FC2ブログ

HARD BLOW !

いい気になるのは悪い事か?

 他の執筆者の皆さんが年頭らしく問題提起されてるので私も一席。

 私も多くのボクシングファンと同じように、大晦日のテレビ中継をハシゴして試合を堪能したのでありますが、その中でも井岡一翔選手が繰り広げた磐石の試合振りが個人的に特に印象に残りました。井岡選手は荒っぽい強打者アルバラード選手に対して、持ち前のスピードを生かして距離をとって戦うのかと思いきや、あえて接近戦を挑み打ち合いで完勝してしまったのです。接近時の防御技術、正確で力感があり尚且つ回転の良い連打は、ボクシングファンでもある北野武さんが、中継局の番組企画で練習を見学したあと「日本の歴代のチャンピオンでもトップの技術がある」と評していたのに相応しいもので、私もまた大きく同意しました。のみならずひるまないメンタリティ、旺盛なスピードとそれを維持するスタミナも素晴らしく、まさに心技体スキ無し。もともと技術レベルが高く、完成度の高い選手でしたが、いまだ成長が止まっていないのはたゆまぬ鍛錬の賜物でありましょう。今までのキャリアだけとっても充分素晴らしいですが、これからどんな試合を見せてくれるのか期待は膨らむばかりです。


 自分は普通であれば彼こそが日本のホープであり業界が未来をかけるべき選手だと思うのですが、なぜか彼の言動・行動にはファンからの風当たりが厳しく、中には『亀田と一緒』というような乱暴な極論で批判する単細胞までいます。これなんでやろと思ったら、要は決定戦での戴冠やローマンゴンザレスとの対戦を井岡側が所謂『待ち料』を支払うことで回避したことが原因なのでしょう。

 これしかし帝拳と井岡ジム側のビジネス上の『合意』であり、なんで井岡側にのみ批判が行くのかが一向に理解できません。帝拳側は井岡と対戦したきゃ強引に入札にしちゃえば良かったのです。井岡興行に乗っかって金稼いで、用心棒ローマンを使って若い芽まで摘んでしまおうなんて余りに虫のいい絵を描いても井岡ジムが乗ってこないのは当り前でありましょう。それよりも罪深いのは、『井岡が逃げた』という印象を流布する茶坊主メデイアとまんと乗せられちゃうボクシングファンであります。どうも帝拳というフレームを前にすると日本のファンは思考停止になっちゃうみたいですね。色んなジャンルのスポーツでは何年かのサイクルで勢力図の書き換えが起こるもんですが、ボクシングだけは旧態依然。帝拳が無ければボクシングもないとファンもメデイアも信じて疑わないようです。この構図って大手芸能プロが支配してる芸能界にソックリですね。

 まあ脱線はこれくらいにして、本題の井岡くんに戻ります。今ひとつ彼が批判されるのは、そのナルシステイックな言動にも原因があります。試合前や試合後のインタビューで臆面も無く自画自賛するその姿は、まあ確かに好感度が高いとは言いがたいものはあります。これは昨秋某元プロの方と酒席をご一緒した際に伺ったお話なのですが、曰く最近の井岡一翔は「先輩ボクサーと街で出会っても挨拶すらしなくなった」「先輩にもぞんざいな口を聞くようになった」「昔は散々世話になった飲食店などに寄り付きもしなくなった」などなど所謂「テング状態である」と関西の関係者の間で言われている、ということでした。確かに有名になっても、一度でも世話になった人のことは忘れず、先輩ボクサーにはすすんで頭をさげ、収入が増えても馴染みの店に顔を出し、とやっていれば「さすが、チャンピオンと呼ばれる人は人格も一流だ。ヨシ俺も応援するぞ」となるでしょう。自己陶酔している、いい気になっていると捕らえられるのは人気商売ではマイナスでありましょう。

 で私がなにが言いたいかといいますと、「ナルちゃんでもテングでも、選手として凄かったら別にいいんじゃないの?」ということです。いやもっと飛躍して「日本のスポーツ選手は『天狗になったらいかん。嫌われたらいかん。秩序を乱したらいかん』と心がけすぎてるから、イザという時デッカイ仕事が出来ないんじゃないのか?」とまで思っているのです。

 実際、先述の『井岡天狗エピソード』を教えてくれた元プロの方は「井岡のボクシングは自分の考えるボクシングの理想形だ。パンチの打ち方から防御技術から全てが理にかなっている」と井岡を絶賛していました。本業において誰よりも工夫して努力した者はテングになって当り前だし、思い描いたとおりに試合が出来れば「俺ってスゴイなあ」と自己陶酔して当り前なのじゃないでしょうか?

 先ごろACミランへの移籍が決定したサッカーの本田圭佑選手も、北京オリンピックの頃は「真顔で大言壮語を繰り返す変人」という扱いで現在の姿を想像していた人はごく少数でした。彼が腕時計を二つしていたのも、一聴すると奇異に感じるような言動をしていたのも『等身大の自分にとどまっていると、自分で自分の天井を規定してしまう』という危機感を感じていればこそだったのだと私は想像します。

 実際問題、プライベートジェットでニースやカンヌに行って、半裸のモデルと波打ち際でチャプチャプやってるような海外のスポーツ選手の調子ノリっぷりに比べたら、果たして日本のボクサーなどテングのウチにはいるのでしょうか?海外のボクサーがキャンペーンの記者会見やフェイスオフのシーンで話すことも結構ナルだったりテングだったりするもんですが、それは同時に危険に身を晒す者のみに許される特権でもあるはずです。


 というわけで今年はテングでナルな井岡君に更なる飛躍を望みたいと思います。ゴチャゴチャ言う奴は無視してわが道を行って欲しいもんです。

 内山と三浦の再戦がなんで内山にとってビッグマッチみたいな感じになってしまうんだ?と不思議な(旧徳山と長谷川が好きです)