FC2ブログ

HARD BLOW !

勇気の人。 ある元選手からのメッセージ 

佐々木基樹さんのブログ  
記事タイトル<「死亡事故根絶に向けて今すぐできること」とりあえず完成>
http://ameblo.jp/sasakimotoki/entry-11748782169.html#cbox



最近というか半年くらい前からソーシャルネットワークサービスなるものを利用し始めた。
「仕事上でも役に立つから使った方がいい」と女房に薦められてアカウントだけは2年ほど前に作ったが、対面での営業が主力の自分にはどうも性に合わず休眠状態。
元々自ら友達を作るタイプではないし、ある程度の歳を重ねると自分の型が決まってしまってそれ以上を望む事も無い。
しかし、ことボクシングに関してだけは熱が冷めず、むしろ死ぬまでにどうしても言いたい事がある、伝えたいと言う感情が抑え切れなくなった。
ただ、それはひたすらボクシングが好きだ!ということだけなのだが。

仲間内でボクシングファンのブログをやろう!という話しになった時も個々でSNSからの発信という形もアリではないか?という意見があったが、直情型の自分は理論的でないし要点をまとめて簡潔に発信する事が不可能に思えた。
しかし、考えてみれば匿名個人ブログとはいえ、レスポンスを頂くたびに不特定多数の人たちに読んでいただくのだから感情の垂れ流しだけでは申し訳ないと反省。
自己証明が可能で責任のより重いSNSで意見発信しながら勉強してみようと一念発起。
おそるおそるで始まったが、これがおそろしく機動力が高くまた情報も速いことに気付いた。
とはいえ自分にとってはほとんどがボクシングに関する事なのだが・・。

前置きが長過ぎた。
一昨日、友人がひとつの情報をシェアしていた。
ある元ボクサーからの赤裸々なメッセージだった。
自分にとっては衝撃的な事だった。
そこにはこのブログでも悲報として伝えた昨年12月20日に起こったリング上の事故について書かれていた。

これまでボクサーの宿命ともいえる頭部へのダメージや網膜剥離の問題、健保金の問題、そして選手の意識や取り巻く環境について僅かながらの取材をして来たが、OBや現役選手の答えは一様に「みなそれをすべて覚悟の上でリングに上がっている」というものだった。
ボクシングファンとしてそれは充分に理解出来るし、その心情も容易に想像は出来た。
しかし、幾度も起こる悲劇にその都度心を痛めどうしたら良いのか、ボクシングは「あってはならないもの」なのではないか?と正直思い悩んだ。

しかし、ボクシングは魔性だ。
この世に生を受け、ひたすら己の存在証明のすべてを賭けて戦う崇高な若者に観客は再び日常を忘れ陶酔する。
誤解を恐れずに言えば、選手にとっても観客にとっても、それはあくまでも非日常であり狂気と倒錯の世界でもある。
それは栄光と悲劇は表裏一体である事を一時的にも忘れさせてしまう。
いや、忘れる事は無い。
本能的に忘却しようとしているか、眼を背けているだけなのだ。
ボクシングがひたすら好きだと言うおまえは我が子を差し出せるのか?
これを書いている今も自己嫌悪に陥り辛くてたまらない。

しかし、これまで取材させて頂いたボクシング関係者の中には
「確かにボクシングには人を取り憑かせてしまう魔性がある。だからこそ冷徹な目が必要なんです」
「しかし、それでもボクシングは素晴らしいスポーツだと信じます。少しでも不幸な出来事を無くす為に、これまで蓄積されて来た膨大なデータやノウハウを綿密に整理して共有する事、考え得る限りの(医療的)環境を整える事。すべての選手の為にやる事はまだまだたくさんあるんです」
これを聞いた時、僕らには一縷の希望が湧いて来た。

そして元選手の“彼”はメッセージの冒頭にこう書いていて、思わず目を奪われた。

まず俺にできることは何か。
知識をシェアすること。


そうなんだ、感傷論なんか何の役にも立たない。
貴重な生の経験談が今こそ必要なのだ。
彼はリスクを恐れず勇気を持って告白し発信してくれた。
選手とボクシングを守る為に・・

感謝の意を伝えると“彼”はメッセージの返信にこう書いてくれた。
「誰が悪い、悪くない」ではなく自分に「何が出来るか、何をするべきか」が一番大切な事です、と。

皆さん一緒に考えて下さい。そして伝えて下さい。

佐々木基樹さんのブログ
http://ameblo.jp/sasakimotoki/entry-11748782169.html#cbox

「死亡事故根絶に向けて今すぐできること」とりあえず完成

<文・B.B>