FC2ブログ

HARD BLOW !

長谷川穂積の感じた「理不尽」にまつわる雑感

MSNのトップ画面を見ていたら「穂積、ボクサーへの法律に怒り」という穏やかでないタイトルを発見。
これはどう考えても我が愛する長谷川穂積選手であろうということで詳細を読んでみると、自身のブログにて「ボクサーはいついかなる時も手を出したらあかんのかい!」という不満をぶちまけたということのようです。

http://topics.jp.msn.com/entertainment/general/article.aspx?articleid=2059693

私は法律家ではないからよくわかりませんが、彼の主張するところの「ボクサーの拳は凶器」だのといったことは、多分法律には書かれていないと思います。ただもし殴ってしまった場合に裁判等で、一般人より鍛えこまれた拳であることはボクサー自身もわかってるはずだから、普通の人に当てはめれば、素手ではなくそこらの棒っきれを拾って殴ったのと同じ(より威力の高い攻撃を選んだ)という風に判断される可能性がある、ということではないでしょうか。

また、暴力沙汰を起こしてしまったボクサーの場合は、相当な酌むべき情状があったとしても、「手を出した」の一点を以って、プロ選手として何がしかのペナルティを受けることが多いです。
今回は自分の後輩がそういう状況に巻き込まれて被害を受けたこともあり、そうした「とにかくボクサーは何があっても手を出すのはご法度」というのが我慢ならないという思いで書いたものと推察します。
ですからこの問題は、単純に「ボクサーがリング以外で人を殴るのは是か非か?」という二択で決められることではないと思います。

昔であればガッツさんのような逸話(あの話も本当のところは、かなり内容は「盛られている」らしいですが)も、「さすがチャンピオン!」と受け止められる土壌がありましたが、あの場合は相手方が公序良俗に反するような方々であったこともあって、大きな問題にはならなかったんではないかと思います(詳しくは知りません)。
あくまで現在は、大っぴらに人様を、しかも明らかに人を傷つけようという意図で殴っても咎められないのは、(ボクサーでない)二十歳未満のクソガキだけ。ボクサーはリングの中でのみ、スポーツとしてその拳を振るうという考え自体は正しい。

ですからよく「そういう時は走って逃げろ」などと言いますが、しかし実際に身の危険や、ましてや家族や友人に危険が迫っているような状況に遭遇してしまったら、これは四の五の言わずに手を出してしまうのはやむを得ないと思います。極端な話、自分の奥さんに暴漢が数人でのしかかっているような状況で、「自分はプロボクサー。拳は凶器だし、選手生命に障るので逃げました」なんていうヤツはいないでしょう。
たとえば相手が何か凶器を持っていたような場合、普通の人でも、手近に棒っきれが転がっていれば使うはずですから、そのような状況で、ボクサーが「武器」としてその拳を使ったとしても、心情的には理解できるし、多分実際の判決も、さほど世間一般の感覚と違わない結果が出ると思います。

さあでは、業界としてコミッションや協会、所属ジムはどう対応すべきかということになりますが…これは難しいですね。
ガッツさんの時のような相手ならまだいいんですが(笑)、某選手の時のように、相手が酔っぱらった一般人で実際にケガもした、というようなことになると、いくら相手方に非があったとしても、業界として「相手が悪いから選手は無罪放免です」とは言いにくいでしょうね。
しかも、空手家やレスラーと違って、ボクサーの場合は「凶器」と認識されてるのは両拳だけだと思いますが、じゃあ「パンチは使っておらず、投げ飛ばしただけです」という場合は許されるかと言うと、多分そんなことはないでしょう。既にその事件の時は引退後であった某選手の場合は、ある人を監禁した場所に立ち会ったということだけで、大きくメディアに取り上げられました。

その人の場合は「暴力事件」というより「不祥事」という意味合いでしたが、いずれにしてもスポーツであり興行でもある以上、世間の目を気にする部分は致し方ないですから、司法の判断や世論の風向きを見て処分を決めることになるでしょう。幸いにというべきか、ボクシングの場合は元々が数カ月試合間隔が空きますから、半年程度のサスペンドなら「一応罰したという形にもなり」「でも実質お咎めなしに近い」という結果になるんじゃないかと思います。

