FC2ブログ

HARD BLOW !

高山勝成選手の凱旋試合に思う。

 IBFミニマム級タイトルマッチ12回戦  12月3日 於 大阪府立体育館
王者 カツナリ・タカヤマ(日本)対 挑戦者ベルヒリョ・シルバノ(比国)
結果:判定3-0  120-108 118-110 118-110 王者初防衛

openinng_3.jpg


高山選手の凱旋試合は、ほぼ完ぺきな内容での勝利だった。
直前まで仕事に追われ、挙句それを放り投げて新大阪へ向かう列車に飛び乗った。
これまでの高山選手のボクサーとしての想いと苦難の道程を知って、何がなんでも、どうしてもこの試合だけはこの目に焼き付けておきたかったのだ。

正直に言えば相手のシルバノは若く有望な選手だが、王者の技巧の前では相手にならないはずと思っていた。
しかし、王者は一切手を抜く事無く全力でこの若者を潰しに行った。
高山選手は王者でありながら、いまだ大いなる挑戦者だからだ。
比国人挑戦者は王者にパンチが無いと思っていたはずだ。
それを初回中盤には、威力が増した右をいきなりオーバーハンドで決めて挑戦者を驚かせた。

takayama_04R_1.jpg


スパーリング相手に「視界から消える」と言わせた自由自在なフットワークを右に左にと操り、サウスポーの右からの攻撃を尽くジャブで潰し、さらに上下の連打で圧倒する。
攻撃時のポジショニング、特に前足の位置と方向は常に機先を制し、相手の反撃を無にするものだった。
くわえてパリングやストッピングでバランスを崩された挑戦者はもはや打つ手が無くなり、意を決して左強打の相打ちを狙うしか策が無くなった。
攻撃が更に単調になればますます王者の思うつぼ。
そうさせたのがまさに王者の技巧で、ここに刮目すべきだ。
闘志を失わない挑戦者も時折りは、意地でその左を決めて見せたが大勢に影響しなかった。

takayama_11R_2.jpg



しかし、この試合に限って欲を言えば、冒頭に書いた「ほぼ完ぺき」でなく完璧を期待した。
それは派手なKOだけでない。一切触れさせない、一方的に打つ完全試合だ。
試合前に王者は「蝶のように舞い、蜂のように刺す」有名なモハメド・アリの言葉を引用した。
そしてそれを体現して観客に見せ、そして魅せた。
実際にフルマークを付け完全試合を認めた審判もいた。
だが、どうであれ他は2ポイントも取られてしまった。

ボクシングのフルラウンドにおいて、それは奇跡的であるという事も解っている。
自分は無責任で貪欲なファンだ。
しかし王者である高山選手のスキルと更に目指す頂点が前人未到なものだけにそう期待してしまうのだ。

試合を見届け、また直ぐに今度は東京行きの列車に飛び乗った。
車中でひとり祝杯を挙げながらふと思った。

高山選手のこれまでの偉業とさらに目指すべきものへの想いをファンはどう評価するのだろう。
いや、それは関係ない。
自分はといえば、今や意味を成さなくなった世界王者の権威と価値、そしてプライドを取り戻す為に戦う一人の闘士が厳然といた!その事を一人のボクシングファンとして子供らに伝え残す。
真の王者を目指す若者と同じ空気を吸う・・一瞬の、ただその為に来たのだから。
そう自分に言い聞かせる。

しかし、どうしても・・止むに止まれずだ。

王者は強者の系譜でなければならない。
強者とは強敵を恐れず、目の前の戦いに全力を傾ける者の事だ。
ボクシングの勝敗は残酷で、だからこそ鮮烈だ。
たとえ負けたとしても、それを踏み台にしてより強いものが上に行く。
正々堂々ボクサーのプライドを賭けた戦いの軌跡は引き継がれる。

そうして頂点に立った者だけが真の強者といえるのだ。
それがボクシングであり王者の称号なのだと信じる。


B.B

異常体験?時空も歪む亀田劇場でお腹一杯

 こんな事書くと「当り前じゃないか」と思われるかも知れませんが、私にとってはボクシングを観戦するということは楽しみ、喜びであるはずでした。まして世界戦ともなればチケットを持って会場に入るときは高揚感に包まれているべきであり、試合中は時間を忘れてゲームの展開に没頭しているはずであり、試合が終わった後は心地よい余韻の中で試合についての感激や感想を仲間と意見交換したいと思うはずのものでした。

 201312041310134c5.jpg

親しくない親戚の葬式に出席してる時のようなテンションの観客達 喜びも悲しみもない無の状態か?

