FC2ブログ

HARD BLOW !

「運営側がしっかりしていれば問題なかった」by村田諒太

村田は大毅に同情「運営側に問題」(デイリースポーツ)

うーむさすが金メダリスト、プロボクシング村の特殊論理にそまった近視眼的なファンやライター陣と一味違うまっとうな意見でございます。

JBC側が連発するリークのトーンも日々変化しています。『騒動の元凶となったIBF側は、JBCの問い合わせに関して完全に非があることを認めているようで、それらの背景もJBCの強気の姿勢につながっているようである。最終的にはIBFが、今回の大混乱を招いた問題についての声明を出す』『ルールミーテイングでリンゼイ・タッカー氏がタイトルが空位になるという旨発言している映像がある』と言う話はいつの間にやらウヤムヤになってますね。こういう記事で「JBCは確かな証拠をもっている」という印象さえ植え付けられれば、誰も事後の検証などしない。書く方も読む方も亀田を攻撃できればなんでも良いんでしょうね。

のみならず「JBC側にはルールミーテイングで交わされていた外国語での会話を理解している人間がおらず」「通訳もいなかった」ことが明らかになりつつあります。なんでもかんでもプロモーター頼みでやって、一旦トラブルが起これば「俺たちは悪くないよ」と逃げてしまう彼らが一体どのような試合管理をしているのでしょうか?ルールにのっとって厳しく運営していれば今回のようなトラブルは起こりようはないのです。

 昨日は亀田ジムサイドの代理人弁護士から、新たなリリースが出されました。
北村晴男弁護士が亀田ジム側見解を説明

 これまた前回と同じく奥歯にモノが挟まったような主張で、史郎の放言とは対照的に「JBCがウソをついている」と断定しないという煮え切らない態度。まあなんらかの戦略はあるのでしょうが...。当事者同士どちらも直接証拠と言える「ルールミーティングの映像」と「IBFからの回答」を参照せず、「とにかく謝れ」「いやまあそう言わないでお互いに調査しましょうよ」という変な状態になりつつあります。なんだこれ?

 しかし未だに「試合直後に英語のアナウンスがあった」という事実を踏まえていない批判をしてる人が多くて驚きます。やはりあのアナウンスは「JBCガンバレ」「亀田出て行け」の皆さんには不都合極まりないようで、「日本なのに英語でやるなんておかしい」というクレイジークレーマーのようなインネンつける人まで現れる始末。こういう教養や知性にたいする根深いコンプレックスは現在のJBCを覆う没論理・反知性的な傾向の反映でありましょうか?残念であります。


 亀田は処分後を睨んだ対応してるだろうなあと考える(旧徳山と長谷川が好きです)