FC2ブログ

HARD BLOW !

虚脱と麻痺

 つい先日『亀田家の最終兵器』三兄弟の末弟亀田和毅選手がフィリピンセブ島でWBOバンタム級のタイトルを奪取しました。中立地とはいえフィリピンでの一発勝負で形を崩さず勝ちに徹した集中力はなかなかのものであったと思います。この辺はメキシコでの生活が糧になっているのでしょう。それにつけても亀田史郎、何だかんだいって和毅が世界を獲るにはこのタイミングこの試合しかなかった。それを逃さず試合を組んだ嗅覚はまさに彼の面目躍如であったと思います。 

 もっとも試合内容自体は相変わらず。展開に起伏が無く低調で、私が従前から感じている亀田兄弟のボクシングと同根の違和感満載でありました。対戦者同士のダイアローグがない試合は必然観客の感情移入も生まず、会場が不気味な静寂に包まれると言ういつもの奇妙な空気。彼らの試合で観客のヒートを生んだものといえば、興毅×ランダエタ(今何してんのかなあ…)の一戦目と内藤×大毅というスキャンダラスなゲームがまず浮かんでしまうのも、自分が蒔いた種とはいえ大変であります。 

 もはや世間もボクシングファンもどう扱っていいやら分からなくなっている感のある亀田三兄弟ですが、ここにきて亀田史郎氏のライセンス再申請が話題となっています。まあオレンジ事件の金平氏でもライセンスの復活はあったわけですから何があっても不思議じゃないですが、プロボクシング協会長にしてJBC理事を務める大橋氏が前向きな発言をしてるあたりを見れば復帰はもはや既定路線なのかという気も致します。安河内氏を排除して以降むしろ勢いを増したように見える亀田一家ですが、亀田史郎氏に恫喝されたという『因縁』もあるレフェリー氏やリングアナウンスを巡って『遺恨』があるという試合役員氏あたりはこの辺どのように整合性を見出しておられるのでしょうか?業界の大物である大橋氏の意向を前にしては、『動物には優しいけれど人間には意外とひどいことを平気でする』ゴシップライターに泣きついて援護射撃を頼むのが関の山と言ったところでしょうか?

 かように『悪の安河内一派』を追い出して良くなったはずがすっかりガバナンスがポンコツ化し、相撲協会や柔連が何をおいても死守しようとしている公益認定すらもアッサリ捨ててしまったJBC。一般法人移行についていつアナウンスがあるのやら?と思っていたら、なぜか7月26日という全くタイムリーじゃないタイミングにWEB上でひっそりと告知が行われていました。http://www.jbc.or.jp/rls/2013/0726release.pdf

 物凄く重大な制度上の変更を伝える文章なのに異常に簡潔な文書のスタイルにも面食らいますが、

『「一般財団法人 日本ボクシングコミッション」 へと名称変更することとなりました。』

という一文がまた凄い。組織のありようが変わり、健保金などの重要な制度が変ったのに「名前が変っただけなんで今後とも4649!」という感じの軽さがタマランもんあります。

 そんな「もはや公益法人じゃないんだから色々適当でいいジャン」という軽いノリがいけなかったのでしょうか?8月3日の興行での栄えある日本スーパーフェザー級タイトルマッチでチャレンジャーが体重超過をやらかしてしまったのです。前日計量で1.6キロという大幅な超過と言う失態を犯したのは、金メダリスト村田諒太選手に名義を貸している、じゃなかった彼が所属していることで有名な三迫ジムの大村光矢選手。本来ならこれはタイトルマッチの認定は取り消されるべき試合のはずですが、なぜか日本タイトルマッチとして挙行されました。試合自体は金子選手が1RKOで圧勝しましたが、『もし金子選手が負ければタイトルは空位になる』という条件だったようです。そんな条件ではキッチリ体重を作って来た金子選手には余りに不公平ですし、もし事故でもあればまさに踏んだり蹴ったり。怪我したところでもう健保金もありません。もし巷間言われているように「タイトルマッチとしてチケットを売っていた」「テレビ中継があった」というような理由でタイトルマッチが挙行されたならこれぞまさに、経済優先・興行事情優先によるガバナンスの不在であります。

 最近のJBCでは短期間に色々な問題が起こりすぎて、こちらとしてもイチイチ指摘する気力が減退し、感覚が麻痺してきております。そうやってファンの感覚麻痺を呼ぶのがJBCの狙いなのでしょうか?『一国一コミッション』と力みかえるなら、せめて組織のレゾンデートルであるタイトルマッチくらいはキチンとした基準を持って挙行して頂きたいものです。

 「風立ちぬ」を見て宮崎駿の凄みを再確認した(旧徳山と長谷川が好きです)