FC2ブログ

HARD BLOW !

健保金問題がついに争点化?

20130922 朝日新聞 JBC健保金問題記事(朝日新聞2013年9月22日付)

 本日2013年9月22日付朝日新聞のスポーツ面に、JBCの健保金の使途が問題化しているとの記事が掲載されました。

 少し複雑になりますが簡単に解説しますと、健保金とは試合が原因の傷病にかかった医療費を選手がファイトマネーに応じて積み立てた基金で全額支払うと言う制度でした。JBCが公益法人から一般財団法人に移行したことに伴い、健康管理見舞金へと名称が変更され、今までは上限が無かった支払金額は10万円以下と言う規定が追加されています。「一般財団法人になって公益目的の支出が出来なくなった」という理由で制度が改変されたらしいのですが、宙に浮いた形の積立金の使途は従前より注目されていました。

 選手が健康目的で積み立てたカネをJBCの職員の人件費に使うというのは明らかにおかしな話で、これは紛糾は避けられないかと思います。選手に払い戻すか新たな基金を作るかがスジでしょう。公益法人格放棄と軌一して早速生臭いゼニカネの話が噴出するあたり、ガバナンス無きJBCは相変わらずのようであります。

 あとこれは余談ですが、JBCを解雇された職員の行状を「選手が納めた金を無駄使いしてる」と大仰に嘆いて見せていたボクシングマガジン誌におかれましては、医療費目的で集めれた積立金の流用に果たしていかなる見解を示されるのでありましょうか?業界内の馴れ合いやジャーナリズムの不在がこのような事態を招いていることを今一度自覚し、専門誌としての正しい役割を認識していただきたいと今一度申し上げておきます。まあ無理でしょうけど。

          この記事はほんの始まりでは無いかと感じる(旧徳山と長谷川が好きです)