FC2ブログ

HARD BLOW !

IBF承認加盟記者会見?

B.B.さんとのメールのやりとりで、標記の会見について「承認」なのか「加盟」なのかという疑問が呈せられまして、ライトなファンの私としてはどちらでもよいけれども、おそらくJBC「IBFさん、今度日本でオタクの世界戦を承認することにしましたんで記者会見に来てくれませんかね」に対し、IBF「そうですか。でもJBCさん、ウチの名前で世界戦やるならちゃんと加盟してもらわねばなりませんから、会見もきちんと加盟会見にしてくださいね」、これに対してJBC「いやあ、加盟だけだと自営商店からコンビニチェーンに鞍替えするみたいだから、これまでの経緯汲んで『承認』も入れてもらえませんかね…」てなやりとりがあったのではないかとうっすら想像してしまったのですが、IBFサイドからすればJBCが加盟するのであって、JBCサイドとしては「承認してやる」と国内向けに発信したいがための文言なのではないかと私は思っています。(実際にはIBFやWBOを使って興行するプロモーターや選手に対して「承認」するのであって、JBCがIBFやWBOに対して「承認」するわけではないのでは。)

新聞各紙で「承認」と「加盟」に表現が分かれるケースはありますが、会見の看板は「承認加盟会見」となっており、これはWBOの会見も同様です。
WBO加盟会見(Box-on)
IBF加盟会見(Box-on)

B.B.さんの問題意識が私には共有できていないのですが、私自身今回の加盟に違和感はあります。43年前のWBC加盟と異なり特段の世論の高まりもないまま進められたこと、下部王座を認めないことの意味、等々です。

私はもともと4団体加盟には賛成で、その理由は、統一戦で最強王者を決めることができる、海外の強豪選手の試合を見ることができるといった単純なものなんですが、何かそういう方向に向かう期待感というものが全くないです。

この問題はもう少し解きほぐし整理して考える必要がありますね。

by 赤磐雄町(岡山)を飲みながらのいやまじで



(追記 2013/04/04)
大沢選手のサスペンド問題について調べていてJBCのサイトを見ていたらこのようなものを見つけました。
4月1日 JBC本部事務局長談話
談話ということで多少の言葉のユルさは置くとして、団体承認加盟を寿ぐ事務局長談話としてはもっと触れるべき点があるように思うのですが、ライセンス返上の件や裁判係争中の問題に触れてみたりというのはどうしたものでしょうか。しかもつながりとしては、それらの問題がそもそもJBCの未承認に起因するという倒錯した書き方です。そもそも従来の未承認の理由や権威低下への対策をさしおいてそれらに言及する意味は何なのでしょうか。何か非常に病的なもの、陰険さを感じます。これは私が現JBCの体制に疑問を持っていることとは別です。一国のスポーツの管理団体の現場トップのコメントとして著しく品位を欠き不適格なのです。現体制の体質が滲み出ているのではないかと危惧します。