。」

HB「そういえばこの間、高山さんと中出さんに話聞いた時に野球部と合同練習したりしたって言ってましたわ」

山口「タイヤ引きとかね。知ってます?タイヤ引き。」

HB「あの『巨人の星』でやってるやつですよね。」

山口「そうそう!普段あんなんこの辺で出来ないじゃないですか。」

HB「この辺では無理ですね(笑)」

山口「でも俺ずっとやりたいな~って思ってたんですよ。高山に言うたら『自分もやってみたいです』って言うから一緒にタイヤ引きやったりね。」

HB「二人でやったんですか?」

 学校のグラウンドでボクサーが二人でタイヤ引きしてる図はちょっと異様な雰囲気のような気もしますが、とにもかくにも以前から交流は続いていたようです。

山口「たまたま去年の末に高山と名古屋行くことがあったから、『じゃ菊華高校行こうぜ』てなって、『おかげさまでチャンピオンとりました』って挨拶に行ったんです。菊華高校は今スポーツに力入れてるんで、ボクシング部の監督になれへんかって話を貰ってたんですよ。その流れで『そういや高山は高校行ってへんよな?俺ボクシング部の監督やるからおまえ高校いけや!』っていうて。高山も最初は『何言い出すんスか!』って言う感じやったけど、だんだんやってみようか言う感じになって来て。」

 恩師の後押しもあってトントン拍子で入学となった高山選手。いささか唐突な提案に戸惑ったとはいえ就学の機会を得られたことは素晴らしいことであると思います。菊華高校の学生諸君も世界チャンピオンと机を並べて勉強できるのはとても幸運なこと。そしてヤマケンのアイデアを柔軟に実現していく菊華高校の恩師の人物のデカさも大変印象的なエピソードでありました。

 みんな柔軟すぎるよ...。

高山 入学式2

『こまいち』のレジの横にあった入学式での高山選手と女将さんのしっくりしすぎているツーショット

『こまいち』の女将さんについてPart4をご参照下さい→こちらから 
 


エピローグ 試合について

試合ポスター

5月10日フィリピンマニラで行われる山口選手の試合ポスター なぜかストロベリーパンチというボクシングらしからぬファンシーなネーミングのイベント

HB「フィリピンの相手は世界ランカーですか?」

山口「WBOの13位ですね。」

HB「サウスポーですね。強いですか?」

山口「強いと思いますけど日本でやったら勝てると思います。でもフィリピンではフィリピン人頑張るんでね」

HB「試合に勝ってまたインタビューさせて下さい」

という訳で二時間くらいの取材で長大なインタビューとなりました。

 私が山口選手について感じたのはとにかく発想が柔軟だということ。そして徹底して経験と直感を大切にして生きている人だなあと感じました。アイデアを実現していくバイタリティもさることながら、人間関係を大切にしているところも大変印象的でした。

 組織の庇護を受けず等身大で地域に根を張りながら世界の市場に臆せず飛び込んでいくという彼のライフスタイルは、大袈裟でなくグローバル時代に入った日本人のあり方として一個の未来図ではないのかとすら思えました。

 というわけで『この人を見よ!』という感じで今後も末永く山口選手の動向をお伝えした行きたいと個人的には思っています。

二回くらいのつもりが五回になって驚いている(旧徳山と長谷川が好きです)

B.Bの気まぐれ日記  裁判傍聴編

裁判所の建物に入ると直ぐにセキュリティチェックが待っている。
飛行機を利用する時と同じ要領だが国際線のそれよりは金属探知機の反応は鈍い。
いつもはこれに引っ掛かるズボンのベルトを外すことも無く通過すると、受付に本日行われるの裁判予定が全て書かれたフラットファイルが置いてある。
それを片っ端からめくって探すわけだが、原告被告の名前や名称が分かっていれば見つける事にそれ程の苦労も無い。
自分はこの日以前に4月11日に636号法廷で開かれた原告側の最終証人尋問の傍聴をしていて要領は解っていたので気も楽だ。11日の内容についてはいやまじでさんが以下の記事で冷静詳細に記しているのでこの日の詳細も後記に託し譲るとして。
JBC裁判傍聴記 20140411
JBC問題概観(年表付) 20140420

