FC2ブログ

HARD BLOW !

ボクシングマガジン賛歌

 世界タイトルの乱立、不可解な判定の頻発、ボクシング中継の減少、業界の構造不況。雨降りの車中からワイパー越しに見るような視界不良のボクシング界。「一体ボクシングファンはどうしたらいいんだ?」問いかけたところで壁に貼った尾崎のポスターもファンシーケースの脇のラークのゴミ箱も何にも答えてはくれません。いきおい私の生活は荒れました。安酒をあおってあてどなく街をさ迷い、気がつけば書店の雑誌コーナーの前。「壇蜜のグラビアでも立ち読みするか」と半ば自暴自棄になっていたその時、ある一冊の雑誌が私の目に飛び込んできたのです。荒れた海を行く小船の航路を照らす灯台のように、あるいは悩める小羊たちを導く預言者のように、あるいは出張先で出会った話好きのタクシーの運転手の如く、インターネット上の不確かなボクシング情報に一喜一憂するボクシングファンに確かな指針を与える存在がまさか書店にあるなんて…。

 「ボクシングマガジン」という雑誌を皆さんご存知でしょうか?発行はベースボールマガジン社とありますが野球と何か関係があるのでしょうか?第三種郵便物ってどういうこと?恐る恐るページを開くとそこはボクシングファンの桃源郷が。こんな世界があったのか!私は矢も盾も堪らずレジに直行。つり銭と一緒に「ボクシングマガジン」をワシ掴みにすると家路を急ぎました。しかし「一刻も早く読みたい」そんな焦りがいけなかったのでしょうか。家に帰ってつり銭を確認すると1000円札に対するお釣りがなぜか40円しかないのです。いくら白黒ページと広告が充実しているからといってこの値段はあり得ない。書店員のミスでしょうがしかしあせった自分にも一抹の責任はある…それに今はどうしても「ボクシングマガジン」を読みたい…抗議は明日にしようと自分を納得させていよいよページを開きます。

 人気選手へのインタビューのトーンはまるでアイドルのグラビア。さながらJUNONのようです。少数精鋭のカラーページの後に控えるのは読み応え満載の記事が溢れる白黒ページ、充実した広告ページと続きます。巻末には各団体のランキングがパソコンやスマホがなくても確認できる便利な情報のページがドンと控え、どこをとっても削るところのないタイトな作り。活字離れが言われる昨今でも何の不安もない誌面構成ではありませんか。きっと頻繁にリニューアルが行われて現在の形になったであろうことは想像に難くありません。そして何と言っても一番読み応えがあるのは最終ページの編集長のコラムです。今月号では「テレビがゴールデンタイムに村田や井上の試合を中継すればまたボクシング人気出るんじゃねえ?」という昭和から一切ブレていない筋の通った意見を拝読出来て当方はもはやお腹イッパイ。暗いと不平を言うよりも、進んで灯りをつけましょボンボリに、金メダルバブルに踊らにゃソンソンというジャーナリステイックな姿勢には脱帽するしかありません。

 楽しい時間はすぐ過ぎるといいますが、思ったより早く読み終わり「来月も絶対買うぞ!多分!!」と決意も新たに目次を眺めて余韻を楽しんでいると奇妙な違和感が…。なんと「大沢宏晋選手に1年間ライセンス停止処分」と言う記事のページが目次と違うのです。目次は96ページですが実際は98ページに掲載されたこの記事。サスペンドと言う重い題材を扱ったが故についつい熱が入りすぎ「上手の手から水がこぼれる」ことになったのか…。とはいえ「JBCの裁定の正しさを何が何でも証明したい」と言う書き手の熱意が乗り移ったアジビラのようなの檄の前では誤植など所詮小さな綻びに過ぎません。あらゆる問題点を元職員と自称マッチメイカーに集約するアクロバチックなレトリックにただ酔えばいいのです。この記事から見て取れる「ボクシングマガジン」とJBCの強い絆は人民日報と中国共産党のように麗しい一体感です。そして当事者大沢選手のコメントで記事を締める構成は「関係ない周囲の事情に巻き込まれて一年間試合が出来ない選手の無念さ」などという感傷的な要素には一切配慮しない・出来ない厳格なコミッションの姿勢をボクシング業界に周知するという見事なガバナンスでもあります。こうやってコミッションとメデイアが一体ならば我々ファンも安心です。JBCがなければボクシングもありません!大切な事に気付かせてくれてありがとう 「ボクシングマガジン」 そしてさようなら 「ボクシングマガジン」