そうではない、完全に自分に非がある理由で暴れたタワケには当然に厳罰を与えるべきですが、どのような処分であれ、いつ誰に訊かれてもしっかり説明できるように、覚悟と責任を持って決めていただきたいと思いますね。こういうことは「懲役なら永久追放、執行猶予なら○○年のサスペンド…」などと、一律で決めることができないこと問題ですから。
しかし現状は、それこそ「理不尽」な理由で処分を受けたり、逆になぜか「お咎めなし」だったりすることが多いので、お任せするのは非常に不安ですが…

あと、ボクサーの拳が凶器と認識されるなら、相手がボクサーと知って敢えて突っかかったヤツについても、ちょっとは罪を重くすべきだと思いますよ。
上で「クソガキ」と書きましたが、未成年ということに加え少年法でも保護される中学生くらいのゴロツキは本当にタチが悪くて、教師も親も手が出せないことを承知でやりたい放題しています。
それと同じで、たとえば今回の長谷川選手の後輩に暴行したというやつらが、ボクサーは素人に手は出せないということを見越してやったんだとしたら、これは相当に卑劣というほかない。いうならば、反撃できないことがわかってる身障者の人に暴行を働くのと同じことです(パワハラなんかにも通ずる考え方ですかね)。
「ボクサーはリング外で手は出せない」と併せて「ボクサーが手を出せないことに乗じて危害を加えようとした者はより罪が重くなる」というのもセットで流布されたら、少しは選手も安心できるんじゃないでしょうか。

しかし、自分が原因でそういう状況にならないように、人間関係等に気をつけるくらいの自衛は必要でしょうが、たまたまそのような場面に出くわしてしまったらしょうがないですからね。
いつだかホールの興行で試合の合間に、泥棒だか強盗だか、とにかく何かの犯人を取り押さえたという元ボクサーの方を表彰するというセレモニーがありました。
でも「トラブルに巻き込まれないようにまず逃げろ」がボクサーとしての鉄則なら、この場合も美談として紹介するのはまずいんじゃないの?なんて突っ込みたくなりますよね。ボクサーはリング外では無闇に格闘したらいかん、というんですから。

まあこの方はとっくに引退した「元」ボクサーですし、それにもうお爺ちゃんという年齢の方でしたので、素直にその勇気を讃えることにまったく異議はないですが、理屈としては、相手が犯罪者で無事捕まえたから結果オーライ!ではいけないと思うんですけどね。
もしその犯人が凶器を持っていた場合、元ボクサーの方が首を突っ込まなければ、単にそいつが逃げて終わり、だったのが、取り押さえようとしたせいでその元ボクサー氏が刺されて、余計な被害者が増える可能性もあったわけです。
もっと言えば、逃げてたのが善良な市民で、追いかけてきた方が実は悪人。元ボクサー氏が犯罪者だと思って取り押さえた男を、追いかけてきた男が「悪いねぇ爺さん、助かったよ」なんて言って刺し殺した…なんてことになったら、殺人に加担することになってしまいます。

ちょっとたとえが極端になりましたが、要は単純に「ボクサーだから殴るな」とか「いいことしたから褒めてやる」ということでなく、ボクサーたち自身をを守る為に、協会にしろコミッションにしろジムにしろ、しっかりと責任感を持って選手を導いて欲しいなと思います。
日頃の指導は勿論、万一何か事が起こった際には、慎重に公平に判断して物事を決めていただきたいと。
あの袴田巌氏の死刑判決の根底には「どうせボクサーあがりはこんなヤツら」といった偏見があったとも聞きます。現在においても、必ず年に一人か二人、現役や元選手の不祥事が話題になります。
ファンとしては、選手はみんな根は気のいい青年と信じたい、と思っていますので、何とかそういう悪いイメージを覆して欲しいと思います。

(ウチ猫)