FC2ブログ

HARD BLOW !

1・5 八重樫 東 再起戦 / 井上 尚哉 プロ転向第二戦

2013年新春。
高校生7冠 井上尚哉選手のプロ転向二戦目。
元世界チャンピオン 八重樫 東選手の再起戦がアンダーという異色な興行。

OPBFLフライ級9位 井上尚哉(大橋)VS
タイLフライ級王者 ガオプラチャン・チューワッタナ(タイ)
結果:1R1分50秒 井上 尚哉 KO勝利

WBA世界ミニマム級7位 八重樫東(大橋)VS
WBCアジアコンチネンタルフライ級王者 サンムアンローイ・ゴーキャットジム(タイ)
結果:9R 2分52秒 八重樫 東 KO勝利



雑感:
公開プロテストからA級デビューと何もかもが異例な扱いの井上選手は確かに魅力的な逸材。
けれどもオープン戦とはいえこの興行、古いファンにとってはユーリ・アルバチャコフが茶番劇のアンダーに回された事が思い出されます。
八重樫選手は人の良さが本当に滲み出る好漢で後輩の出世に文句もつけないでしょう。
しかし、世界陥落したとはいえ二階級制覇の井岡選手を終盤の猛攻で追い詰めた実力の持ち主。
どうであれ井上選手はまだ二戦目のルーキー、勝ちあがって先輩を乗り越え真のメインを張って欲しい。
いやそれよりも興行とは言え、順番、順序がある訳で、4回戦に続いて第三試合が10回戦の八重樫選手、続いて8回戦が3試合でテレビ中継の実質メイン扱い?とは来場客にとってもどうなのか?

15時より1時間枠での中継というテレビ局(TBS)の都合があるのでしょうが、ボクシングの伝統は守って頂きたいです。

byB.B



注目選手!! 8回戦に登場の松本 亮 選手 です