FC2ブログ

HARD BLOW !

2014・4.4 IBF世界バンタム級指名挑戦者決定戦 ランディ・カバジェロ×大場浩平 

写真 (1)
少しさびしい入りだった神戸中央体育館

当日の朝になって世界タイトル戦になるかも、という驚愕のニュースが流れたこの試合。すったもんだの末(?)予定通り挑戦者決定戦となったようですが、プロモーターの引き回しに起因するトラブルは今年も色々ありそうであります。

もともと仕事が早く終われば出向こうと思っていた興行ではありましたが、昼休みの休憩中に「世界戦になるかも」という報を目にした私は、ますます「見ておかねばなるまい」という野次馬根性が高まりました。

春らしい陽気から、一転花冷えになったこの日の関西地方。薄着で家をでてしまった私は、会場に向かう道すがら寒さに耐えかねて尼崎のショッピングモールで安もんのパーカーを購入。その場で袋をバリバリ破って着ていると中学生の集団に笑われて、みっともないたらありゃしないですが、とにかく急ぎ足で神戸中央体育館を目指す。

一番安い3000円の当日券を買って会場に入ると、セミセミの女子の東洋戦あたり。しかし女子の東洋戦って要りますかね…。まあいいんですけど。試合自体は実力差が大きく緊張感はありませんでした。

セミは東洋ランカーの久保隼選手がタイ人相手に順当に勝って、ごくあっさりとメインに到達。この客入りはアンダーカードの弱さも一因だと思えてなりません。カバジェロ選手はもちろんオフィシャルの招請費用や認定料等かなりの経費がかかっている興行だと思いますが…。まあ私が心配するようなことでもないのですけど。テレビ中継はお珍しやフジ系の関西テレビ。ローカル・深夜とはいえ関西の興行で地上波がついているのは珍しいですね。

軽快なラテンミュージックで入場したカバジェロ選手は全米アマを制しながらも年齢制限で北京五輪出場はならなかったという若き実力者。クロウト筋の評判も高いものがあります。アメリカ国籍でありながらラテンルーツを意識して星条旗とニカラグア国旗を携えて颯爽とリングイン。

一方の大場はチャゲアスで入場。チャゲアスなんか嫌いなつもりだったけど、真剣な顔つきで入ってきた大場の様子見てたら凄くいい曲に感じて、なんだか泣けてくる。自分は彼の試合を生で見るのは2008年名古屋での三谷将之との日本タイトルマッチ以来。注目のホープ同士だった両者の対決は、スピードと自在な攻撃を存分にアピールして勝利した大場、伸びる右ストレートで見せ場を作り敵地で存在感を見せた三谷(当時無茶苦茶ハードなマッチメイクだった)、双方が輝いたクリーンな好試合でありました。小さなジムから現れた「名古屋のメイウェザー」と呼ばれた才気あふれる青年は、東京や大阪のファンも巻き込んで大いに注目を集めましたが、なぜか世界につながる肝心の試合では負けてしまう。そのことがあってか、二度戦って歯が立たなかったマルコム・ツニャカオのいる真正ジムに移籍し、再び日本チャンピオンの座につくものの、気がつけば三十路前。自慢のスピードにはやや陰りはみえますが、39戦の濃厚なキャリアはカバジェロにはないものでありましょう。ホームの利とキャリアを生かしてホープの鼻をへし折ることが出来るか?

1Rのゴングが鳴ると大場は半身に構えてショルダーブロックと目でパンチを避けるメイウエザースタイル。やっぱりこだわりがあるんだなあと様子を見るも出だしは悪くない。一方のカバジェロは大場のスピードを測りつつ敵地ということも意識してか積極的に手を出す。でそのパンチがとにかくバカみたいに速い速い!単純にハンドスピードが凄いのである。踏み込みにおいても、日本人選手の中で最速クラスと言える大場をしのぐキレのある動きを披露。カバジェロのスピードあふれる攻撃に戸惑い気味の大場。ラウンド終盤リング中央で低い姿勢で向き合った体勢でカバジェロのコンパクトな右カウンターがヒット。大場が後ろに倒れる形でダウン。カウントエイトで試合が再開したところで1R終了。やはり前評判通りカバジェロはすばらしいテクニックの持ち主ですが、私にはそれ以上にクイックネスが印象的。大場がスローに見えるくらい速いのである。さてこの圧倒的なスピードを前に大場に策はあるか?

2Rに入ると、大場はスピード勝負は不利と見たのか、距離を潰して打ち合いに持ち込む作戦に方針転換。密着してのボディー打ちに活路を求める。実際レバーブローは力感たっぷりで有効に見える。一方のカバジェロは大場の密着作戦に対して、あえて距離はとらずに打ち合いに応じる気迫を見せる。回転のいい右ストレートとボディアッパーで迎撃し、ボディはあえて打たせて頭はしっかりカバー。3R以降は多彩なアングルでアッパーを集めて大場の頭を何度も跳ね上げ、大場のダメージは明らか。カバジェロはパンチもかなり強い。大場はなかなか頭を打たせて貰えない。

大場はベテランらしく感情のブレを見せない愚直なファイトでカバジェロに食い下がり決死の反撃も、手数もパンチの強さも明らかにカバジェロでポイントは一方的に流れていく。だがカバジェロも前進をやめない大場を不気味に感じたが6Rには思わずプッシングで大場を倒してしまう。感情のぶれに付け入るスキはあるか?と思われましたがそれ以降もカバジェロの的確さは相変わらず。エグい角度のアッパーを何発も打ち込んで大場を痛めつける。大場も中盤に入ってやっと頭にパンチが当たり出すが、それ以上にパンチを返すカバジェロの前に何度も棒立ちになる危険な状態。大場のダメージは明らかだが、手も出しているので少し止めにくい戦いぶりで事故が起きないか心配になって来る。そして迎えた8R、ダメージが明らかな大場は被弾する一方でレフェリーも何度も表情を覗き込みストップのタイミングを伺う。被弾したままコーナーに下がった大場はもみ合いの中で崩れるようにダウン。二階の貧乏席から見えなかったですがアッパーだったようです。このダウンからなんとか立ち上がったものの、セコンドからすぐにタオルが投入されてカバジェロのTKO勝ち。8R1分54秒でありました。このタオル投入は良いタイミングであったと思います。私にはかなり危険な試合に見えました。

下馬評どおりの強さを見せたカバジェロはなるほどかなりの強豪で、スターの素養充分と感じました。スピードとパンチ力を備えた華のある選手だと思います。次世代のスター候補が見れて大変満足いたしました。

大場浩平は気迫は見せましたが実力差は明らかでありました。カバジェロの強さが彼の予想をはるかに超えていたのではないか?と感じました。

試合中の写真はありません。夢中で見てたもんですいません!

コタツをいつしまうか思案中の(旧徳山と長谷川が好きです)
写真 (3)

ファンの要望に応えて気軽に撮影に応じるハンサムなカバジェロ君 スター特有の華がございました