FC2ブログ

HARD BLOW !

アマ・プロ対決 『村田ルール』VS公益認定

 最新号で『日本ボクシング界の秩序を守るために』と言う、何が言いたいのか分からない珍妙な記事をわざわざ見開きを使って掲載し、一部読者・関係者を大いにポカーンとさせたボクシングマガジン誌。一方、競合誌であるボクシングビート誌は「アマ協会が選手から『プロへ行かない』という誓約書をとる方針だ」と言う、あらゆるファン・関係者にとって重大な規則変更-いわゆる『村田ルール』-の詳細を一般誌・スポーツ紙に先んじて報じ、専門誌の面目躍如となりました。専門誌には、このような貴重な情報にこそページを割いて欲しいと私は思います。それは多くのファン・関係者にとっても同じでありましょう。

 さてその肝心の『村田ルール』はと言えば、「これって憲法違反じゃないの?」と思わざる得ない時代錯誤なシロモノで、到底広汎な支持を得られるような内容とは思えません。軽い気持ちで近所のプロ非加盟ジムや高校のボクシング部に入った少年が、一生十字架を背負うようなルールは大変問題があるものです。30%という『搾取率』じゃなかった『マネジメント料の比率』や、引退後に移籍を制限される2年という年月の根拠も不明で、失礼ながらいい大人が議論して決めた内容とは到底思えません。
 このルール変更の異様さの根底には、村田諒太選手のプロ転向に関してアマチュア側の面子を潰すような何かがあったことは想像に難くないわけですが、かといってこんな個々の選手・現場の指導者にしわ寄せがいくようなやり方は明らかに間違っています。「アマはプロの育成機関・下請けじゃないぞ」「五輪金という実績は、プロ選手の箔付け材料じゃないぞ」という憤懣は正当なものだとは思いますが、それをスポーツを健全化するオピニオンとしてでなく、いきなり生臭いゼニカネの話として打ち出してしまっては世間はドン引きするのみです。
 それもこれも、ロンドン五輪でのダブルメダル獲得によって『終身会長』というモノ凄い肩書きを得た山根明氏の絶大な威光が、他の理事の皆さんの判断をゆがめていることが原因ではないのでしょうか?日本ボクシング連盟の皆様には、どうか怒りを一旦置いて冷静になって頂きたいと、生意気ながら意見させて頂きます。そうでなければ主張自体が世間に届きません。
 それとこれは個人的な心配ですが、フジテレビ・三迫・帝拳・電通・トップランクという中間搾取の多重連結状態でプロに漕ぎ出す村田選手は正当な報酬が得られるのかいなとこちらも心配になります。さらにアマ側が「こっちにも分け前を」と言い出したとなればますます事態は複雑化するでしょう。今となってムナシイだけですが、なにかこうもうちょっと円滑にやる方法があったのではないだろうかと思えてなりません。

 さてそんなアマ側の迷走(と言っていいと思います)が話題をさらう影で、プロ側でひっそりと結構重大な制度変更がアナウンスされました。JBCのホームページの「告示 平成25年6月14日」から引用します(以下引用)

平成25年7月1日、財団法人日本ボクシングコミッションが一般財団法人日本ボクシングコミッションに移行後は、従前の健康管理基金制度を廃止し、新たに健康管理見舞金制度を創設し、平成25年7月1日(月)より実施する(引用以上)

 なんとJBCは2008年以降の公益法人格の見直しに伴い、7月1日以降一般財団法人に移行するらしいのです。ならばこの制度変更は公益事業の整理統合措置でありましょうか?この制度変更が改善なのか改悪なのかは、私はまだ勉強不足で分からないのですが、少なくとも健保が使えず自己負担額100%になる外国人選手がもし深刻事故に遭って手術と言う事になれば、10万円では到底足りないでしょう。その場合誰が医療費を負担するのかは問題になると思います。あるいは試合後体調が悪い選手がいても、「国内で倒れられても面倒だから、医者に見せずに速く国に帰らせよう」という発想になりはしないでしょうか?公益指定を得られないことで選手の安全が犠牲になるような事態はあってはならないと思います。

 思えば、大相撲の八百長スキャンダルの時に相撲協会がとにかく拘ったのが、NHKのテレビ中継と公益法人格の維持でありました。そんな公益法人格をアッサリ手放してしまうJBCの行動は私には不可解です。勿論「公益指定なんかわずらわしいだけで大してメリットないよ」という見方にも当然一理はあるのでしょうが、税制面の優遇だけでも充分なメリットではないかと私は思います。そもそも、認証が困難だと言う公益法人格自体が業界の先人の遺産であり、それを手放すに当たって議論が尽くされたのだろうか?という疑問もあります。今月号で「ボクサー・練習生が払った金をムダ使いするな」と、大仰に嘆いていたつまらない方の専門誌あたりは、公益指定が外れたことでJBCの財務内容がどう変るか、来月号当たりで伝えて頂ければ、読者も少しは見直すかも知れません。ま、もう手遅れか。

 専門誌二誌が来月号でこの問題をどう報じるか?報じないか?にも注目して成り行きを見て行きたいと思います。

 「村田ルール」と言う名前は村田には迷惑だろうと感じる(旧徳山と長谷川が好きです)