FC2ブログ

HARD BLOW !

『JBCは悪くない』byJBC

 ボクシング村内では紛糾がやまない『亀田大毅負けても王者のまま問題』でありますが、一般社会のリアクションはことのほか薄く、テレビニュースやワイドショーはガン無視と言っていい状態です。よく「人間は刺激に飽きる」と申しますが、同工異曲のスキャンダル路線ではおのずと限界も来ようというもの。いくら燃料を投下してもボヤ程度で終わって一向に延焼しない世間の冷めたリアクションを見ると、亀田兄弟の賞味期限が終わりを迎えていることがよく分かります。

 そんな落日の亀田一家と泥舟JBCが絡んだら何かが起こらぬ訳が無い!ポンコツ同士が『計量失敗』『内容低調』『試合後仰天』と良いところ無し・史上最低レベルの世界戦の責任を巡って、「そっちのせいだ」「俺は悪くない」「言った言わない」の低レベル極まる第二ラウンドをおっぱじめ、一部好事家(含む俺)がその推移に大いに注目しています。

 この一連の『対立』の経緯をいち早く報じたのは、論スポ編集長にして藤原トレーナーとの豪華ゲストトークショーのホストとしてもおなじみの本郷陽一記者による『JBCが亀田陣営と全面対決 最悪、ジム消滅も』と言う記事でありました。

 記事冒頭に出てくる、JBCからの『中間報告』だというコメントで浦谷事務局長代理は「JBCには落ち度は無い」(注;要するに『俺達は悪くない』と言ってるのと一緒)と元気一杯断言した上で「事実を湾曲(注;歪曲のことか?)したものがいる」と大見得を切るわけですが、本当にJBCに落ち度が無いなら責任は事前の合意を反故にしたIBFにあるということになります。ところが浦谷事務局長代理(肩書きなげーな)の怒りはなぜか亀田ジムの嶋マネージャーに向かい、「虚偽を述べ事実を湾曲(注;本郷記者がこのような初歩的な日本語の間違いを連発するとは考えられず、浦谷氏の発言を改変せず伝えると言うジャーナリステイックな姿勢を取っているが故と思われる)して伝えている」とおかんむりのご様子。

 IBFがルールミーテイングでの合意内容を違えたのであれば、それは重大な信義違反であり、IBFがどう言おうがJBCは頑として認めなければいい話であります。ところが会場で当事者であるタッカーを問い詰め抗議するわけでもなく、メールでIBF本部に確認すると言う眠たい対応をしているうちに既成事実化されてしまう始末。これじゃIBFにも亀田にもなめられる一方だよと思うのですが。

 ですがこの記事を読んでいてふと大きな違和感に行き当たりました。どうもJBCは「ルールミーテイングで合意した内容が覆った」という本質論で怒っているのでなく、「ルールミーティングの内容が覆ったことの責任をJBCにかぶせることは許さん!」という枝葉末節かつセコイことに怒っているだけのようなのです。要は「確かに合意内容はひっくり返ったけどJBCは悪くないもんね」と言ってるだけなのです。

 バンコク愚連隊氏が当ブログのコメント欄でおっしゃるように「テレビや新聞であんだけ連呼してた対戦条件が事実でないことを、亀田ジム側が知っていて沈黙していたというのはありえない」のはその通りであり、プロモーターとしてもテレビ視聴者、観衆を馬鹿にした話です(私も当日の有料入場者でしたので言う権利はあるはずです)。聞けば亀田ジムの嶋マネージャーは中継局であるTBS出身だと言う話、そんな彼が報道機関でもあるTBSの信用を毀損するようなことをわざわざするでしょうか?そう考えてもなんらかの掌返しはあったのではないかというのが私の個人的な見解です(この辺は他のメンバーとは見解の相違はあるかも知れません)。

 ただそれもJBCが頑として突っぱねれば済む話であり、大毅が負ければ空位という合意があった証拠を突きつけて亀田であろうとタッカーだろうとIBFだろうとキャンと言わしてやれば良いのです。なぜそれが出来ないのか?密室で亀田ジムの嶋氏に枝葉末節についての聴聞をすることに執着するのか?なぜ現場で腰砕けになったあと亀田との対決にのみ意欲を燃やすのか?

 プロボクシングの信頼回復には一切貢献しない、「JBCは悪くない!謝れ!でないと処罰するぞ!」という戦いに血道をあげるJBC。いったい何の展望があってこんな無駄なことをしているのでしょうか?


 あとひとつ不可解なのは、満天下に誤報を流す結果になったTBSから怒りの声が全く聞こえてこないことです。あんだけ連呼してたことがウソになってしまって平気なのでしょうか?世間が無関心だからいいと言う次元の話では無いような気がするのですが…

 それにつけてもメデイアへの抗議にまで言及するJBCのエキセントリックな姿勢には驚きを禁じえません。

それと「亀田とJBCどっちが悪いか」みたいな単純化をする議論は厳に避けなければなりません。亀田の試合レベルやマッチメイクがひどいこととJBCのガバナンスがポンコツなのは質の違う問題であり一方が正しく一方が間違っていると言うようなものではありません。両者の対立は価値観の対立ではなく利害の対立に過ぎないのです。

 

 浦谷氏の発言を『湾曲』させずにそのまま記事化したところに何か感じる(旧徳山と長谷川が好きです)