FC2ブログ

HARD BLOW !

デスブログ

メールを送ろうとしてPCを開いたら、ヤフーのトップ画面に -「デスブログ」いじめの指摘- という記事を見つけました。
とあるタレントのブログに書かれた人や会社・団体などが次々に不幸になる為、「デスブログ」なる呼び方をされているそうで、この山口浩という駒澤大学の教授は、そうした風潮がいじめを生み出す温床であると考えておられるようです。

内容以前に、この文章を一読して、なんだか文章の書き方が私に非常に似てるような気がしちゃいました。
別に私が大学教授並というわけではないですよ。ただ、この山口教授という方は、ちょっとした言葉尻で誤解を受けたりしないように、非常に丁寧に書いたんだろうと思います。
「突っ込まれる隙を与えないように」というのではなく、「正確に意図を伝えようとして」という意味で、です。
ネット上の文章で意思を伝えるには、面と向かった会話より遥かに慎重な言葉の選択が必要だと思いますので。
※しかし実際のところ、私は製本という仕事の性質上、論文集や紀要等を多く扱ってるんですが、特に理系学生・エンジニアといった人たちの作文能力の低さは少し気になります。

で、肝心の中身ですが、文章に対して勝手に親近感を抱いたからということでもないですが、まあ言わんとするところは理解できますし、概ね賛成できる内容だと思いました。
ただ、もし自分がこのテーマで文章を書いて公の場で発信するとしたら、この山口氏のように「いじめの温床そのもの」と断じているところまでは書けないです。今初めてその「デスブログ」なる名前を知ったばかりで、そこまで考察を深めてもおりませんので、せいぜい「いじめの温床ではないだろうか?」と疑義を呈するところどまりでしょう。

その後、画面を下にスクロールしていきますと、一般の方々の意見・コメントが表示されているのに気がついたんですが、ここを読んでちょっと考えてしまいました。
多かったのが「ネタに対してマジレスすんなww」これに近いものに「ネットと現実を混同するな」あとは「このタレントだって売名出来て喜んでる」などなど。
コメンテイターの方々は、在籍してる高校や大学を書いたり(学生か教師かはわかりません)、会社名を書いてる人の中には社長さんも多くいるのですが、これが世間の普通の反応だとしたら恐ろしいですね(大学生だとか社長とかいうのがハッタリで、ただのネットオタクだとしたらまだ安心ですが)。
この山口氏の意見に反対する意見がバンバン出ることは一向に構いません。しかしそこで見た多くのコメントは、意見と呼ぶにも値しないものが多すぎます。

「ネタにマジレスすんな」については、お前のそういうコメントこそ不要だろ、と言わざるを得ないですね。
この山口氏の着眼点が、「ただのネタに過ぎない些細なことを、殊更大げさな問題にまで発展させている」というのであれば、それが「ネタ」であること、いじめの問題とは異なることを筋道立てて説明すべきです。
そもそもこの「マジレスすんな」ですが、私が見る限りこの言葉を使う人間は、「みなまで言わないが、マジレスする必要などないことが分かってる」というのではなく、単なる思考停止に陥っていると思われる場合が多いです(明らかに全員が、おふざけのネタとわかってやってる場合は除きます)。

「ネットと現実を混同してる」というのも意味不明ですね。あのタレントのブログを「デスブログ」と揶揄してるのはネット世界でのことだから、現実世界でのいじめ問題と同列に語るな、ということでしょうか?
だとするならば、これもやはり同列に語れないことを説明しなければ不十分、というか、反論になりません。
いやしかし、ホントに意味がわかりませんので、わかる方がいたら教えてください。

あと「タレント本人も売名出来て喜んでる」ですが、これは本人がそう公言してるんでしょうか?
仮にそうであったとしても、そこで扱われているのは実際に起きた事件や事故で、少なくとも関係者にとってはマイナスな出来事ばかりなんですから、そういうのを「ネタ」にすること自体不健全だと思いますがね。
よく、災害や刑事事件の被害者や遺族がテレビに出たりした際に起こる「被害者バッシング」に通ずるものを感じます。

ネット世界の住人たちの典型的な考えだと思ったのが、かなり多くの賛成(いいね!とかいうヤツ)を集めている意見で「もともとこの話題で騒いでるのは一部だけ。この記事が出てより騒ぎが大きくなる方が問題」という主旨のもの。
騒ぎが大きくなったら問題になるようなことだけど、一部でこっそりやってる分には放っておけばいい、という考えだとすればおかしいと思います。
実際に何人が見てるとか話題にしてるとかいうことに関係なく、インターネット上で発信する以上は、全世界で閲覧できるわけですから、匿名であっても「公共の場」での意見だと自覚すべきでしょう。

この方、いじめ問題を学級会で取り上げるのもよくないと言ってますが、これはその後の報復が激しくなることとかを指してるんでしょうか?
じゃあ見て見ぬふりをしていじめを放置しろ、というわけではないでしょうから、多分個別に相談や指導をした方がいいということなんでしょうが、それならそれで、その方法がなぜ優っているかを説明しなければ適切な反論になりません。
結局、「ちょっと気のきいたコメントを思いついたから書いてみただけ」じゃないの?と思ってしまいますね。

最後に「でも実際にそのブログと出来事が一致してる!」と力説してる方々ですが、大半が冗談で言ってるとは思いますが、もし本当にそう思ってる人がいるとしたら、山口氏が言うように小学校から行き直すか、しかるべき病院で治療を受けることをおすすめします。

ちょっと目にした記事について、こんだけのマジレス長文を書いてしまったのは、まさに私たちが今、ネットとの付き合い方や使い方についてあれこれ考えているからだと思います。
この山口教授、いじめの問題について興味深い着眼点から意見を述べてますが(いじめ「根絶」をめざしてはいけない)、このデスブログ騒動がいじめに相当するかどうかは、様々な意見があるでしょう。まさしく氏が言うように、明確に「いじめだ」「いや、いじめではない」という線引きは難しいかもしれません。

しかしネット世界の言葉であっても、機械が勝手に送信してるわけではなく、生身の人間が発信しているんですから、根本的な人間同士のコミュニケーションをおろそかにしてはいけないと思います。
ですから、友達との会話の中で「デスブログってホントに的中するなw」と話すのはいいと思いますが、それを公衆の面前で(=ネット上などで)堂々と話すのはちょいと品性に欠けてやしませんか?と思いますし、さらには、デスブログ祭りを批判する記事に対し、反論をするなら、多少なりとも根拠を示したものでないと、ただの難癖にしかならないと思います。

今年は、それぞれ自由に意見を発信しようということになったので書いてみました。ですから当然、我らがメンバーの中にも反対意見はあるかもしれませんが、もしそうであればそれも聞いてみたいと思いアップしました。
なんせネット初心者のオジサンですので、賛成・反対に関係なく、ご意見やご教授をいただければ幸いです。

(ウチ猫)