何ゆえ当事者でもジャーナリストでも無い自分がこの民事裁判を傍聴しなければならなかったのか、そして何故書かなければならないと思ったのか、もう一度記しておかなければならない。

簡単に言えば理由はふたつ。
ひとつにはあれだけの大騒ぎのわりには、いまだに誰もちゃんと書かないから。
その間にも事実に基づかない事も含めて、一方的な世論の形成が行われようとしている気配がある。
いくらボクシング界が村社会とはいえ、実際に傍聴席には大手新聞社の記者がちらっと見掛けられたようだが専門誌記者の顔は見えなかった。
これには正直驚いた。
報道は結果を見なければ書けない事も理解している。
しかし、この裁判はもう大詰めを迎えていて、あとは5月28日の被告側最終尋問を残すのみである。
予定では4月30日この日の被告側証人尋問が最後と思われたが、原告側の要請があったのか意外な展開になっている。
裁判官は判決文を書くにあたって、さらに被告側証人の話しを聞きこの組織の実情を知っておきたかったのではないか?そこに興味を示したのではないか?とさえ思えた。
それにしても、この事件の一部分を既に法的根拠を待つ事無く断罪した専門誌は謂わば当事者ではないのか。
法廷を超越したところで確信があるのか知らないが、経過を見ずに結果だけをひたすら待つのだろうか。
これは重大な事だと思う。
いや、自分が気付かなかっただけで本当はいたのかな?
もしそこに居たなら是非とも今日のこの裁判の事を専門誌は当事者として書いて欲しい。
裁判の結果が出てからでもいい。
人権や法律を無視してでも書かなければならなかった本当の理由を。

ふたつめは、これは大した問題では無い。自問自答である。
つまり自己満足に過ぎない。
だから、特別に他の同調を求めるものでも無い。
しかし、今やっておかなければ絶対に自分が後悔をする。
残念な事に自分はふたつの事が同時には力を注げないのだ。
だから、自分自身にけじめを付ける。

ボクシング業界を揺るがせた安河内 剛 前事務局長への疑惑は、全国のボクシングジムやボクシング関係者に送付されたという怪文書を発端としたもので、当初は愛人問題と称する下劣極まりないスキャンダル報道に繋がったものや、不正経理疑惑という刑事事件までを匂わすもの、そして部下に対するパワーハラスメントのほぼ三本柱だった。
事の経緯はすでにこのブログでも何度も書かれているので端折るが、自分は一部メディア報道を大本営発表のように信じ鵜呑みにし、やがて声を上げた。
馬鹿だ。まさに衆愚と言っても良い。自分自身で確かめようともせずに。
はたして自分が馬鹿者なのか、大馬鹿者なのか?少なくとも賢くない事は解っている。
だから正直に感じた事を書きます。

約2年も続く裁判が進むに従い事の全容が明らかになって来た。
既に怪文書による疑惑は一部を残して霧散した印象だった。

午前10時、裁判は定刻通りに証人の宣誓から始まった。
先ず不正経理については、やはり今回もそれを裏付けるものは何も出なかった。
愛人スキャンダルについてはどうやら裁判所の事実認定にも、もちろん解雇理由にもなりそうにない雰囲気だった。
断っておくがこれはあくまでも自分の感想だ。
初めに証言台に立ったのはコアなファンの間では有名な元レフェリーで当時は試合役員。
今は職員となって事務局の重要な役職についている人だった。
かつてはこの人のレフェリングが好きだったが、今はもうそれが見られないのは個人的には残念に思う。
だが、この日はあの流れるようなレフェリングとはいかなかったようだ。
原告側弁護士の厳しい尋問に戸惑う場面が度々見えたが、これは慣れない法廷での事で仕方ないか。
被告側弁護士より盛んにJACなる別団体を画策した証拠として内部メールの内容が列挙され、これを元に懲戒解雇理由に当たると言うわけで、これまでも延々と述べられた。
だが、果たしてこれがその理由に当たるかは正直無理があるように思えた。
何故なら言われる所の別団体の確立に向けての具体的あるいは現実的にそれが行われた事実の証拠とはそのメールが成り得るのか?自分には判断が出来なかったからだ。
そもそもだ。怪文書と共に不正経理とスキャンダルとパワーハラスメント、これが当時第2コミッションを作ると言って業界に揺さぶりをかけた人達の事務局長降ろしの根拠だったはず。
さらに言えば発端となった怪文書を盾に辞任を求めた経緯からは、そもそもだが、その怪文書を作って出したのは誰なんでしょう?という疑惑も湧いてくる。
以前あるボクシング関係者からは「あのやり方は間違っている」という話しを聞いていたので尚更そう思った。
これも明らかにして欲しいと思う。
一々怪文書が出たら辞めなくちゃならない業界って何なの?と思うからだ。
もう怪文書だらけだ。

