FC2ブログ

HARD BLOW !

高山勝成選手のJBC復帰について思うこと

 トレーナーである中出博啓氏のサイトにおいて、6月22日付けで発表されていたIBFミニマム級チャンピオン高山勝成選手のJBC復帰ですが、時事通信や主要スポーツ紙でも続々と報じられてきています。当のJBCからのアナウンスがまだ無いので、決定とはいえない段階ですが、ほぼ本決まりと思って間違いないのでしょう。

http://boxing.seesaa.net/archives/201306-1.html

http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2013062200177
http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20130622-1146028.html
http://www.sanspo.com/sports/news/20130622/box13062211440000-n1.html

 様々な困難を乗り越えて、日本人としては21年ぶりの海外奪取という偉業を果たした高山選手が、日本のファンの前でボクシングが出来る環境に戻れたことはまずは大変喜ばしいことだと私は思います。

 つまらない方の月刊誌がお題目のように唱えてる、いわゆる『業界の秩序』を破ってIBF認可の直前に海外で戴冠した事については、業界内には異論・雑音もあるかと思いますが、ファンとしては「勝って運命を開いた」と言うシンプルな側面にこそまず感応してしまいます。  

 思えば野茂英雄が近鉄バファローズを任意引退扱いで退団し、メジャーリーグに挑戦した際も偏狭な球界OBや報道人から様々な批判が起きたものでした。曰く「我がまま」「秩序破壊」「フォームが変則だから通用しない」(実際は変則ゆえに活躍出来た)「四球と盗塁で自滅する」(実際は二回のノーヒッターを達成)等々。その後野茂が「通用する」どころでない活躍を見せ始めると、批判者がコロッと掌を返したのは御記憶の通りです。

 決して我を曲げない生き方で批判者を沈黙させた生き方は、彼のピッチングにも通じる愚直なものでした。その感性は高山勝成選手にも通じるものであると私は思います。海外の世界戦でなぜ日本人は勝てないのか?高山選手と陣営のチャレンジは、日本のボクシング業界の商慣行からすれば、一見して「無謀な」ものなのでしょう。しかしそういう無謀さに挑む感性と、リング上での強さには相関があるのではないか?というのが従前よりの私の仮説であります。空気を読んで、八方美人でいる人間には決して出来ない仕事があるのではないかと。

 多くのNPBの選手達が、野茂のつけた道を通って、チャッカリと彼とは比較にならないような大型契約を結んでいきました。江夏豊氏が「野茂以外は全員カネや」と喝破したように、野茂が冒したリスクは特別なものでした。一人の人間の挑戦が地殻変動を起こし、業界のルールすら変えてしまった。野茂の活躍によって、ファンも選手も業界人もマスコミも「日本以外にも広大な野球の世界がある」ことを知ってしまった。知ったからこそ戻れなくなったということでしょう。
 
 高山勝成陣営の冒険は日本のボクシング史においてはとても重要な事件であり、それを記憶して語り継いでいくことが本来はメディア・著述者の仕事ではないのかと今一度言っておきたいと思います。そして復帰後の冒険の続きを、一ファンとして注視して待ちたいと思います。

 それと、当HARD BLOW!としてはやはり高山選手が「新コミッション構想に連座した」とJBCに名指しされたことに言及しないわけにはいきません。当時選手・陣営ともブログ等ではっきりと否定はされていますが、未だに安河内・谷川両氏の裁判は継続中です。この奇妙な事件の実相はどうだったのか?現時点での高山陣営の見解はどうなのか?ということを聞いてみたい。

 高山選手の競技生活が最優先であり、その他の舞台裏のゴタゴタはもうええねんという心境かも知れませんが、高山陣営の肉声によって霧が晴れることは多々あるかと思います。是非なんらかの情報発信をお願いしたいです。

 ジョイとの再戦と言うカードも見てみたい(旧徳山と長谷川が好きです)


ありがとう

是非皆さん下のリンクをご覧ください。

夢を追えないボクシングなら未来はない・・

http://www.l-kid.com/msg.html

高山選手のブログからですが、素朴な言葉に想像を馳せる事も当時はありませんでした。
軽薄な言葉が蔓延した世の中に自分が慣れて切ってしまっていたからだと思います。
しかし、彼らはそのメッセージを今真実の魂の言葉にして、平凡にして鈍感な自分にも余りに解り易く伝えてくれました。
そして、言葉は体現して初めて庶民の心の奥底に伝わる事までもあらためて教えてくれた。

僕らのテーマであるボクシングとは何か?ボクサーとは何か?
答えがそこにあります。

日本ボクシングの歴史に燦然と輝く高山選手の偉業は、単に海外王座奪取を果たしただけで無く、真のアスリートとして、魂の体現者たる資質を具えていた事を証明した事です。

リングで輝くボクサーを僕らは無数に見て来た。
しかし、これほどに生き様を通して心を揺さぶられたボクサーはなかった。

日本にはいまだアリは存在しません。
しかし、自らの哲学を貫き通し証明したという意味で、小さなそして無口なアリが出現したと言って良い。

この偏狭な日本ではこの偉業を正当に評価し理解する人は少ないかも知れない。

僕らはファンは、後世のためにもそれを守らなあかんのです。

僕は「カツナリ・タカヤマ」の偉業を生涯忘れません。

B.B