FC2ブログ

HARD BLOW !

人権感覚がおかしい人

亀田サイドがJBCの聴聞に対して弁護士を同席させたことについて、ファンや一部自称ジャーナリストが「裁判でもないのに弁護士同伴なんて、やましい事があるとしか思えない」みたいなこと書いてて大変ビックリしました。まあその自称ジャーナリストは「民事訴訟やってる人間が選挙に出るのは問題」みたいなスットコドッコイなこと書いてた奴だからなあ。この程度の教養でジャーナリストを自称する根性は大したもんです

ドラマとか映画の影響か弁護士の業務と言うのは訴訟の弁護だけだと思ってる人が世の中には結構いるんですね。

プロ野球の年俸交渉の代理人業務は日本では弁護士しか出来ませんが、『亀田基準』に倣うと代理人に交渉を任せてる野球選手は心にやましい事があるのでしょうか?

依頼人が同席を求めれば弁護士が来るのは当り前です。逆にJBCは弁護士に同席されたら困るようなやましい事でもあるのでしょうか?
『密室でライセンスの発給を人質にして亀田を屈服させようとしたのに弁護士が出てきて台無しになっちゃったよ!参ったなあ』とか思ってなければ良いのですが...。

亀田側が抗議したという「リーク」についても彼らの怒りは当然です。「事実確認の為に聴聞する」と言ってるのになんで一方当事者の言い分を聞く前にマスコミに情報がバンバン出るのでしょうか?こんな『聴聞』が客観的な調査足りえるのでしょうか?

私が個人的に信頼していたジャーナリストの方まで、最近はJBCの言い分のみで記事を構成しています。半ヨゴレのゴシップライターはともかく、尊敬していたスポーツジャーナリストの方まで「嫌われ者の亀田だから、まあ何書いても良いだろ」と言うような感覚で記事を書いていることには大変失望しました。

こういう思慮の無い報道の影響か「JBCに楯突くと言うということ追放ということ」みたいなことを書いてるファンまでいて目が点になりました。なんぼミスリードされてるとはいえ、社会性が無い事を堂々書く人が多くてホントビックリしています。亀田への怒りが正気を失わせているのか...?

プロの方にはせめて双方取材と言う原則は守って欲しい(旧徳山と長谷川が好きです)