     ボクシングマガジンに真のジャーナリズムを見た(旧徳山と長谷川が好きです)

検証・JBC問題 20の告発

安河内氏と対面して、まず私たちが言わなければならないことは、やはり市民団体(笑)のことです。
拳論サイドからの情報のみを以って「安河内降ろし」に加担したこと、そして今振り返れば、それらの疑惑が事実ではない可能性があり、そうだとしたら大変な迷惑をかけてしまったことは反省・謝罪しなければならないのではないか。
今回の仲介者の方(この安河内会談実現にご尽力頂いた方)も、約束を取り付ける際に安河内氏にそういったニュアンスを伝えたそうですが、その時氏は「いやいや、謝罪とかそういうのはナシにしましょう。ざっくばらんなボクシング談義でしたらうかがいます」と言われたそうです。

とはいえ、自己紹介をするにしても、その件に触れないわけにもいきません。すると氏は「拳論が何かやったとはいえ、また皆さんもそこで色々書いたりしたとはいえ、それ以上の大きな動きがあったということですよ。」と、あの当時のことを話し始めました。

安河内氏(以下Y)「まず、最初にコミッションや全国のジム等に出回った怪文書ですが、これ自体はK記者や、彼とつながりのある職員・試合役員(以下、「改革派」)とは関係ないだろうと思っています。誰がやったのかは、大体めどはついていますが」

Y「まあクーデターですね」

このあたりの話は、内容的には同じことを当時の私たちも聞かされておりました。しかしニュアンスがだいぶ違いますけどね。
「あの騒動自体が、悪に対する組織の自浄作用が働いたものであり、権力闘争などではない」「怪文書に端を発する内紛騒動ということにしようとしてる連中がいる。この件の本質を見誤らそうとしているんだ!」「職員・役員たちは職を賭して、体を張って訴えを起こした」という表現でしたし、「事務局長から降格された」という、安河内氏にとっては災難といえることでさえも、当時の私たちから見れば「あれだけ悪事を働いたのに、多少金額は減ったとはいえ、ほとんど何もせずに給料もらいやがって!」ということになります。
ウソやねつ造がなくとも、同じ事実を、少し違う見方・表現をするだけで、まるで正反対の印象を受けてしまうというのがミソです。

この場合重要なのは、安河内氏に対してかけられた数々の疑惑が事実であるかどうか?ということです。
本当の真実は勿論、安河内氏自身にしかわかりません。現在氏はJBCを相手に、地位保全等の裁判を行っておりますので、そうした場では、双方が提出する材料の中から、客観的な証拠や信ぴょう性の高い証言等を基に判断がくだされるものと思います。
しかしそれはそれとして、まずはあの頃ほとんど口を開かずにいた安河内氏自身の言葉で、何があったのかを語っていただきたい、というのが今回の私たちの目的です。

前回の記事でも書きましたが、当時の市民団体(笑)が、水戸黄門の印籠のごとく崇め奉り、切り札にしていたのが、安河内氏についての「20項目に及ぶ告発」と言われるもの(以下、「20の告発」)です。
例の、第1回目の会合前夜、私がちょっとだけ見せてもらってすぐに回収されてしまったアレのことですが、これは2011年5月9日、JBC東京試合役員・事務局員合同調査委員会の名義で、JBC林有厚理事長に対して出された「調査報告書」というもので、裁判の証拠資料として提出されてますので、東京地裁の記録閲覧室に行けば誰でも見れます。
その冒頭の文章を引用してみましょうか。