最終局面のこの裁判の争点は後から被告側から出て来た別団体画策疑惑。
これの有無。もはや被告側の言い分はこれしかないように思えた。
しかし、これが後出しの理由なのは上の年表を見ても明らかに思える。
どういう結末が待っているのだろうか。

もう一つ、盛んに元事務局長の人望の無さが取り沙汰された事があったが、被告側証人として立った元レフェリーへの最後の尋問は特に印象的に見えた。

「貴方は原告に対して恨みを持っていたんじゃないですか?」にはキッパリと
「十年来の友人ですから、それはありません」
「貴方はコミッションから3年以上毎月十万円の金額を受け取っていましたね?」
「そして安河内事務局長の時にそれを打ち切られましたね?」にはこれまた勢い潔くキッパリと答えた。
「その通りです」

傍聴席がざわついて、まるで法廷ドラマを観ているような錯覚に陥った。
そのお金がどういう性格のものかまでは解らなかったが、何れ明らかになるのだろう。
実に印象的だった。
4月11日の尋問で原告である安河内元事務局長は「コミッション組織改革の一環として経理の透明化一本化を目指した」という主旨の回答をしていたからだ。

次にもう一つの争点となるパワーハラスメントがあった事を証言する職員が証言台に立った。
このパワーハラスメントについては、これはどうやら事実としてあったという印象を持った。
何故ならこの職員の訴えに鬼気迫るものがあった、というより憎悪や恨みの念までを感じたからだ。
執拗な部下への叱責は尽く理由あってのものだとも思うが、部下がそれをどう取るかは受け手だけの問題ではないはずだと思う。
裁判には証拠あるいは陳述書として挙がったかは判らないが、自分(B・B)の実際の聞き取りでは、叱責を受けたとする他のある職員はパワーハラスメントとは感じずに、むしろそれをバネにしようとしたし、部下への愛情と受け取った者もいた。
あるいは退職した者の中には当時は上司の厳しい叱責を嫌ったようだが、退職後に「あれはボクシングに対する愛情だったと今は思う」と告白した者もいた。
しかし、反面「絶対に許せません」と本当にこの上司を憎んだのであろう証人が出廷した。
マンパワーコントロールとでも言ってしまえば余りに情の無い話しだが、傷つきやすい人間もいる事は確かだ。
体育会系上司はどこにでもいそうだが、もうその時代では無い気がする。
打たれ弱いと言ってはこの証人に気の毒だが、互いに膝を詰めて話し合う機会は本当になかったのだろうか。
余談だが、この安河内氏は一滴も酒を飲まない。
体質なのか体が受け付けないらしい。
ユーモアもウイットもとびきりのものを持っているのだが、呑べぇの自分としては実に残念だ。
上司たるものコミュニケーションの引き出しは幾つも持っていた方が得だと思う。
真っ正直にワンツーしか打たなければ、この海千山千のリングを渡っていけない。
自分に愚直なボクサーは僕は大好きだが。
いやこれは余分だった。

しかしだ。この職員に対して裁判官の最後の尋問は厳しいものだったと思う。
もしかしたら、裁判官は僕とはまったく違う印象を持ったのかも知れない。
それはこれまでのパワハラの訴えを金槌で打ち砕くような冷徹な尋問だったと感じた。