 これは亀田大毅×リボリオ・ソリス戦終盤における観客席の様子です。疲れきった横顔の群れの中には、居眠りをしている人も見受けられます。WBAとIBFの王座統一戦という大一番の後半、まさにここを見ずにどこを見ると言うポイントで、観客席には一切熱がありませんでした。
 アリーナの北面の一角を占める黒いTシャツを着た大毅応援団から大毅のパンチに合わせて振りつけられたような歓声と拍手が起こる以外は場内は水を打ったような静けさに支配され、起伏の無いまま試合は淡々と進行していきます。



 自分がいたアリーナ西面の中段には亀田ファミリーを応援している中学生くらいの少年の一団がいました。和毅や大毅が密着してオープンブローのボディーをポカポカと連打すると「ボディー効いてるよ!」と叫んでいた彼らも、ロングラン興行終盤には完全に退屈モードに突入。実際には「ボディー効いて」ないことも相俟ってか、「疲れた」「帰って宿題しないと」と雑談を始める始末。一方対面の東面スタンドに目を転じてもそこにいた観客の群れは身じろぎもせず、まるで『ひょうきんプロレス』の書き割りの観客のような生命の息吹が一切感じられぬまさに異様な雰囲気。

 それにしても体感での時間の流れが遅い!フローリング工場のベルトコンベアの前で検品作業のバイトをした時以来の時間の流れの遅さであります。興行の開始直後にあった高山選手の試合が遥か昔に感じられる...。いやこれは同じ現実の出来事なのか...。歪む時空の中で意識が遠くなります。

 試合は皆さんご存知の通り2-1でソリスの判定勝ち。判定結果のアナウンスがあった直後も特に会場に落胆の色もなく、かといって「あの『最後まで立ってりゃ勝ち』の亀田が負けた!」という驚きもなく「やっと終わった」と言う安堵感のみ。

 五時間以上続いた興行から10時過ぎに開放され、会場から吐き出された人々はほぼ無言であり、普通のスポーツイベントでは散見される興奮して試合について語っている人は皆無でした。

 その後観戦仲間と遅い夕食をとりながらネットのニュースをチェックしていると「大毅は負けてもIBFのチャンピオン」という仰天するような情報がもたらされます。「WBAは体重超過で剥奪でIBFはそもそもベルトは移動しないならこれってタイトルマッチじゃないよね?」と言う根本的な疑問は興行の都合の前では意味を成さないのでしょう。タイトルマッチだと謳って切符も売っている、テレビ中継もついている、今更ノンタイトル戦には出来ないよということか...。でもこれがまともなスポーツでしょうか?

 試合前は計量失敗体重超過、試合本番はお見合いに終始する凡戦、試合後は勝敗やタイトルの移動を巡るグチャグチャ。いいところが一つもないひどい試合でした。

 大毅はコンビネーションが打てず、どころか安全な局面でしかパンチを打たないので、飛び込んで単発と離れ際のドサクサ&グチャグチャ攻撃だけ。パンチを打たなくてもポイントが取れる『亀田判定』に甘やかされた結果手数も極端に少なくなり、試合はお見合いのシーンばかり。面白くない上に試合にも勝てないじゃ一体誰が何の為にやってるんだよと思いました。


 オマケの最終兵器和毅の試合はまさに『論評に値せず』と言う感じ。試合のシーンをピックアップして「これは何ラウンドでしょう?」と聞いても、本人にも分からないんじゃないかなー?と言うくらいの一本調子で展開に乏しい試合でした。相手にパンチを当てても、そこから追い討ちせず自分から距離をとるスタイルは『ザ安全運転』と言う感じで、これじゃあ到底人気は出ないだろうなあと思いました。

 とにかく疲れました
20131204155456e97.jpg

剥奪されたベルトを持って入場したソリス 何がしたかったんだこの人

 
 亀田の試合を見て心を無にする瞑想法が出来るのではと考えた(旧徳山と長谷川が好きです)