「平成23年4月18日、日本ボクシング協会各ジム等関係者一同に送付された、安河内剛事務局長を告発する文書(以下、告発文という。)の真偽について、財団法人日本ボクシングコミッション(以下、JBCという。)東京試合役員会と事務局は、合同調査委員会を立ち上げ、真相究明のための調査を行なったので、結果をご報告いたします」

この中にある「告発文」というのは、4月に全国の各ジム等、業界関係者に一斉に送られたいわゆる「怪文書」のことですが、この文章を読むと、その怪文書に記載してあることについて、職員・試合役員が調べた結果についての報告書、ということになっています。
しかし当時、私たちは拳論や「改革派」から、「この「20の告発」は、怪文書だのキス写真だのといったスキャンダルネタみたいなものと一緒にされては困る。もっと重大な不正経理や組織の私物化等について役職員が独自に調べ、職を賭して訴え出たものだ」と聞かされていました。
が、実際のところは、やっぱり怪文書とセットだったようですね。
だったら普通に、「安河内氏に関する怪文書が出回ったから真偽を調べた」と言えば何の問題もないのに、なぜこういう変なところで小さいウソをつくんでしょう?
それはともかく、内容はどのようなものだったのか。

Y「その、彼らの出した報告書(「20の告発」)について、さらに調査委員会でしっかり調べることになったんですが、彼らにしてみたら、叩けば何かしら出てくるはずだと思っていたんでしょう。調べりゃわかるんだからとっとと(事務局長を)降りろ、と詰めよってきました」

Y「しかし実際私は何もやっていませんから、一円でも遣い込んでいる事実が出てきたら警察を呼んで逮捕してくれて結構、と言いましたよ」

Y「その告発の中身ですが、もう取るに足らないような嘘八百なんですよ。そんなのを色んなとこから集めてきたらしいですけどね。たとえば私が歯を剥いて唸った、とか(笑)」

この「歯を剥いて唸った」には、一同思わず笑ってしまいましたが、この「20の告発」の中に、本当にその表現が出てくるんですよね。
それを含め、「JBC職員に対する異常な言動」という項目でいくつか事例を挙げていますが、要はパワハラがあったという主張です。

Y「その唸ったという件ですが、あれはL選手が世界戦で1ラウンドKO負けした時です。控室が狭かったというのもあるんですが、頭からタオルをかけ、茫然自失になっているL選手の顔の前に尻を向けて、ある職員が作業していたんですよ。もう尻がL選手の鼻先にくっつきそうになるくらいの距離で」

Y「私もジム育ちですし、強い弱いに関係なくボクサー全員が好きですから、日頃から選手を大切にしろと言ってきました。それなのにそんな光景に出くわしましたから。そりゃあ頭に来ましてね。すぐに引きずり出してどやしつけたのは事実です」

Y「あとは、携帯を使って、ドクターと職務上必要な連絡をやり取りしていたのに不当に怒られた、とかいうのもありましたね」

Y「電話であれメールであれ、携帯を使っているところを傍から見れば、誰が相手でどういう内容なのかはわからないですよね。だから、職務上必要なことをしてるんだからいいだろう、ではなく、変に勘ぐられないように、コミッションの職員は試合会場では、人から見られるところで携帯は使うなとずっと前から注意してるのに、彼らはわからないんですよ」

個人的な感想を言わせてもらえば、L選手のケースなどは、そりゃ歯を剥いて唸られても仕方ないわなぁ、と思ってしまいますね、正直なところ。
その怒り方が常軌を逸して酷かったということかもしれませんが、もし私がその職員で、これ以上ない無残な負け方をしたばかりの前チャンピオンにそんな無礼なマネをしてしまったとしたら、たとえそれが故意でなく「うっかり」であったとしても、まずは自分自身を恥じますね。それを棚に上げて「その時にすごく怒られたんですっ!」なんて言う気にはなれません。