「スキャンダルや不正経理が無いとされた今でも懲戒解雇は妥当だと思うか?」という主旨の尋問を裁判官から受けた被告側証人は「一般論で言うとそうだと思う」と答えた。
さらに裁判官は「貴方の一般論ではなく、法的根拠は何か?」と尋ねた。
「そうした怪文書が出た事自体がトップとして失格で自ら辞めるべきだと思う、一般的には」という主旨の回答だった。
まるで追及のようだった。
「一般的にとは一体誰の事か?」
「友達です・・」
簡単に言えば仲間がそう言っていると述べているだけで、具体的には何も示す事が出来なかったのだ。

傍聴席からは、ため息が洩れた。

そう言えばある日、原告側証人の一人に聞いた事があった。
「担当裁判官はとても聡明な方と思う。この裁判官の裁定ならどの様な結果をも受け入れられると思う」
感じ方はそれぞれだ。
しかし、この民事事件に関わる事について、あれこれ書いたり言ったりする人は、少なくとも自分の目で感じて確かめるべきだ。
ここで繰り広げられている事は単純に裁判の勝ち負けだけでは無い事が手に取るようにわかるだろう。
ボクシングが好きなら特に解るはずだ。

僕は長い尋問と証言や陳述のやり取りの中この女性裁判官の表情を見てこの裁判の行く末が見えたと感じ、最後まで傍聴せずに法廷を後にした。



続く

牙城崩れず メイウェザー vs マイダナ(+ vs ブローナー) 20140504

●WBA・WBC世界ウェルター級統一戦

 メイウェザーのディフェンス、とりわけL字ガード、スウェー、ショルダーブロックを打ち崩すのは、マイダナがブローナーをダウンさせた追尾式ミサイルのような足の長いパンチがではないかと思っている。

 実際この日アンダーでブローナーと対戦したモリーナが繰り出したオーバーハンドは、マイダナがブローナーにヒットさせた左ロングフック同様大きな脅威になっていた。

 その追尾的パンチがはたして当たるか、それを焦点に試合を見ていた。

DSC_0087.jpg

DSC_0090.jpg

DSC_0091.jpg

DSC_0092.jpg

DSC_0094.jpg

 当たらなかった。

 マイダナは、自分のできることは最大限やったであろう。左ジャブ、右のオーバーハンド、左フック、離れ際のアッパー、とにかくパンチは繰り出した。中盤の失速もブローナー戦ほどはなかった。ただ、クリーンヒットが少なく、与えたダメージはわずかだった。

 この日のメイウェザーは、序盤あまり足を使わず、前に出ながら、ある程度マイダナの距離で戦った。相手の前への勢いをつけさせないためであろうが、やや相手を過小評価した面もあると感じた。実際マイダナのエネルギッシュな攻撃に手こずり、最後まで苛立っていた。

 それでも中盤以降はマイダナの動きを読んだメイウェザーがクリーンヒットを奪って判定をものにした。

 予想通りの展開だが、最後までマイダナの一発がありはしまいかと思うほど、マイダナは頑張りを見せた。

 しかしメイウェザーの情報収集能力と分析能力が上だった。マイダナの追尾の電波をメイウェザーは遮断した。マイダナのパンチは柳に吹く風となった。 

 メイウェザー、次にやってほしいのはダニー・カルシアだ。

****

 この日最も印象的だったのは、ブローナーのオーラの消え具合。

 第1R、モリーナのプレッシャーに適正な距離をとれなかったこと、そもそもモリーナがブローナーを恐れていないことが、現在のブローナーの位置をよく表している。

 ブローナー自身、相手が以前のように倒れてくれないことで、より一層強いパンチを打とうと、前傾する、踏ん張る、上半身を過度に緊張させる。その結果ディフェンス面で反応が遅くなっていた(特に序盤)。

 かつてのリツォー戦やデマルコ戦のような上から目線の、相手の眼から闘志の火を失わせるような戦いではなかった。ふつうに頑張っているボクサーであった。おそらく遅れてきた階級の壁に彼も苦しんでいるのだろう。だから1階級下げてタフな相手を再起戦に選んだことはそこそこ評価している。

by いやまじで