「20の告発」というだけあって、この調査報告書には他にもたくさん書かれております。
これは現在、東京地裁に行けば誰でも見れるものですから、いっそここに全文をアップしようかとさえ思いましたが、さすがに結審前の今それをしては問題があるでしょうからやめておきます。
この当時は「ここまで詳細な報告が上がった以上、問題があったのは間違いない」「違うというなら当然反論するべきで、そうしないのはそれが事実だからだ」というのが、拳論含めたネット上での論調でしたね。

しかし、いざ本物を読んでみると、申し訳ないですが「これが、いい大人が雁首そろえて出した報告書ですか?」という印象です。
上に挙げた例のように「ああ言われた」「こう言われた」ということの他に、様々な不正のことが書かれていますが、その多くが「…と思われる」「…の可能性がある」「…という噂があり…」という調子で、そしてそれらの文章は「よって、今後調査すべきである」というように結ばれています。
調査報告とはいいながらも、最初の怪文書と大差ない、「こんな疑惑がある」というレベルに留まっています。

では、ここからが重要なんですが、これらの疑惑について調査委員会が調べた結果はどうだったんでしょうか?
当時の拳論では、調査結果が出た後も、何回かこの件に関する記事を更新しておりました。そこでは、「一部、職員に対する対応のみが不適切とされ降格になったが、多くの不正疑惑については不正なしとされた」「しかし、詳しい調査内容や委員会メンバーもわからず、うやむやになった印象」と言われており、それがまたファンの「安河内憎し」を増幅させることになっていたんですが、実際には6月28日に明確な結果が出ております。

それによると、「ある職員に対する対応・処遇について不適切だった点がある」という一項目についてのみ、安河内氏に非があったと判断されていますが、その他の遣い込みやパワハラや愛人登用等については、すべて「不正なし」という結果でした。
あれだけ「領収書がある!」「動かぬ証拠だ!」と言って騒いでいたフグの件だって、その食事の場に、この告発をした側の試合役員のうちの一人が同席してるんですからね。自分も一緒にフグを食っておきながら「キャバクラ嬢との食事に公費を使った!」と訴えているんですから閉口します。当然この会食自体が、正当な理由があってのことで、調査委員会の見解でも「問題なし」とされています。
※この件の詳細については、当該女性のプライバシーを侵害する危険を冒してまで書く価値のない、他愛もない出来事と私は判断しましたので内容は書きません。

また、拳論のコメント欄では「杜撰な調査」「(調査委員会の)メンバーが誰だかわからない時点で信用できない」なんて声もありましたが、ではどのような人がこれを調べたのか。
「改革派」の訴えを握り潰すべく、恣意的な人選がされたんでしょうか。

この時の調査委員会のメンバーは全部で6人。元仙台高検の検事長も務めた方を含む三人の弁護士と、JBCの理事・監事・評議委員という構成です。
司法試験に縁もゆかりもなかった、アホ大学の法学部生だった自分が言うのもなんですが、弁護士といっても一つの職業であり、神様ではありません。いい加減な調査だったとか、それこそ金を掴まされて云々…といったことだって「可能性」としてはあります。しかし「蓋然性」ということでいえば限りなく低いでしょう。
この時の三人の弁護士のうち二人は、現在安河内氏が起こしている訴訟において、JBC側の弁護人を務めているんですから。

安河内氏の想像するところでは、「改革派」の人たちは、「どうせあいつは悪いことをしてるに決まってる」「もしちゃんと調べれば、絶対何か出てくる」と高をくくっていたのではないか、とのことです。
しかし氏としてはやましいところは何もないので、伝票から領収書からすべてを開示して「どうぞ存分に調べてください」と言って調査が始まったが、いつまでたっても何も出ない。
そうした「これはどうも話にならないな」「何も出なそうだ」という感触が「改革派」に漏れ伝わって、それはマズいということで、あれこれ騒ぎ始めたのではないか、と。

確かに、5月9日に「20の告発」が出され、調査委員会に委ねることが決定した時点で、まずはその結果を待つのが筋だと思うんですが、その後時系列を追いながら事態の推移を見ると、ちょっと異常とも思える展開です。

まずはその告発の翌日、5月10日に、安河内氏に対して一カ月の休職処分が科されます。まだ「疑わしき」の段階での処分としては厳しいとは思いますが、それほど「改革派」の声が大きかったのでしょう。
その同日に、氏の解任を求める連判状なるものが提出されたのを皮切りに、公益通報と称する外部通報を行ったり、「複数の女性をレイプした」などという内容の文書をばらまいたり(試合役員の一人が)、またファンの間ではジェントルマンとして認識されているレフェリーの某氏などは、恫喝に近い激しい口調で安河内氏に解任を迫ったり…
調査が半年・一年かかったというなら怒るのもわかりますが、ひと月とたたないうちにそれだけ騒ぎ始めたら「何も根拠がないから焦ったのではないか」と言われても仕方ない感じはします。

少し話は逸れますが、ここで私が注目するのは、拳論やK記者は、このような流れをすべて知っていたはずであるということです。当時彼らは「改革派」の役員たちはじめ関係者へ取材もしており、そこで得た情報を基に、紙媒体や拳論の記事を書いていたんですから。
にも関わらず、冒頭の方で書いた通り、この騒動の発端についても彼らの記事の中では「これは怪文書をきっかけにした内紛などではない」という事実とは異なる発言をしたり、調査委員会の出した結果についても「詳細はわからない」と言ったり、「倉庫の鍵の保管場所がいつの間にか変わってた」などという、いかにも何かがあったことを匂わせるような、思わせぶりな記述を繰り返しておりました。

まさしくこうしたことを、除名された時のボク愛氏は心配していたのです。
この市民団体(笑)が拳論発でスタートしたのはいい。素人と違い取材力もあるから、協力関係を保ちながら進めるのもいいが、やはりファンが自ら立ち上がった以上、すべて自分たちの責任で行動するべきだ、ということです。
拳論に依存し、一蓮托生になってしまった場合、もしその拳論が間違っていたらどうするのか。
誤った情報を基に動いた結果失敗した、という後悔をしたくないなら、たとえ困難でも自分たちの手で情報を集めて行動する、ということをしなければならない、と。

結果的には、その不安が的中した形になりました。
少なくとも、あの時市民団体(笑)の活動の源であった「20の告発」は、第一回会合の直後には、調査委員会によりほぼ否定されていたわけですから、大義名分を完全に失ったといっていいでしょう。
今となっては、市民団体(笑)が空中分解してくれて良かったと思っています。
あのような内容の、それこそ「怪文書」を頼りにその後も戦っていたら今頃どうなっていたか…

「彼ら」がこれを読んだら、「あいつらまた騙されやがって」なんて言うんでしょうか(笑)。
確かに言った言わないの問題などは当事者にしかわかりませんが、調査委員会の公式の見解で「ほとんどシロ」とされたのは事実です。
その結果もやっぱり間違いで、実は裏で何か細工をしてどうのこうの…なんてお得意の陰謀論で話をされたらキリがありません。
しかし、事実を求める為に情報を集めることは常に必要ですから、いやまじで氏が言うように、「改革派」の話もぜひ聞いてみたいと思います。お話ししてくれるのであれば、ですが。

まず今回は、自分自身の市民団体(笑)についての総括の意味もあり、安河内氏に対する「20の疑惑」の部分に関してのみ振り返りました。
潔白であるなら、なぜ氏はこの時に全面的に抗戦しなかったのか?ということや、また、安河内氏がその後解雇されるに至るまでに起こったいろいろな動き、その結果現在のJBCはどうなったか?等、まだこの件については語られるべきことがたくさんありますが、そのあたりはまた別の機会に譲ることにいたします。

(ウチ猫)